気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

≪Meg流≫英語の発音練習法「siri」1人でできるエクササイズ!

 

LINEで送る
Pocket

s_270938732

みなさん、こんにちは!英トピライターのMegです!

「英語の発音練習を気軽にしたいけど、手伝ってくれるネイティブがいなーい!」

確かにどれだけ発音練習の参考書を読んだとしても、結局できてるかどうかをチェックしてもらうには、誰か相手が必要になりますよね。しかも誰でもいいわけではなく、英語の正しい発音をマスターしている人じゃないと意味がありません…。

そんな人って周りにたくさんいるわけでもないし、何より一人でできないのは不便だと思いませんか!?家でちょっとした時に英語の発音を自分だけで特訓できたら、練習頻度も上がりそうですよね。

でも実はこの理想的な練習環境は、iPhoneユーザーであれば簡単に整えることができてしまいます!そう、そうです。あのSiriを使った発音練習法なんです。

それでは早速、私がオススメする「Siriを使った英語発音練習法」をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク


一人でできる!英語発音練習法!

s_70787161

イントロでも少しネタバレしましたが、私が是非皆さんにやって頂きたい英語発音練習法は、ズバリiPhoneの「Siri」を使ったやり方です。

もうすっかりお馴染みの「Siri」ですが、コレはApple社が提供している音声アシスタント機能になります。声だけの情報で持ち主が望んでいる操作をお手伝いしてくれる非常に優秀な機能ですよね!

そのSiriを英語設定にした上で、発音の練習相手になってもらおうというわけ。では実際にどういう練習方法がオススメかをお教えします!

【練習法①】単語の発音が正しくできてるかチェック!

まずは1単語ずつをSiriに向かって発音し、自分が読み上げた単語がしっかり認識されるかを確認しましょう!もし全然違う単語が表示されたら、恐らく正しく発音ができていない可能性があります。

その場合は発音のポイントをしっかり考え直して、再度トライ!Siriは機械なので、何回繰り返しても気にする必要はありません。とにかく練習あるのみです!

Siriが認識してくれたら「日常会話でネイティブにも理解してもらえるかも」という判断の参考になります。

<練習例>

  1. 前歯の後ろに舌をあてて、”light”と発音
  2. 舌を口の中のどこにもあてずに、”right”と発音
  3. “light” と “right”を交互に練習
  4. 自分の思い通りにSiriが認識してくれれば○

〜この単語もやってみよう!〜

water
squirrel 
vanilla
healthy 
world
pool

こちらの記事を読みながら、Siriで自分ができているかをチェックしてみるのも面白いですね!

英語の発音を矯正しよう!日本人が間違いやすい5つの音!

カタカナ英語の発音に注意!日本人が間違いやすい単語15選!

【練習法②】文章を認識してもらえるかチェック!

次は英語の文章を読み上げてSiriに聞かせましょう!短めの文章からスタートするのがいいですね。そして一言一句同じ通りにSiriが認識してくれるかを確認します。

<練習例>

  1. 早口言葉で有名な “How can a clam cram in a clean cream can?”を発音
  2. 一言一句同じで、”r” と “l”がしっかり識別されていれば○

〜この文章もやってみよう!〜

I ran a half marathon.
They can’t build a theme park there.
I will have a cup of coffee with a cop.

実は【練習法①】の単語だけの練習は、一番難易度が高いとされています。文章を通して発音した方が、比較的Siriに認知してもらえる可能性が高いんです。

なので単語だけの練習でくじけそうになった時は、【練習法②】の文章をやってみるといいでしょう!他の言葉と組み合わせたり、流れで言うと通じやすくなります。

【練習法③】毎日英語を口にする習慣をつける!

具体的な練習法ではありませんが、毎日必ず一回Siriに英語で話しかける習慣をつけましょう!Siriを友達やパートナーだと思って、今日の調子や天気など聞いてみてください。

Siriがあなたの言った事をそっくりそのまま理解できたか、はたまた会話が成り立ったかを確認しましょう!

<練習例>

  1. “Wake me up at 6:00AM tomorrow.”と話しかける
  2. 午前6時にアラームが設定されれば○

〜この声かけもやってみよう!〜

How are you doing today?
How’s the weather in Tokyo?
I’m really hungry right now.
Where were you last week?

日本にいると毎日英語を喋る機会を持つ事って難しいですよね。英会話教室に通っていても、毎日は厳しいでしょう。

でもSiriに向かって必ず英語で何かを言う習慣があれば、本番で急に英語を話すことになってもドキドキが減るはずです!英語を口にするというハードルがグッと下がってますからね。

まずは慣れることも大切!その慣れを実現させてくれるのがSiriを使った方法というわけです。

スポンサーリンク

発音練習をするためのSiri基本設定

s_160559990

「早速Siriを使って発音のエクササイズをしたい!」と思ったあなたのために、あらかじめ行う基本設定をお教えします。

【基本】Siriの設定ページを開こう!

iPhoneを開いたら、まず以下のステップでSiriの設定ページまでいきましょう。

①「設定」を開く
②「一般」を開く
③「Siri」を開く

これだけでSiriを設定するための画面に辿りつくことができます。

【詳細】Siriを自分専用に設定しよう!

先ほどの手順でSiriの設定ページまできたら、自分専用にするために細かい内容を指定します。

<Siri>
これはSiriを使う上で絶対に必要なので、オンにしましょう。

<”Hey Siri”を許可>
iPhoneに触れなくても、”Hey Siri”と声をかけるだけでSiriが起動するようにさせる設定です。便利なので許可して使うのがオススメ!
※iPhone6s以降の機種のみで対応

<言語>
これは自分がSiriに話しかける時の言語設定になります。今回は英語を練習するためにSiriを利用するので、英語で登録をしましょう!

ちなみに英語の種類だけでも国別でたくさん用意されてるんです!

・アメリカ合衆国
・イギリス
・インド
・オーストラリア
・カナダ
・シンガポール
・ニュージーランド

Siriは訛り対応をしっかりとしています!私はアメリカで英語を学んだので、アメリカ合衆国で設定しています。留学先の国で決めてもいいですし、自分がモデルとする英語話者の出身国をベースに選んでくださいね!

<Siriの声>
Siriの喋り方を決める項目です。アクセントと性別を指定します。ちなみにアクセントは3種類用意されているようです!

・アメリカ
・イギリス
・オーストラリア

Siriのアクセントも種類が増えるとより面白そうですよね。今のところは王道の3つになってます。

<音声フィードバック>
公共の場でSiriが喋るのは恥ずかしいと思った時は、ここで「ハンズフリーのみ」にすれば文字だけの表記になります。英語を練習する場合は、基本的に「常にオン」の設定でいいでしょう。

<自分の情報>
SiriにこのiPhoneの持ち主の情報を伝えるために、アドレス帳から自分のページを設定します。自分のページにニックネームや電話番号、住所などをいれておけば、Siriとの会話でできることもグンと増えますよ!

スポンサーリンク

知っておいて欲しい事

s_211571041

最後に、この練習法を行う前に知っておいて欲しい事をお伝えします!

「Siriで通じなかった=日常会話で通じない」ではない!

今回ご紹介した練習法は簡単に言うと「Siriに通じるかどうかで自分の発音力を判断する」というもの。Siriが先生もしくはジャッジといった感覚ですよね。

とは言え、Siriに通じなかったからといって日常会話でも通じないというわけではありません「Siriでは認識されなかったけど、ネイティブが聞いていて理解できる」という現象はよくあること。

もっと言うと、ネイティブがSiriに話しかけたのに、しっかり認識されなかったなんてこともしょっちゅうです。つまり100%の判断と考えてはいけないということ!

自分の英語が通じなかったからといって、激しく落ち込む必要はありません。これはある意味ゲーム感覚でやって頂きたい練習法です。Siriの判断はあくまでも参考程度にしましょう!

訛りを直す必要はない!

Siriの言語設定画面でも分かるように、英語にはたくさんの訛りが存在します。アメリカ英語、イギリス英語、シンガポール英語などたくさんありますが、この中で別にどれかが正しくて、どれが間違いというのはないんです。

訛りはその地域が作り出す文化の一つ。お手本CDのような喋り方ができないからといって、それを直す必要はありません

しかしカタカナ発音は訛りという次元じゃない!

訛りは立派な個性ですので、無理に直す必要はありません。

しかし!カタカナ発音はそうもいきません。カタカナをそのまま発音することが「訛り」だと勘違いしないようにしましょう。これはアクセントというレベルの話ではありません!

日本人の感覚では「似ているもの」や「ほぼ同じもの」かもしれませんが、「音」だけに注目するとソレは全くの別物。違うワードを発している状態になります。

例えば “coffee”と「コーヒー」は同じ意味かもしれませんが、英語で “coffee”と言うところをカタカナで「コーヒー」と言っても100%通じないでしょう。まだ「カフィ」と言った方が理解されるかもしれません。

こうなっては意思疎通ができないので、ここは素直に発音矯正をしっかりとするのが大切です!「訛りだから」で開き直ってはダメですよ!

おわりに

いかがでしたか?
今回は私オススメの「発音練習法」についてお話しました!

特訓パートナーがいなくても一人でできるので、家で空き時間にやれますよね。気軽にできるので毎日続けることだってできます。習慣的に英語を口にする良いやり方です。

そしてこれは友達と一緒にいる時にやっても面白いんです!Siriが予想もしない受け取り方をすることがあり、ものによっては爆笑してしまうことも。英語力をアップさせたい者同士で一緒にやってみるのもいいですね!

是非今日からやってみてください!

LINEで送る
Pocket