気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「集まる」は英語で?人/お金/視線などが集中する時の表現9選!

 

LINEで送る
Pocket

ばらばらになっている人を集合させる時、久しぶりに友達と会う時、日本語では「集まって!」「集まろう!」と言いますよね。

また、人以外の物でもまとまったお金が貯まったり視線が集中したりする時、「集まる」と言います。

これって、英語ではどのように言えばいいのでしょうか?

今回は「集まる」の英語フレーズをご紹介します!

スポンサーリンク


人が集合する時

まずは、「集まって!」と人に声をかける時や待ち合わせをする時などに使える英語フレーズを見ていきましょう。

Gather here please.

こちらに集まってください。

“gather”は「集まる」の代表的な動詞です。

例文のように、”here”=「ここ」を付け加えれば「ここに集まれ」となりますので、自分のまわりに人を集めたい時に使ってみてくださいね。

A: The tour guide must be somewhere around here.
(ツアーガイドさんがこの辺りのどこかにいるはずなんだけど。)
B: Gather here please.
(こちらに集まってください。)
A: Oh, there she is.
(あ、いたいた。)

“gather”を使ったこんな表現も!子供を集める時などにぴったりです。
Gather around! (<私のまわりに>集まって!)

Step right up please.

前のほうに集まってください。

“step right up”は「前のほうに集まって」という意味の英語フレーズになります。

“up”の持っている「上」というイメージのとおり、例えば、宴会の席などで挨拶やパフォーマンスを行う人に対して舞台上に出て来るよう声をかける時などにぴったりのフレーズです。

A: Step right up please.
(前のほうに集まってください。)
B: I’m getting a bit nervous.
(ちょっと緊張してきた。)

Let’s gather at the station at 7 tomorrow.

明日7時に駅に集まろう。

「集まる」の代表的な動詞“gather”を使ったフレーズです。

待ち合わせや約束をする時には、場所や時間を指定する必要があります。

”at”=「~で」「~に」といった場所や時間の前に置くことができる前置詞を使って、待ち合わせの詳細を英語でも決められるようになってくださいね。

A: Let’s gather at the station at 7 tomorrow.
(明日7時に駅に集まろう。)
B: OK. I’ll tell them. It’s going to be fun.
(オッケー。みんなには私が伝えておくよ。楽しくなりそう。)

We should get together again soon.

また近いうちに集まらないとね。

“get together”は「集まる」という意味の英語のイディオムになります。

直訳の「一緒になる」という意味のとおり、複数の人が同じ場所で一緒に会することを表すフレーズです。

A: We had a really good time today.
(今日は本当に楽しかったね。)
B: We should get together again soon.
(また近いうちに集まらないとね。)

Let’s meet up at noon.

正午に集まろう。

“meet up”は「集まる」「会う」という意味の英語のイディオムです。

「会う」という意味でおなじみの“meet”だけでも伝わりますが、”meet up”は比較的親しい人達と示し合わせて集まるというニュアンスがあります。

A: Let’s meet up at noon.
(正午に集まろう。)
B: Sure. Where do you want to meet up?
(うん。どこで待ち合わせようか?)

Many people crowded around him.

彼のまわりに大勢の人が集まった。

“crowd”は「群がる」「押し寄せる」という意味の名詞です。

不特定多数の人々が、人や場所のまわりに集まっていることを表すことができます。

A: I saw a famous actor today. Many people crowded around him.
(今日有名な俳優を見かけたんだ。彼のまわりに大勢の人が集まってた。)
B: Wow, I’m a big fan of him. I wanted to be there.
(わー、私彼の大ファンなんだ。そこに居合わせたかったな。)

スポンサーリンク

お金や視線が集まる時

次に、人以外のお金や視線などが集まる時の英語フレーズを見ていきましょう!

Around 1 million yen was collected through the campaign.

そのキャンペーンで約100万円が集まりました。

“collect”は、寄付などのお金が「集まる」「集める」という意味の動詞です。

例文では、お金を「集める」という意味の他動詞を使っていますので、”be collected”=「(お金が)集められる」という受動形にしています。

お金を集めるシチュエーションは、日常生活でも意外とありますよね。ぜひ覚えておいてください。

A: Around 1 million yen was collected through the campaign.
(そのキャンペーンで約100万円が集まりました。)
B: We’re ready to donate.
(寄付の準備ができましたね。)

All eyes were on you.

みんなの視線があなたに釘付けだったよ。

“all eyes are on~”は「~に視線が集まる」「~に釘付け」を表すことができる英語フレーズです。

直訳すると「全ての視線が~にある」となるように、興味や関心が誰かに一点に集まっていることを表すことができます。

A: Thanks for coming today. Did you enjoy the show?
(今日は来てくれてありがとう。ショー楽しんでもらえたかな?)
B: Yes, it was amazing. All eyes were on you.
(うん、素晴らしかった。みんなの視線があなたに釘付けだったよ。)

People and businesses are concentrated in Tokyo.

人もビジネスも東京に集中している。

“concentrate”は「集まる」「集中する」という意味の動詞です。

“be concentrated in~”で「~に集中している」という意味の英語フレーズになります。

A: Why are the trains in Tokyo so crowded? I saw station employees pushing people inside the train during rush hour.
(東京の電車ってなんでこんなに混んでるの?ラッシュの時には駅員さんが人を中に押し込んでたよ。)
B: I know. That’s crazy. People and businesses are concentrated in Tokyo.
(そうそう、やばいよね。人もビジネスも東京に集中しているからね。)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

今回は「集まる」の英語フレーズをご紹介しました。

特に、人と待ち合わせをする時や号令をかける時に使う「集まって」「集まろう」という表現は日常生活でもよく使うと思います。

友人と待ち合わせをする時などにぜひ使ってみてくださいね。

LINEで送る
Pocket