気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

all/whole/entireの違いとは?英語で「全体」を表す言葉を使いこなす!

 

LINEで送る
Pocket

英語で「全体」や「全部」を表す英語には、”all”、”whole”、”entire”があります。

しかし、それぞれのニュアンスには違いがあるんです。一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、”all”、”whole”、”entire”の違いについて紹介します!

スポンサーリンク


「all」「whole」「entire」の違い

まずは、今回のテーマである3つの言葉の違いを大まかに確認しておきましょう。

それぞれの言葉には、「複数」と「1つ」のどちらを指しているかの違いがあります。

“all”       ⇒ 複数を指して、それら「全部」
“whole”1つを指して、その「全体」
“entire”1つを指して、その「全体」

上のまとめから分かるように、「複数を指す」「1つを指す」かに違いがあります。

そして、それに伴い、共に使われる「名詞」の形も異なるんです。

“all”       ⇒ 複数
“whole”単数
“entire”単数

ここまで見ると、”whole”と”entire”には違いがありませんね。

場合によっては、これらは区別なく使われることもありますが、それでも細かな違いというのが存在します。

“whole”1つのかたまりまとまり
“entire”欠けた部分がない

同じ「1つのものの全体」という意味ですが、”whole”の方がざっくりと、”entire”の方が細かく指している感じですね。

それでは、それぞれの単語の詳しい使い方を紹介していきます!

スポンサーリンク

「all」の使い方

複数を指して、それら「全部」

英語の”all”が意味する「全部」には、「複数の人や物を指して、それら全部」というニュアンスが込められています。

つまり、10人の人がいて、その10人全員を指すのであれば”all”を使うんです。

その感覚は、人でも物でも同じ。

そんな”all”を使った例文をいくつか見てみましょう。

My mother made all the cakes.
(お母さんはこの全てのケーキを作った。)

この場合は、その場にある複数のケーキ全てをお母さんが作ったということを示しています。例えば、そこに5個のケーキがあったら5個全部、20個なら20個全部を指しているということです。

Ted read all the books.
(テッドはこれら全ての本を読んだ。)

ケーキが本になったというだけで、考え方はもちろん一緒。そこに何冊あろうと、とにかくそこにある本の冊数全部を表しているんです。

All my bags got wet because of the heavy rain.
(ひどい雨のせいで、僕のバッグは全部濡れてしまった。)

“All my bags”は、「いくつかある自分のバッグ全部」ということです。その複数のバッグが全部濡れてしまったということですね。

スポンサーリンク

「whole」の使い方

1つを指して、その「全体」

英語”whole”には、「ある1つのもの全体」を指すニュアンスがあります。特に「1つのかたまり」「1つのまとまり」を意識してる言葉です。

それでは、”whole”を使った例文で使い方を確認しましょう!

My mother made the whole cake.
(お母さんはケーキを丸々1つ作りました。)

この場合、1つのケーキを指しています。そして、それの全体を作ったということです。つまり、”whole cake”で「ケーキ〇〇1つ」というニュアンスになります。

My son read the whole book.
(うちの息子はその本を全部読んだ。)

こちらの場合は、「ある1冊の本を最初から最後まで読んだ」という意味合いになります。

My whole bag got wet because of the heavy rain.
(ひどい雨のせいで、僕のバッグ全体が濡れてしまった。)

“my whole bag”は、「自分のバッグ1つ全体」を表しています。バッグが全体的に濡れた状態になってしまったということですね。

「entire」の使い方

1つを指して、その「全体」

“whole”と同じように、英語の”entire”を使うと、「ある1つのもの全体」を表すことができます。

ただし、”whole”の場合は「1つのかたまり」という少しざっくりとした感じがしますが、”entire”には「欠けることなく全部」というイメージがあるんです。

では、どのように”entire”を使えばいいのか、例文を見ていきましょう。

My mother made the entire cake.
(お母さんはケーキを丸々1つ作りました。)

この言い方でも、「ケーキ丸々1つ」という意味で使うことが出来ます。

ですが、ざっくりと「全体」を指す”whole”と違い、”entire”を使うと「ケーキのどの部分も欠けることなく」という意味合いが強調される印象になるんです。

My son read the entire book.
(うちの息子はその本を全部読んだ。)

こちらも、”whole”を使うときと同様に「ある1冊の本の最初から最後まで」を指しています。

そこまで大きく意味が分かるわけではありませんが、”entire”で表現すると「隅から隅まで」とか「1文字も逃すことなく」というニュアンスが強くなるんです。

My entire bag got wet because of the heavy rain.
(ひどい雨のせいで、僕の教科書全体が濡れてしまった。)

これも「1つのバッグ全体」ですが、バッグの上も下も、裏も表も、横も、肩掛けの部分も全部欠けることなく、濡れたという感じがします。

おわりに

今回は、英語の”all”、”whole”、”entire”の違いについて紹介しました。いかがでしたか?

同じ「全部」や「全体」を意味する言葉でも、使い方や意味合いには違いが存在しています。しっかりとイメージをしながら、スムーズに使い分けできるように、例文を繰り返し読んで練習していきましょう!

ちなみに、英語の”all”については、以下の記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

「all」と「every」の違い!英語で「全て」を表現する単語を解説!

LINEで送る
Pocket