気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語で挨拶!ビジネスの場で好印象&丁寧なフォーマル表現11選!

 

LINEで送る
Pocket

s_87436805

英会話の基本と言えば「挨拶」!ただし日常会話で使っている挨拶が、全てビジネス会話に適しているとも限りませんよね。仕事で使う言葉は、やはり丁寧でフォーマルなものを選びたいという人も多いはず。

そこで今回は「ビジネスで使える英語の挨拶」をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク


初対面の挨拶

s_289838828

まずは初めて会った時に使える英語のビジネス挨拶を学んでいきましょう!

It’s a pleasure to meet you.

お会いできて嬉しいです。

“pleasure”は「喜び」を表す名詞なので、冠詞の”a”がつくのがポイント。とても堅い英語表現なので、フォーマルさを出しながら初対面の人に挨拶をする時にピッタリ!

初対面の挨拶フレーズは、”It’s”を省略することも多くあります。そのため、以下の言い方でもOKです!
Pleasure to meet you.(お会いできて嬉しいです。)
A pleasure to meet you.(お会いできて嬉しいです。)

ただしフォーマルな場面では、無駄に省略をしないことが丁寧とされているのも事実。よりフォーマルさを出したいのであれば、”It’s”をつけて言うのをオススメします!

「とても嬉しい」ことを表現するならコチラ!
It’s a great pleasure to meet you.(お会いできてとても嬉しいです。)

名詞を使ってもっとフォーマルに挨拶をしたいなら、この言い方もいいですね。冠詞は”an”になるので注意!
It’s an honor to meet you.(お会いできて光栄です。)

It’s nice to meet you.

お会いできて嬉しいです。

日本人の間でも広く知られている、”Nice to meet you.”ですが、こちらはもともと”It’s nice to meet you.”の”It’s”が省略された形なんです!そのため省略を避けるなら、”It’s nice to meet you.”と言うようにしましょう。

もちろん定番のこの英語挨拶でもビジネスではOKです。
Nice to meet you.(お会いできて嬉しいです。)

“nice”(素晴らしい)以外の形容詞を使いたいなら、こんな英語フレーズもオススメ!
It’s great to meet you.(お会いできて嬉しいです。)
It’s good to meet you.(お会いできて嬉しいです。)
It’s lovely to meet you.(お会いできて嬉しいです。)

I’m pleased to meet you.

お会いできて嬉しいです。

“pleased”は「喜んで」を表す英語なので、先ほどの”It’s a pleasure to meet you.”の親戚みたいなもの!丁寧な印象を出せる「初めまして」のフレーズになります。

省略形がこちら!
Pleased to meet you.(お会いできて嬉しいです。)

ただし”pleased”(喜んでいる)のは自分自身なので、”It’s pleased to meet you.”と言うことはできません。省略をしないで言う場合は、必ず”I’m”と一緒に使いましょう!

「自分が嬉しい」という気持ちを使って「初めまして」を伝えるビジネスフレーズは、他にもたくさんあります。
I’m delighted to meet you.(お会いできて嬉しいです。)
I’m glad to meet you.(お会いできて嬉しいです。)
I’m happy to meet you.(お会いできて嬉しいです。)

嬉しさを強調したい時は、こんな言い方もOK。
I’m very pleased to meet you.(お会いできてとても嬉しいです。)

It’s nice to make your acquaintance.

お会いできて嬉しいです。

“make ○○’s acquaintance”で「○○と知り合いになる」という意味がある英語です。少々堅い感じがしますが、仕事上で会うひとは「友達」というわけではないので、こういった英語を使うのがしっくりきますよね!

“I’m <形容詞>”の形を使うなら、他にもこんな英語フレーズがあります。
I’m pleased to make your acquaintance.(お会いできて嬉しいです。)
I’m happy to make your acquaintance.(お会いできて嬉しいです。)
I’m delighted to make your acquaintance.(お会いできて嬉しいです。)

How do you do?

初めまして。

学校の英語でこの挨拶フレーズを習った人もも多いのでは?しかし現代社会において、実はこの表現はあまり使われていないのです。非常に堅苦しい&古い言い方として認識されています。

イギリス英語ではまだ使う人もいますが、「あえて」使っている感じでしょう。古き良きマナーを守るために、わざと用いているだけで、決して自然なやり取りにはなりません。ちなみにアメリカ英語では、ほぼ使うことはありません。

極めて稀ではありますが、ビジネスシーンではもしかしたら使う可能性もあるので、知識として覚えておくのがいいでしょう!ちなみに返答方法も、同じく”How do you do?”になります。

A: How do you do?
(初めまして。)
B: How do you do?
(初めまして。)

スポンサーリンク

別れの挨拶

s_151603850

続いて、ビジネスで会話を終わらせる時のお別れフレーズを学んでいきましょう!

It was a pleasure to meet you.

お会いできて良かったです。

ビジネスシーンで初対面の人と会話を終わらせる時は、”It’s a pleasure to meet you.”の過去形を使えばOK!最初に会った時に伝えた「初めまして」を、改めて言い直す感覚で使うことができます。

つまり先ほど紹介した「初めまして」の英語フレーズは、過去形にすることで、どれも「お会いできて良かったです」の表現に変化するんです!
It was nice to meet you.(お会いできて良かったです。)
It was great to meet you.(お会いできて良かったです。)
I was pleased meet you.(お会いできて良かったです。)

ただし”How do you do?” は現在形でしか使えないので、注意してください!

こんな言い方も!
It was a pleasure meeting you.(お会いできて良かったです。)
It’s been a real pleasure to meet you.(お会いできて良かったです。)
It was really great to meet you.(お会いできて良かったです。)

It was nice talking to you.

お話できて良かったです。

これは初対面の人との別れ際だけではなく、何回か会ったことがある人に対しても使える便利な英語フレーズです。「今日こうやってお話ができて良かった」という気持ちを伝えることで、会話の終わりを合図することができますよ!

I look forward to our next meeting.

次回お会いできるのを楽しみにしております。

これからも仕事を続けていきたい相手に対しては、この英語フレーズをオススメします!次に会うことを示唆することで、引き続きビジネスでの関係を継続していく姿勢を出すことができますよ!

また”look forward to”(楽しみに待つ)という英語を使うことで、相手に対して良い印象を演出できます。

スポンサーリンク

その他の挨拶

s_81311599

最後に、その他ビジネスシーンで役立つ挨拶英語をお教えします!

How’s business?

仕事の方はいかがですか?

会議や打ち合わせの前のスモールトークで使える挨拶がコチラ。相手のお仕事状況に関する質問なので、ビジネスの話題に完全に逸れることなく会話をすることができます!

何回かのやり取りを重ね、ある程度関係が出来上がっている相手に使ってみましょう。

こんな言い方も!
How’s business for you?(お仕事の方はいかがですか?)
How’s your business going?(お仕事の方はいかがですか?)

I’ve heard a lot about you.

おうわさはかねがね伺っております。

この英語フレーズは、「初めまして」の挨拶後に添えてみたい一言。相手の功績や仕事ぶりなどを「耳にしてますよ」伝えることでができる表現です!一目置いている感じを出すことができます。

Thank you very much for coming today.

本日はお越し下さり、本当にありがとうございます。

会社訪問やミーティングなどで、先方がわざわざ来てくれた場合は、この感謝の挨拶を忘れずに!

お時間を作ってくれた時はコレ!
Thank you very much for your time today.(本日はお時間を頂きまして、ありがとうございます。)

おわりに

いかがでしたか?
今回は「ビジネスで使える挨拶の英語」をご紹介しました!

丁寧な挨拶を中心に扱いましたが、英語でのビジネス会話は日本人が思っているほど堅苦しいものではありません。ある程度の関係性があれば、比較的日常会話に近いようなカジュアルさで話すのが普通なんです!(ただしスラングはNG)

もちろん初対面でフォーマルさを出すのは大切です。ただずっと敬語をキープするのではなく、親しみやすいトーンで接してあげると、より好印象になるので覚えて」おきましょう!

LINEで送る
Pocket