気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

≪英語講師AMO流≫英語の学習法!大人にも「絵本」が効果的な理由!

 

LINEで送る
Pocket

s_302793254

「絵本は子供が読むもの!」そう思ってる方は多くいると思います。確かにその通りなのですが、英語学習をする大人にとっても、「絵本」というのは素晴らしい教材の1つなんです。

今回は、大人にも絵本を使った学習がおススメの理由とその方法について私AMOが紹介します!

スポンサーリンク


どうして大人にもおススメ?

s_246905632

シンプルな表現や文法が使われている

子供向けに書かれているものですから、複雑な表現や文法の構造というのはあまり使われていません。そのため読みやすく、理解しやすいのです!

そして、そこで使われている英語というのはとても自然なものです。

作られた世界のお話といえども、使われている単語や登場人物のセリフなどは私たちの日常生活に役立つ表現がちりばめられているんです。「活きた英語」を学べちゃいます。

さらに、短めで簡潔な文が使われているということもあって、基本的な文法を学ぶのにも持ってこいなんです!

内容を絵でイメージできる

英語の文字だらけの本を読んでると、飽きてしまったり頭が疲れてきてしまったり、ということがありますよね。

その点、絵本というのは、イラストが一緒に描かれているのでそういったことは少なくなります。

何より、絵があるので内容がイメージしやすくなんです。文字だけだと、ちょっと分かりずらいと感じでも、そこに描かれたイラストによって内容がグンと理解できるようになるんです。

絵本に書かれたイラストが、日本語を介さずにイメージで英語を理解する助けになります。

スポンサーリンク

どうやって活用する?

s_166014362

音読をする

他の読み物と同様に、絵本もやはり音読することが大切ですね。

内容をしっかりと理解できて、単語の発音もバッチリになったら、ぜひ絵本の音読をしてみましょう。

そのときに大切なのは、たっぷりと感情を込めることです。そうすることで、表現というのがよりリアルに感じられて自分になじみやすくなります。

もしできれば、キャラクターに合わせて声色を変えて読むと、さらに音読が楽しくなってくるはずです。

誰かに聞かせる

誰かに音読しているのを聞いてもらうというのも練習になります。特に子供相手に読んでみるといいですね。

子供たちにとっても英語に触れる機会になることはもちろんですが、自分にとっても良い機会になります。

というのも、「聞いてもらう」ということは「しっかりと伝える」ということが重要になるからです。特に、子供は分からなかったりつまらなかったりすると、正直に反応を示します。

意味がきちんと伝わるように声のトーンや読むスピードを変えてみたり、1人で音読するときよりもたっぷりと感情を込めてみたり・・・最後まで聞いてもらえるように、読み方を工夫してみましょう。

そうすることで、相手にも楽しんでもらえますし、自分自身も楽しくなります。そしてさらに、気持ちを乗せて英語を発することで、よりその表現が自分の中に染み付いて定着してくるのです。

使えそうな表現をまとめる

これは絵本に限った学習方法ではないですが、ただ読んで終りにせずに、使えそうな表現はどんどんまとめておきましょう。たくさん練習して、機会があればぜひ使ってみて下さい。

そして、それらを声に出して練習するときも感情を込めることをお忘れなく!

スポンサーリンク

どんな絵本がいいの?

s_141582367

絵本といっても、膨大な数があります。「どれを選べばいいのかわからない!」そんな方のために、おススメの絵本を何冊か紹介します。

各シリーズの英語版の公式サイトを紹介していますが、どれも日本のアマゾンなどからでも購入可能です。

Mr. Men & Little Miss シリーズ

“Mr.○○”、”Little Miss ○○”と名付けられたキャラクターが登場するシリーズで、”Mr. Noisy”や”Little Miss Helpful ○○にはそれぞれの性格などを表す言葉が入ります。

各キャラクターごとに1冊のストーリーがあって、そのキャラクターに合わせた内容のお話が展開していくのです。小さいサイズで薄い本なので、とっても読みやすい!

たくさんキャラクターがいて、そのキャラクターごとにいくつかのお話があるので、全部そろえようとすると大変です(苦笑)

キャラクター名や表紙の絵で見て、直感で「おもしろうそう!」と思ったものから選んでみて下さいね。

Mr. Men & Little Miss

Clifford The Big Red Dog シリーズ

2階建ての家と同じくらいの大きさの(!)赤い犬のクリフォードが登場するお話です。

その飼い主でもあり友人でもあるエミリー、その家族や周りの人たちが登場します。

大きいがゆえに、クリフォードがちょっとしたトラブルを起こすのですが、それが可愛らしくて笑えます。

中にはクリフォードがまだ小さかった頃のエピソードなんかもあて、「こんなに小さかったのに、なんであんなに大きくなっちゃったんだろう」と不思議な気分に(笑)

楽しみながら学習にも役立つ絵本の1つです。

Clifford The Red Dog

Spot シリーズ

こちらも犬が主人公になっているシリーズですが、こちらの主人公であるスポットは普通サイズの犬です(笑)

このスポットもちょっとしたトラブルを起こして、お母さん犬を困らせたりしていますが、それがとっても可愛らしい。

使われている英語は他の2つと比べて、すごくシンプルで簡単になってます。とは言っても、日常で役立つ表現ばかりなので学習には十分役立ちますよ。

この絵本が他と違っているのは、何か所かある部分がめくれるようになっていているというところ。例えば、クローゼットのドアの部分がめくれるようになっていて、開くと中に書いてある絵が見えるとか。

子供が飽きずに楽しめるようにという目的ですが、大人でもちょっとワクワクしちゃいます。

Fun With Spot

おわりに

今回は大人にも効果的な絵本を使った学習法について紹介しました。いかがでしたか?

「絵本でも、大人の英語学習に効果的なんだな」ということを感じていただければ嬉しいです。英字新聞や洋書を読むのがちょっと苦手という方にとっても、気軽に始めることができて楽しみながら続けられると思います。

お子様がいる方はお子様と一緒に絵本を楽しみながら、英語を学んじゃいましょう!

お気に入りの1冊やシリーズを見つけて、ぜひ英語学習に活かしていって下さいね!

LINEで送る
Pocket