気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

≪英語講師AMO流≫英会話を独学でやる!おススメの勉強方法!

 

LINEで送る
Pocket

s_255385252

「英会話を身につけたいけど、レッスンに通う時間がない」、「英会話スクール行きたいけど高い」などの悩みを抱えている方はいませんか?

ちょっと待ってください!英会話スクールに通うだけが、英会話を学ぶ方法ではありません。工夫をすれば、自宅で高いお金をかけずに、独学で英会話の力を身につけることができるんです。

今回は、私ライターAMOなりの英会話を独学で身につけるおススメの方法を紹介します!

スポンサーリンク


「聞く」練習

s_288357863

英語で会話するためには、まず「聞く」力がないといけません。よく言われることですが「聞けなきゃ話せない」のです。

では、その「聞く」力を独学で身につける方法を紹介します!

英語のTVや映画を見る

英語学習の方法として、多くの人が取り入れていると思います。

映像で見ることで、話しているときの表情や口の動きを確認できますし、周りの状況や雰囲気もわかりますよね。

日本語でも言えることではありますが、同じ英語の表現を使っていても、そのときの状況や気持ちによって声のトーンや表現の伝え方が変わってきます。

「英語のTVや映画を見る」ということは、単に「聞く」力を伸ばすだけでなく、その表現に込められているニュアンスを「感じ取る」力を伸ばすのにも有効なんです。

英語のラジオを聞く

こちらは映像はありませんから、その話し方や声のトーンでどんな気持ちを込めて言っているのか想像する必要があります。

「聞く」力にプラスして「イメージする」力を伸ばすことができます。

英会話というのは、必ずしも顔と顔を合わせて行うとは限りませんよね。電話などでは、声だけのやりとりになります。そんなとき、声だけでイメージしたり相手の気持ちを汲み取るというのは、とても重要なことですよね。

そういうときに活かせる力を伸ばすために、英語のラジオを聞くというのはおススメの方法です。

スポンサーリンク

「話す」練習

s_138420443

英会話ですから、「相手の言ってることが聞ける」というだけでは、当然成り立ちませんよね。自分の気持ちや意見を「話す」力というのは必要です。

では、それを独学で身につけるためにはどのようにすれば良いでしょう?おススメの方法を紹介します!

独り言を英語で言う

自分の状況や気持ち、あるいは周りの状況などを英語で表現してみましょう。レポーターになって実況するような感じですね。

短いフレーズでもいいので、とにかく全てを英語で表現するのです。日本語を介さずに、感じたことや見えたことを表現する訓練になります。

言葉が出てこなかったり、表現が合っているのか不安になったりしたら、必ずそれをメモしておいて後で調べるようにしましょう。

電車の中など周りに人がいて声を出せない状況でも、自分の状況を英語で考えてみましょう。それだけでも、英語で表現するための練習になり、「話す」力につながってきますよ。

写真や絵を英語で表現する

写真や絵の状況を英語で説明することで、独学で「話す」力を鍛えることもできます。どんな写真や絵でも良いのですが、TOEICの写真描写問題の写真を使うのもおススメ。

絵や写真なので、表現することは自分以外のことが多くなりますよね。自分以外のことを表現する機会というのも、英会話の中ではたくさんあることです。そのための練習になります。

こちらも分からない単語や表現などがあれば、必ずあとで調べるようにしましょう。

日本のTVやラジオでの言葉を英語にする

TVを見る時間、ラジオを聞く時間も有効に使ってみましょう。

TVやラジオでは、教科書的ではない自然な日本語がたくさん飛び交っていますよね。その聞こえてくる日本語を、同時通訳的に英語にしてみるのです。

ナチュラルな日本語を英語にするというのは、結構難しいですが、やってみると面白いですよ。退屈な番組の暇つぶしなんかにいいかもしれません。

特定の出演者の言葉だけに絞ってみるとか、とりあえず気になる言葉だけなど、自分の好きな範囲で行ってみて下さい。

日本語から英語の表現を考えることも、英会話での表現力をつけるのに役立ちます。

言うまでもなく、表現できなかった言葉は後で調べるようにしましょう。

スポンサーリンク

「会話する」練習

s_262964918

「会話する」力も、ちょっとした工夫で独学で身につけることができます。おススメの練習方法を紹介します!

ダイアローグをパートごとに録音する

テキストなどに載っているダイアローグをパートごとに録音しましょう。

パート練習用のダイアローグが収録されていれば、それを使えるのですが、そうでないものもあります。そんなときは自分でパート練習用のダイアローグを作ってしまいましょう。

Aさんのパートを話して、Bさんのパートは何も言わずに間を空けて録音する。そして、録音したものを再生して自分はBさんのパートを言う。その逆も行う。

相手は自分の声ではありますが、「聞いて話す」という練習ができます。さらに、会話練習ができるのと同時に自分の発音をチェックすることもできるので、一石二鳥です。

ドラマや映画のセリフを覚える

自分がなりたい役を決めて、その人のセリフを覚えましょう。まるまる1本のドラマや映画のセリフとなると大変ですから、場面を絞って行うと良いですね。

始めは、その人がセリフを言う前に一時停止して自分がそのセリフを言うという方法で行い、慣れてきたらその役者さんと同時にセリフを言って、実際に会話してる気分を味わいましょう。

ドラマや映画で使われる言葉なので、テキストのダイアローグと比べてより自然な表現を学ぶことができます。

ある程度の英語力があるという人は、自分なりにセリフをアレンジしてみても楽しいですね。

そうすると、相手の次のセリフとつながる表現を考えなくてはいけないので難しいですが、独学でさらなる表現力をつけるための方法としておススメの1つです。

1人で会話をする

一人二役で会話をするという方法です。

場面を決めてもいいですし、ドラマや映画のシーンを引用してもいいですし、設定など決めずに気ままに会話してもいいですし、やり方はいろいろあります。

自分の考えで「話す」練習でもあり、どうやって返事するかを「考える」練習にもなります。

ここまで紹介した方法は、独学なのでどれも1人で行うものなのですが、個人的にこの練習方法は「人に見られたら恥ずかしいナンバーワン」です(笑)

家族と一緒に住んでる方は、家族が急に部屋に入ってこない状況であることを確認してから行いましょう。

おわりに

今回は英会話を独学で行う方法を紹介しました。いかがでしたか?

英会話ですから相手がいた上で練習できるのが良いのかもしれませんが、そこにこだわりすぎて何もできないのではもったいないです!自分1人でも練習できる方法というのはいろいろあるんですよ。

「独学でやれる方法はないかな?」と悩んでいる方は、ぜひ紹介した方法を試してみて下さい!

LINEで送る
Pocket