気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

便利な言葉!「とりあえず」を英語で表現する方法9選!

 

LINEで送る
Pocket

s_125451536

日常でよく使ってしまう「とりあえず」という言葉。
ついつい口から出てしまうこのフレーズを、英語でも使いこなせたら便利だと思いませんか?
ただ残念ながら、日本語で使っているニュアンスをそのまま英語にした1つの単語というのは存在しないんです…。
でもご安心を!
この記事を読めば、「とりあえず」という意味になる英語表現をカバーできちゃいます!

スポンサーリンク


日常会話で使える表現

s_148791821

Let’s do that for now.

とりあえずそうしよう。

「とりあえず」の英語訳として、一番覚えておきたい単語がfor now。
「今のところは」「まずは」という意味があり、単語や文章の後につけるだけであまり日本語と大きくズレることなく同じニュアンスを表現することができます。
この後のレストラン編でも使われるので、要チェック!

そして今回for nowを付け足すのが、Let’s do that.(やってみよう。)というシンプルな文章。
「まだ完成形ではない」「アイデアとしてまだ確信は持てない」というような状況に、「でもまぁやってみよう。」「ひとまずこれでいきましょう」と表現する時に使える英語。
今後変更を加えたり、改善をする予定や意思がある場合のフレーズです。

A:Why don’t we just head to San Francisco? We can always change the destination while we’re driving.
(とりあえずサンフランシスコに向かわない?運転中に行き先帰られるんだし。)
B:Yeah, you’re right. Let’s just do that for now.
(確かにね。とりあえずそうしよう。)

同じような意味で、Let’s go with that for now.なんて言い方もできますね。
「一旦現状はこれでいいでしょう」という時はfor nowをつければ、問題なし!

Anyway, 〜.

とりあえず、〜。

なかなか決断がでない時やまとまりがない時に、ある意味その場を切り上げる英語がコレ!
「とにかく〜しよう」と方向性を示す時に便利です。
優柔不断な友達に対して使えるかも。

A:I don’t know if I can eat this. I’ve never had wasabi in my life.
(食べれるか分からないよ。僕今までワサビ食べたことないし。)
B:Anyway, let’s try it. We might like it.
(とにかく試して見ようよ。気に入るかもしれない。)

Let’s just say that 〜.

とりあえず〜と言っておこう。

「〜ってことにしておくよ」なんていうように、「例えば」「仮に」何かを設定して話をしている時に使います。
または詳細は言いたくないけど、その場しのぎで何かを言わなきゃいけない場合も、この英語が使われますね。
茶化す時や、言及を避ける時などに便利!

Let’s just say that we’re even.
(とりあえず僕たちは互角ってことで。)

A:How was your first day at work?
(職場での初日はどうだった?)
B:Well, let’s just say that it wasn’t easy.
(んー、とりあえず楽ではなかったね。)

スポンサーリンク

レストランで使える表現

s_105118202

I’ll take 〜 for now.

とりあえず〜で。

先ほども紹介したfor nowを使った表現。
日本でも居酒屋に入った時に「とりあえずビールでー!」なんて言いますよね。
for nowは「今のところは」「まずは」という英語なので、同じ感覚でレストランなどで最初に何かを頼んでおく時などに使えますよ!

A:Can I get you anything to drink?
(何かお飲みになられますか?)
B:I’ll take a beer for now.
(とりあえずビールで。)

I’ll just take a beer for now.という文章を省略して、Just a beer for now.という英語表現も非常にネイティブっぽいですね!

That’s all for now.

とりあえずそれで。

またもや登場したfor nowを使ったフレーズ。
今度は何か他に注文があるかどうか確認をされた時に使える回答です。

A:Can I have Smokehouse Salad?
(スモークハウスサラダ頂けますか?)
B:Sure. Anything else?
(他に何かご注文はありますか?)
A:That’s all for now.
(一旦それで。)

注文をする時にこのフレーズを使えば「この後また頼むかも」というニュアンスが伝わるので、サーバーさんにも伝えやすい英語ですよね。
「この人これだけしか頼まないの!?」という風にとられないはず。
ケチに思われたくないので…。

I’ll start off with 〜.

とりあえず〜で。

「〜から始める」という意味の英語start off withを使って、「まず始めにコレを注文するよ」という意思を伝えることができます。
欧米のレストランに行くと、大抵サーバーがメインの注文の前にドリンクのオーダーを取りにくるので、その時に使うのがベスト。

A:Can I get you started with anything to drink?
(何かお飲みになられますか?)
B:I’ll start off with a glass of wine.
(とりあえずグラスのワインで。)

もしみんなの分を同時に頼むなら、We’ll start off with 〜.というように、主語を変えればOK!
彼女と一緒にボトルワインを頼むときはWeを使いましょう。

スポンサーリンク

ビジネスで使える表現

s_125338145

This is the tentative plan for 〜 .

〜のとりあえずの予定がこちらです。

ビジネスなどのフォーマルな場で「とりあえず」と表現したいなら、このtentativeという英語を使いましょう。
tentativeは「仮の」「暫定的な」「一時的な」という意味があり、しっかりした固い印象を与えることができます。

This is the tentative plan for next week.
(こちらが来週の暫定的な予定です。)

また、tentativelyという副詞形に変えて応用することもできますね!

The release date is tentatively set for August 19th.
(発売日は一旦8月19日を予定しております。)

まだ情報や予定が確定していない時に使える賢い表現ですので、使ってみましょう!
上司への報告やミーティングに多用できます。

This is just a quick note to tell you that 〜.

取り急ぎ〜をお伝えします。

a quick noteで「取り急ぎの連絡」という意味の英語なので、「まずは先にコレだけ伝えておきます!」という時に便利な伝言フレーズ。
前半のThis isを抜いて、Just a qucik note to tell you that 〜.やJust a quick note to let you know that 〜.なんていうのも自然ですね!
電話の伝言をササッと伝える時に役に立ちます。

This is just a quick note to tell you that Mr. Brown from ABC, Inc. called in this morning.
(ABCのブラウンさんから今朝お電話があったことを取り急ぎお伝えします。)

Ignoring 〜 for the moment,

とりあえず置いておくとして、

ignore(無視する)とfor the moment(当分の間)という単語使って、特定のトピックに一旦触れないことを表現します。
ミーティングで議論を交わすときに「ひとまず〜は度外視して」「一旦はこれは考えないで」などと言いたい時に役立つ英語。
話し合いをスムーズに促すときに知っておくと便利ですね!

Ignoring the technical viability for the moment, let’s come up with new ideas.
(技術的実現性は一旦置いておいて、新しいアイデアを出しましょう。)

Leaving aside 〜 for the moment,でも同じ意味になりますよ!

おわりに

どうでしたか?
「とりあえず」=○○という便利な1つ英語は存在しませんが、シチュエーションによって様々な言い方がありましたね。
今回紹介したフレーズを覚えれば、あなたの英語スキルに磨きがかかること間違い無し!
まず手始めにレストランで使ってみるといいかもしれませんね。
とにかく、まずは使ってみよう!

LINEで送る
Pocket