気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

役立つ!カフェの接客英語!店員が知っておきたいフレーズ13選!

 

LINEで送る
Pocket

s_125451536今日は、カフェの店員さん必見の英語フレーズ!

最近は都市圏や地方に関わらず、海外から日本へ観光にやってくる外国人の方、本当に増えていますよね!色んなお店で、英語での接客が求めらる時代になってきたのではと思います。

特にカフェは、ちょっと休憩したりするのに最適な場所なので、外国のお客様も多いはず!フレンドリーで気軽に使える英語を覚えて、いざという時に備えましょう!

スポンサーリンク


「いらっしゃいませ」と言う時

s_113181709まずは、カフェに入ってきたお客様に元気よく挨拶する時の英語フレーズを見てみましょう!フレンドリーで、ネイティブにとっても自然な言い回しをまとめてみました。

Hi. How are you today?

こんにちは。今日の気分はどうですか?

海外の接客で、「いらっしゃいませ」の代わりに使われる一般的なフレーズ。いざ外国人のお客様がやってきたら、元気よく笑顔で伝えてみましょう!

A: Hi. How are you today?
(こんにちは。今日の気分はどうですか?)
B: Good. We’d like to order some coffee.
(良いですよ。コーヒーを注文したいのですが。)

How’s it going?

調子はどうですか?

カフェを始め、リラックスした雰囲気のお店でよく使われる挨拶の英語フレーズ。友達同士で「元気?」と聞くときの定番フレーズでもあるのですが、「いらっしゃいませ」の代わりとしても役立ちます!

A: Hi. How’s it going?
(調子はどうですか?)
B: Fine. Can I have a tall tea?
(良いです。トールサイズの、お茶をもらえますか?)

スポンサーリンク

注文を受ける時

s_236265586カフェによって、レジで注文を受ける場合とテーブルで注文を受ける場合、両方あると思います。続いてはどちらのシーンでも使える注文を受ける時のフレーズをご紹介!

What can I get you today?

今日は何にしますか?

カフェやレストランで注文を受ける際によく使われる英語フレーズ。「ご注文は何にしますか?」を表す言い回しなので、接客において必須の一言ですよね。ぜひ覚えて下さい!

A: Hi! What can I get you today?
(こんにちは!今日は何にしますか?)
B: I’d like to try green tea.
(緑茶を注文したいです。)

Let me repeat your order.

注文を繰り返させて下さい。

お客様から聞き取ったオーダーに間違いがないか、店員さんが確認しますよね。特に英語で注文を受ける際は、頼まれたものが合っているかを一度確認するとお互いに安心すると思います。

“Let me~”は「~させて下さい」という言い回しで、”your order”は「あなたの注文」を表す英語です!

A: Let me repeat your order. You want to have two coffee. Is that correct?
(注文を繰り返させて下さい。コーヒーを2つ、ご注文ですね。間違いないですか?)
B: It’s perfect! Thank you.
(完璧だよ!ありがとう。)

Is that everything you need?

これで、必要な物は全部ですか?

注文の際に、聞き逃した事はないかの確認に役立つ英語フレーズ。「これで全部ですか?」とか「他に必要な物はないですか?」と相手に尋ねる事が出来ます。

A: Your order is two apple pies and three hot teas. Is that everything you need?
(ご注文は、アップルパイ2つと、暖かいお茶を3つですね。これで、必要な物は全部ですか?)
B: Can I get some napkins?
(紙ナプキンを少しもらえますか?)

スポンサーリンク

飲み物やデザートを運ぶ時

s_260139851注文されたコーヒーをを手渡す時や、テーブルに飲み物やデザートを運ぶ時、無言で渡すだけじゃ何だかつまらないですよね。

フレンドリーで印象の良い英語を使って、接客に活かしてみましょう!

Here you are.

はい、どうぞ。

レジで注文の品を渡したり、テーブルへドリンクを運ぶ時に使える英語フレーズ!

日本語では「お待たせ致しました」と言う事が多いですが、英語の接客では、よほど長く待たせた時以外は「お待たせ致しました」とは言いません。笑顔で”Here you are!”と言うのが自然でベターです!

A: Here you are. I hope you’ll enjoy it.
(はい、どうぞ。美味しく召し上がって頂けると良いです。)
B: Thank you so much.
(ありがとうございます。)

Please enjoy!

どうぞ、楽しんで下さい。

欧米のカフェでよく聞く接客の英語!

日本では「お待たせしました」とか「ごゆっくり」と言いますが、ネイティブはこの”enjoy!(楽しんで!)”という表現をよく使います。カジュアルな雰囲気のお店では”please(どうぞ)”を付けなくてもいいのですが、付けると丁寧な印象に!

「自分達の提供している飲み物やデザートは美味しいから、楽しんでね!」という感じで相手に伝わるのでオススメです!

A: Here’s your drink. Please enjoy!
(こちらが、お客様の飲み物です。どうぞ、楽しんで下さい!)
B: Thanks a lot. It looks great.
(どうもありがとう。とても美味しそうですね。)

コーヒーやデザートについて説明する時

s_258073736カフェよっては手作りのケーキを注文出来たり、健康志向のメニューが充実している所もありますよね。自分が働いているお店のサービスにについてお客様に少しでも知ってもらえたら、海外からのリピート率も高くなるかも!

カフェの特徴について簡単に伝えられる英語フレーズを、ぜひ参考にしてみて下さい!

We serve organic coffee.

オーガニックのコーヒーを提供しています。

海外では健康志向の人が年々増えていて、「オーガニック」と付く商品はとても人気があります。

カフェを利用する際に、オーガニックのコーヒーがあると知って喜ぶ外国人のお客様はきっと多いはず!もし働くカフェで扱っている場合は、使ってみて下さいね。

ちなみに”organic”を発音する時、日本語では「オーガニック」の「オ」にアクセントが付きますが、このまま発音するとネイティブには通じません。「オーガニック」の「ガ」にアクセントを置くのが正しい発音。ぜひ参考に!

A: What kind of coffee do you have?
(どんなタイプのコーヒーがありますか?)
B: We serve organic coffee.
(オーガニックのコーヒーを提供しています。)

We have some homemade sweets.

手作りのデザートがあります。

手作りケーキやデザートを提供しているカフェって多いですよね!接客する際に、「お店の手作りケーキがありますよ」と伝える事が出来たら、海外からのお客様も嬉しくなるはず。

”homemade”は「手作り」で、”sweets”は「甘い物、デザート」を表す英語。オリジナルのメニューを楽しんでもらうフレーズとして、参考にしてみて下さい!

A: Do you have something to eat?
(何か食べるものはありますか?)
B: We have some homemade sweets. Would you like to try?
(手作りのデザートがあります。食べてみますか?)

We serve Japanese style sweets.

和菓子を提供しています。

外国人の方に、見た目の美しい和菓子はとても人気です。お店によって、和が感じられそうなスイーツが置いてある場合はぜひ積極的にアピールしましょう!

日本通の方なら”Wagashi”で通じる事もあるのですが、英語で伝える場合は”Japanese style sweets”というのが一般的です。

A: Everything looks so good! What should I order?
(全部、とっても美味しそう!何を頼んだらいいでしょうか?)
B: We serve Japanese style sweets. I think you should try one!
(和菓子を提供しています。食べてみるべきですよ!)

「ありがとうございました」と伝える時

s_246844747接客のマナーとして、お客様が帰る時まで丁寧でフレンドリーなサービスを心がけたいもの。

外国ではかしこまった感じの「ありがとうございました」をあまり言わないのですが、その代わりになる自然な英語フレーズをピックアップしてみました!

笑顔でお客様を送り出して、ぜひまた来てもらいましょう!

Have a good one!

良い1日を!

ネイティブが、接客で「ありがとうございました」の代わりに使う英語フレーズ。

“Have a good one”は”Have a good day”と同じように使える挨拶で、海外のカフェでも非常によく聞く表現です。自然な言い回しなので、英語慣れしてるような印象になります!

A: Here’s your order. Have a good one!
(ご注文の品です。良い1日を!)
B: Thank you! We’ll come back.
(ありがとう!また来ます。)

Have a great trip!

素敵な旅行を!

日本へ旅行中のお客様に、ぜひ言ってあげたい接客の英語フレーズ!

会話をしていて相手が観光客だとわかったら、帰る時にコチラを伝えてみて!きっと、笑顔で”Thank you!”と返ってくるはず!

A: Thank you. Have a great trip!
(ありがとうございました。素敵な旅行を!)
B: Thanks. Your service was great.
(ありがとう。あなた達の接客は素晴らしかったです。)

Please come back again.

どうぞ、また来てください。

観光で日本へ来た外国人の方が、「ここへ来て良かった!また来たい!」と思ってくれたら嬉しいですよね。カフェを出る時に、「また来て下さいね!」とフレンドリーに伝えると、他と差が付くと思います。

“Please”を付ける事で丁寧な印象になるので、幅広い年代に使えて便利ですよ!

A: Thank you for your good service. Coffee was great!
(良い接客をありがとう。コーヒーがとても美味しかったです!)
B: We’re glad you enjoyed it. Please come back again.
(気に入って頂けて良かったです。どうぞ、また来て下さい。)

おわりに

カフェの接客に使える英語、いかがだったでしょうか?

挨拶から注文、メニューまで色々な言い回しがありますよね!一度に全部覚えるのは大変ですが、短い言葉など言いやすいものを実際に使っていく事で、たくさんの英語表現が自然に出てくるようになります。

今日ご紹介したフレーズが、海外からのお客様が多いカフェの店員さんにとって、少しでもお役に立てると幸いです!

LINEで送る
Pocket