気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語「about」の意味とは?使い方ごとに例文で徹底的に解説!

 

LINEで送る
Pocket

英語の前置詞の1つである”about”は、使い方によって意味が変わってきます。

では、それらの意味をどのように使い分けていけば良いのでしょうか?

今回は、英語の”about”の使い方ごとに意味と例文を紹介しながら、分かりやすく解説していきます!

スポンサーリンク


「about」の意味

各使い方ごとの意味と例文を見ていく前に、英語の”about”にはどんな意味と使い方があるのか簡単に確認しておきましょう。

まず、英語”about”の意味は、大きく分けて2つです。

「〇〇について」「〇〇に関して」
「およそ〇〇」「約〇〇」

これらの意味から、”about”は以下のようなことを言うときに使われます。

①その物事が何をテーマにしているかなど
大体の時間や量など

全く違う意味なので、「なんで同じ言葉を使うの!?」と疑問に思う方も多いかもしれませんね。ですが、どちらにも英語の”about”が持つイメージがしっかりと生きているんですよ。

“about”のイメージは「何かの周りをぐるぐるしてる」、「何かの周りをぐるっと囲んでる」です。

それぞれの使い方をこの”about”のイメージに当てはめると、以下のように考えられます。

ある人や物事を中心と考えて、その人や物ごとに関係する事柄がぐるっと囲んでいる感じ
正確な時間や量を中心と考えて、それに近い時間や量などがぐるっと囲んでいる感じ

それでは、英語”about”の使い方ごとの意味と例文を見ながら、詳しく確認していきましょう!

スポンサーリンク

「〇〇について」の使い方

“about”+人を表す言葉

「”about”+人を表す言葉」という形で、「〇〇に関すること」「〇〇について」を意味することができます。

では、例文をいくつか見ていきましょう。

This book is written about Abraham Lincoln.
(この本はリンカーンについて書かれているんだよ。)

「リンカーン」という人を中心にして、その人に関する事柄や情報がその人を囲んでいるイメージです。

本にはそれらのことが書かれている。だから、「ぐるっと囲んでいる」という意味合いを持つ”about”が使えるんですね。

上の例文のように具体的な固有名詞を使ってもいいですし、代名詞の目的格を使うこともできます。

代名詞の目的格とは、”me”や”them”などのことです。

They were gossiping about her when I arrived there.
(私がそこに着いたとき、彼らは彼女について噂話をしていた。)

“her”を中心にしています。そして、噂も含めた情報が彼女を囲んでいるというイメージです。そして、それについて話をしている。だから、”about”を使っているんですね。

“about”+物事を表す言葉

続いては、「”about”+物事を表す言葉」の形です。

物事を指して「〇〇に関する」や「〇〇について」という意味になります。使い方の感覚は、人を表す言葉を使うときと全く一緒。ただ、内容が物事に変わったというだけです。

それでは、例文でその使い方を確認していきましょう。

My sister and her husband need to talk about their son’s grades.
(姉と姉の夫は息子の成績について話す必要があります。)

「息子の成績」を中心として、それを囲んでいる関係ある事柄を話すというイメージですね。

もちろん物事についても、代名詞の目的格を使うことが出来ます。

We need to have a meeting about it.
(その件についての会議を開く必要がありますね。)

これは”it”を中心にしています。そして、それに関係することがそれをぐるっと囲んでいる感じです。

スポンサーリンク

「およそ〇〇」の使い方

“about”+時間や量などを表す言葉

英語”about”と「時間や量などを表す言葉」を使うことで、「およそ〇〇」や「約〇〇」、「〇〇くらい」を意味することができます。

ピッタリその数字の所ではないけど、その周辺のどこかの数字には当てはまるという感じですね。

それでは、いくつか例文を見てみましょう。

We discussed Japanese education for about 5 hours!
(僕たちは日本の教育について5時間くらい話し合ったんだよ!)

「5時間ピッタリ」ではありません。4時間58分とか5時間10分とか、とにかく「5時間」に近い周辺の時間ということです。「5時間」を中心として、その辺りをぐるっと囲んでいる時間のイメージです。

なので、これも英語の”about”のイメージがピッタリ!

He is about 175 centimeters tall.
(彼は175センチくらいあるよ。)

こちらも「ちょうど175センチ」ということを言っているわけではないです。175センチを中心として、その付近の172センチから177センチを指していることが感じられます。

上の例以外にも、「”around”+数字+単位」という形で、大体の時間や量などについて表現するときには、”about”で表現するのが自然です。

他にも、例えばこんな風に使うことができますよ。

“about 6 o’clock” (6時ごろ)            ⇒ 6時周辺の5時55分~6時5分くらいのイメージ

“about 10 kilometers”(約10キロ)   ⇒ 10キロ周辺の7~12キロというイメージ

“about 30 years old” (30歳くらい) ⇒ 30歳近くの28~33歳というイメージ

どのくらいの数字を”about”と捉えるかは人それぞれです。上で紹介している数字はあくまでもイメージですので、そこを厳密に考える必要はありません。

おわりに

今回は、英語の前置詞”about”について紹介しました。いかがでしたか?

使い方によって意味は変わりますが、どれも”about”の基本的なイメージがベースになって使われています。

今回のテーマになっている”about”を含めた前置詞というのは使い方がいろいろあり、日本語の意味だけで捉えるのには限界があるんです。だから、そのイメージも描くことがとても大切になってくるんですね。

イメージを大切にしながら練習をして、英語の”about”を使いこなせるようにしていきましょう!

LINEで送る
Pocket