気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

“I’m fine.”だけじゃない!「私は元気です」を伝える英語12選!

 

LINEで送る
Pocket

s_218931358 学校で学んだ 「私は元気です」を伝える“I’m fine.” のフレーズ。これでも十分に伝わる英語ですが、いつもこれだけでは言う方も聞く方も物足りないですよね。

今回はそのバリエーションを増やすための「私は元気です」を伝える英語フレーズを紹介します!

スポンサーリンク


基本的な「私は元気です」を伝えるフレーズ

s_212029615

“I’m fine”以外で「私は元気です」を表現できる基本フレーズをご紹介!

I’m good.

元気だよ。

“I’m fine”よりも定番な返事がこちら!「元気だよ」という返答の基本表現です。ものすごく体調の悪い時以外は、基本的にこの返しをしておけば無難で安心でしょう。

人によっては”I’m”を省略する人もいます!友達などに対してカジュアルに返答する時に使ってみましょう。
Good.(元気だよ。)

I’m pretty good.

かなりいい感じ。

こちらはすごく気分が良いときに使うことができる表現です。

「え?英語で”pretty”は可愛いっていう意味じゃないの?」と思った方もいるかもしれませんね。もちろん、その意味もありますが、”very”と同様にある状態を強調するときにも使われる英語なんですよ。いつも”very”ではなく、”pretty”を使ってみるのもいいですね。

I’m doing good.

元気だよ。

先ほどの“I’m good”とほぼ同じ意味で使えるこのフレーズ。”do”を使うことで「元気にやっているよ」というニュアンスを伝えることができますよ!

”pretty”をつけてみてもOK!
I’m doing pretty good.(すごい元気だよ。)

I’m doing well.

いい感じでやってるよ。

その日だけの気持ちというより、ここ最近の自分の状態も含めて表すことのできる英語フレーズです。”well”の部分を”fine”や”great”に置き換えて使うことができますよ!

I’m great.

すごく元気。

「とても元気」、「好調」という状態をシンプルに表すなら”great”を使ってみるといいでしょう。”good”より”great”の方が「良い」の度合いが強いので、この一言だけで十分元気さをアピールできますよ!

もちろんカジュアルな場面であれば、”I’m”を取ってもよし!
Great.(すごく元気だよ。)

I’m good as always.

いつも通り元気だよ。

よく会う人や自分のことをよく知っている人にはこんなフレーズもいいですね!”as always”で「いつも通り」という意味になります。

スポンサーリンク

最高の気分の時に「私は元気です」を伝えるフレーズ

s_132867992

“good” “well” “great”を中心に「私は元気です」と伝える基本の表現を紹介してきましたが、最高に気分が良いことを伝える英語フレーズもあるんですよ!

I’m excellent.

最高だよ。

いつもよりずっと元気な場合は、「良い」というポジティブな形容詞の中でも度合いの強い”excellent”を使ってみましょう!

相手と親しい間柄なら”I’m”無しでもOK。
Excellent.(最高だよ。)

I feel marvelous.

素晴らしい気分よ。

「ものすごく素晴らしい状態」を表すときに使われる”great”よりも強い英語ですね!さらにこちらは”feel”を使っているので、”I’m”よりも心でその状態を感じているようなニュアンスを出せます。

Couldn’t be better!

最高!

直訳すると「これ以上より良くなる可能性はないだろう」という意味です。つまり「今が最高の状態!」ってこと。ちなみに”Couldn’t be worse.”は「今が最悪の状態」と真逆の意味になります。

今はまだ馴染みがないかもしれませんが、こういったフレーズも使って「私は元気です」を伝えられると、英語の表現力がグンと上がりますし、会話の弾み方も変わってきますよ!

スポンサーリンク

控えめな!?「私は元気です」を伝えるフレーズ

s_287270375

人間だから調子が悪い日もある・・・ここまで挙げてきたフレーズほど「私は元気です」とは言い切れないけど、別に体調が悪いとかそういうわけではない時のフレーズも紹介しておきます!

Much better.

かなり良くなったよ。

少し前まで元気がなかったり、落ち込んでいたりしたとき、それからはだいぶ良くなったというときに使える英語フレーズです。「より良い」という意味の”better”に「かなり」という意味の”much”を付けて使います。体の調子に関して聞かれたときに使うこともできますよ!

Not bad.

悪くはないよ。

「絶好調!」とは言えない、だけど調子が悪いってわけじゃない・・・というときにはこんなフレーズがオススメ!

これに”so”を加えると、「そんなに悪くないよ。」という意味に!
Not so bad.(そんなに悪くないよ。)

I’m alright.

まぁまぁだよ。

「結構な」、「申し分ない」という意味があるので、元気の度合いで言えば申し分ない状態を指します。元気一杯!というわけではありませんが、「まぁまぁ」なテンションの時に使いたい表現ですね!

“doing”をつけてもOK!
I’m doing alright.(まぁ元気にやってるよ。)

おわりに

いかがでしたか?
使う英語の言葉を少し変えるだけで、同じ「私は元気です」でもいろんな違いを表現することができます。まずは使いやすそうなものを2つ3つ身につけて、ぜひ会話の中で使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket