気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

《英会話講師Mizue流》英語スピーキング勉強法!話せるようになる!

 

LINEで送る
Pocket

s_169898861Hello, everyone! 英語で会話するのが大好きな、英会話講師のMizueです。

今日は「英語のスピーキング力を伸ばしたい!」、「少しでもネイティブに近づいた英語で話したい!」と思っている方に必見の内容!効果のある、スピーキング力upの勉強法をいくつかご紹介します。

日本人はどちらかというと文法や単語力に強いと言われ、他の外国人に比べてスピーキングが弱いと言われています。それでも、ちょっとしたコツさえ掴めば話す力をグン!を伸ばす事が出来るんです。

英語をネイティブのようにかっこよく話したいと思っているそこのあなた、ぜひ今日ご紹介する勉強法を参考にして下さい!

スポンサーリンク


【勉強法①】1人の時間を上手に使う

s_74824927
独り言を英語で話す

英語のスピーキング習得は、「実際に声に出して英語を話す」というのが1番!でも、環境によっては毎日英語を使う事がないかもしれませんよね。そんな時にすぐ出来る勉強法が、独り言を英語で話す事です。

例えば・・・

朝家を出る時 ⇒ “I gotta go.” (もう出掛けなきゃ)

仕事が終わって家に帰り着いた時 ⇒ “It was a long day.” (今日も長い1日だった)

何かを思い出せない時 ⇒ ”What was it?”(何だったっけ?) 

仕事や勉強、家事がひと段落した時 ⇒ ”Done!” (終わった!)

短い表現で、繰り返しが出来る事がポイントです。

この勉強法は1人暮らしだとカンタンに出来そうですが、一緒に住んでいる家族が居れば、「いきなりどうしたの?」と驚かれるかもしれませんよね。でも、英語のスピーキング習得には「周りに聞かれたら恥ずかしい」といったシャイな気持ちはスキルupを妨げるだけ。

実際に声に出してフレーズや表現を言わなければ、実践でのスキルupが難しくなってしまいます。もし気になるようであれば、「英語の勉強の為だから、気にしないで」と一言伝えて協力してもらいましょう。

英語フレーズや、英語の会話例文を声に出して読む

これは私自身が実際に行っていて、とても効果のあった勉強法!

英トピでも紹介している英語フレーズや会話の例文のように、実際のコミュニケーションを想定した表現を紹介するメディアや本ってたくさんありますよね。

たくさん色んな種類の本を買ったり、覚えた事をノートに書き留めるのもすごく定説ですが、実際声に出して言わないと、実際に会話する時の感触をリアルにつかめません。

ただ読んだり書き留めたりするだけではなく、フレーズや会話例文を、声に出して1人で読む習慣を身に付けてみて下さい。英語のスピーキングはスポーツと同じで、実際の場面をリアルに想像出来る練習がとても大切。

声に出す事を繰り返せば、脳が英語をより良い形で記憶してくれますし、口の筋肉も英語発音に慣れてきます。

ポイントは、なるべく毎日続ける事。長々とやってしまうと疲れて続かないので、3~5分などの短い時間を心がけましょう。

私は以前、この勉強法を毎日10分くらいの目安で実践していました。根気よく毎日続けた結果、数か月後に不思議と日常会話の簡単な英語がスラスラ話せるようになり、自分でも驚いたのを覚えています。

ネイティブと話す時も緊張する事が減って、自信がついたのでその後のスキルupもスムーズでしたよ!

スポンサーリンク

【勉強法②】映画や海外ドラマを観る

s_118876654登場人物と一緒に、セリフを声に出して言う

ネイティブらしいスピーキング力を高めたい人に、オススメの勉強法!これは”shadowing”(シャドーウィング)と言って、映画やドラマのシーンに出てくるセリフを、登場人物と同じタイミングで一緒に声に出して読むというやり方です。

いきなりネイティブの速いスピードについていくのは大変なので、最初は挨拶や相槌などのシンプルなシーンを選ぶと良いです。DVDを使えば英語字幕が出てくるので、何て言ってるのか単語や言い回しを確認しながら出来ますよね!

登場人物のセリフを一緒に声に出して言う事で、自然な発音やスピーキングのリズムをつかむことが出来ますし、実際に使われる表現を身に付ける良いきっかけにもなります。スピーキングと同時にネイティブの会話が耳にはいるので、リスニング力のupにも繋がっていい事だらけです!

皆さんそれぞれ、お気に入りの作品があると思いますが、登場人物がかっこよくスラスラ話してるのを見て、「私もあんな風に喋れたら・・・」と思った事があるはず!好きな作品の主人公になりきって、英語を話してみましょう。

楽しみながら出来るので、映画やドラマが好きな方には、特にオススメの勉強法です。

スポンサーリンク

【勉強法③】実際に相手を話す機会を持つ

s_246299641ボランティアやイベントなど、英語を使える環境を積極的に探す

英語のスピーキング力upに1番効果があるのは、やはり相手との実際のコミュニケーションにおける実践です!海外在住の方は簡単に英語を話す機会を見つけられると思いますが、日本に居ながらだとそうもいきませんよね。

そこでオススメしたいのが、日本語を教えるボランティアや、国際交流のイベントを自分で見つけて、そういった場所に積極的に参加するという勉強法です。

私自身、アメリカ留学前に半年間ほど、県の交流センターで在日外国人の方たちに日本語を教えるボランティアをしていました。色々な国の方と知り合えましたし、英語で実際に会話するチャンスも多かったので、スピーキングの習得にとっても役立ったのを覚えています。

インターネットで調べれば、自分が住んでいる地域で行われている活動やイベントなどをチェックできるので、ぜひ確認して参加してみて下さい。国際交流をしながら、実践を伴える勉強法として、楽しく実行が出来るはずです!

おわりに

英語スピーキングの勉強法、いかがだったでしょうか?

周りが驚くほど英語がペラペラになれたり、ネイティブと楽しく話せるようになれたら、とっても楽しいですよね。日本人は外国の方に比べてシャイな性格を持つ人が多いので、つい「間違えたら恥ずかしい」、「ちゃんと通じるかな?」、「これしか話せないけど…」なんて思ってしまうかもしれません。

スピーキング力を伸ばしたければ、間違いを恐れずにどんどん積極的に英語を使いましょう!そうする事で、周りと驚く差がつきます。

今日ご紹介した勉強法が、多くの方のお役に立てると幸いです!

LINEで送る
Pocket