気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

肌の英語!女性必見、たるみやハリなどについて語る表現16選!

 

LINEで送る
Pocket

s_206625799

朝起きて鏡を見た時に気になるのが「肌」の状態。スキンコンディションがいいと、それだけで一日中気分が上がりますよね!逆にニキビやシワが目に入ると、なんとなく自分への自信がなくなってしまうもの…。

今回はそんな日々変化する「肌」の状態を伝える英語表現をご紹介しますよ!

スポンサーリンク


肌タイプを伝える時の表現

s_108910352

I have sensitive skin.

私は敏感肌です。

化粧品や衣類等で赤みやかゆみが出るような繊細なスキンタイプのことを、一般的に敏感肌と言います。化粧品カウンターで新しい商品を買う時は、”sensitive”使ったこの英語表現を用いて刺激に弱いことを店員さんに伝えるといいでしょう。

I have rather sensitive skin, so I like to use organic skincare products.
(比較的に敏感肌なので、オーガニックのスキンケア商品を使うのが好きです。)

「よく反応する」という意味の英語”reactive”を使っても表現できますよ!
I have very reactive skin.(私の肌はとても敏感です。)

I have dry skin.

私は乾燥肌です。

潤いが足りずにカサカサしがちなスキンタイプには、この英語表現を使いましょう。

I have very dry skin, so I’m always using this moisturizer.
(私はとても乾燥肌なので、いつもこの保湿剤を使っています。)

I have oily skin.

私はオイリー肌です。

余計な皮脂が溜まり常にテカテカしてしまうスキンタイプは、この英語表現を使いましょう。日本語でも「オイリー」と言うので、非常に覚えやすいですね!

I have extremely oily skin, so I can never maintain a matte finished face.
(私は非常にオイリー肌なので、マットな仕上がりを保つことが絶対にできません。)

I have combination skin.

私は混合肌です。

基本的にかさついてるけど、Tゾーンはテカってしまうなどの混合スキンタイプは、「組み合わせ」という意味の”combination”を使って表現することができます。

I have the worst combination skin. My T-zone gets oily, but my cheeks and chin are pretty dry.
(私は最悪な混合肌です。Tゾーンはテカるけど、頬と顎はすごくかさつくの。)

“combination”を口語調に言い換えた”combo”を使うこともありますよ!
I have combo skin.(私は混合肌です。)

I have acne prone skin.

私はニキビができやすいです。

“prone”は「○○しがちな」、「○○の傾向がある」という意味の英語ですので、これを使うことで自分にどういった傾向があるのかを説明することができます。よく吹き出物に悩まされる人は医学用語で「ニキビ」を意味する”acne”という英語を使いましょう。

Will it be okay to use this lotion even if I have acne prone skin?
(ニキビができやすくてもこのローションを使っても大丈夫ですか?)

ちなみにニキビは”pimple”や’zit”と言うこともできます。こちらは日常会話でよく使われる英語なので、覚えておきましょう。また「大人ニキビ」はそのまま”adult acne”を表現されることが多いですよ!

スポンサーリンク

コンディションが良い時の表現

s_273152780

My skin is silky smooth.

私の肌はスベスベです。

理想のスキン状態である「スベスベ」を英語で表す場合は、「絹のように滑らか」という意味の”silky smooth”がピッタリでしょう。新しい化粧品を使ってみて、使い心地に満足した時に使ってみたいフレーズですね!

My skin is silky smooth this morning! You should try this night cream too.
(今朝の私の肌スベスベ!あなたもこのナイトクリーム使ってみるべきよ。)

また、英語の表現として「赤ちゃんのお尻のようにスベスベだ」という言い方があります。様々なスベスベの対象に使われますが、もちろん顔に対しても問題ありません。顔のコンディションを赤ちゃんのお尻にたとえても失礼にはならないので、安心してください!
My face feels as smooth as a baby’s bottom.(私の顔は赤ちゃんのお尻みたいにスベスベな感じがする。)

My skin is firm and tight.

私の肌にはハリがある。

「引き締まった」、「安定した」という意味の”firm”と、「ピンと張った」という意味の”tight”を使えば、「ハリ」の表現が実現します。もちろんそれぞれの単語のみで使うことも可能ですよ!

I love how firm and tight my skin feels from my new nightly routine.
(新しい夜の日課のおかげでハリを感じてすごく嬉しい。)

My skin is glowing.

私の肌はツヤツヤしています。

ツヤツヤに輝いた状態を英語で表現する時は、「光を放つ」、「生き生きしている」という意味の”glowing”を使いましょう。発音を間違えて”growing”というとおかしな文章になってしまうので気をつけましょう!またツヤツヤ状態を”shiny”で伝えようとすると、逆に「テカっている」といった印象になる場合があるので注意が必要です。

My skin is glowing in this picture.
(この写真だと私の肌はツヤツヤしてる。)

“glow”という名詞の形でも使えますよ!
My skin has a glow.(私の肌にはツヤがある。)

My skin is clear.

私の肌には透明感があります。

「透き通って」や「キレイな」という意味の”clear”は、スベスベの”smooth”に近いものがあります。しかし”smooth”は触り心地の良さを表し、”clear”は澄んだ見た目を表すという差があることを覚えましょう!従って、美しい透明感は”clear”という英語で伝えることができます。

I miss my clear skin.
(自分の透き通った/透明感のある肌が恋しいよ。)

スポンサーリンク

コンディションが悪い時の表現

s_136703756

I have a breakout.

吹き出物ができている。

荒れた時にできるニキビや吹き出物を”breakout”と表現することがあります。”breakout”には他にも「突発的発生」といった英語でもあるため、なんとなく突然できるデキモノとニュアンスの関連性が見えてきますね。

I have a really bad breakout around my mouth now.
(今口の周りにひどい吹き出物があるの。)

“break out”という動詞の形でもよく使われますよ!
I’m breaking out a lot these days.(最近よく吹き出物ができる。)

My face is glossy and shiny.

私の顔はテカテカに光っている。

オイリーになり過ぎて、顔がテカっている時はこの英語を使ってみましょう。”glossy”は「光沢のある」、「ツヤツヤした」という意味で、”shiny”は「輝きのある」という単語です。そのため良い表現に聞こえがちですが、テカテカと脂が出ている時によく使われるフレーズです。たまに「ツヤがある」という良い意味で使うネイティブもいますが、輝きとしては少し過剰な印象がありますので、人のスキンコンディションを褒める時は”glowing”と伝えるのがベターです。

I hate having oily skin. My face is always glossy and shiny.
(オイリー肌大嫌い。私の顔いつもテカテカ光ってるもん。)

確実に悪い意味として「テカり」を表現したい時は、こんな英語を使ってみましょう。
My face is greasy.(私の顔は脂ぎってる。)
I look sweaty.(汗ばんで見える。)

My skin is flaky.

私の肌はカサカサです。

乾燥して皮膚がポロポロむけるような状態の時は、「フレーク状の」、「パサパサの」という英語の”flakey”を使いましょう。顔がカサカサで粉を吹いている状態ですね。

My face gets dry and flaky in winter.
(私の顔は冬に乾燥してカサカサになります。)

斑点のようにカサカサ状態が広がっている場合は、こんな英語フレーズも使えますよ。
I have dry patches.(まだらに乾燥したスポットがあります。)

老化を伝える時の表現

s_143249194

My skin is sagging.

私の肌はたるんでいる。

重力に逆らえずに顔がたるんできたら老化の始まりです。「たるんでいる」という意味の”sagging”を使って、顔のたるみを表現しましょう。

I’m still 30, but my skin is sagging.
(まだ30歳なのにたるんでいる。)

自らを主語にして使うこともできますよ。
I’m sagging on my face.(顔がたるんでいる。)

“saggy”に言い換えることも可能です。
My face is saggy.(顔がたるんでいる。)

I have wrinkles.

シワがある。

表情を変えずとも顔に線が残っている場合は、シワができている証拠。”wrinkle”はこういったシワを表し、顔だけでなく衣服等にも使える英語ですよ。

I have more wrinkles than my grandma.
(私はおばあちゃんよりシワが多い。)

I have fine lines.

小ジワがある。

シワほどくっきりはしてないけど、うっすら細い線が入っている場合は小ジワと呼ばれます。普通のシワとはハッキリろ区別をして使いたい時は、「細い線」という英語の”fine line”を使って表現しましょう。

I realized that I have fine lines on my face.
(顔に小ジワがあるって気づいたよ。)

I have age spots.

シミがある。

老化によってできてきたシミやそばかすは、総じて英語で”age spot”と呼ばれます。”age”は「年齢」を表しますが、時に「老齢」という意味を持つこともあるので、一緒に覚えておきましょう。

I have terrible age spots on my face. I need to buy some anti-aging skincare products.
(顔にひどいシミがあるの。アンチエイジングのスキンケア商品を買わなきゃ。)

ちなみに「そばかす」は英語で”freckle”と言います。基本的に複数形で使われるケースがほとんどですので、”s”を忘れないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?
意外にも、日本語の表現と関連が見えてきやすい英語フレーズが多かったかと思います。海外の化粧品等を買う時も、自分のスキンコンディションの悩みを英語で伝えられると便利ですので、是非覚えてみてくださいね!

LINEで送る
Pocket