気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「ハマる」は英語で?夢中でのめり込んでいる時のフレーズ11選!

 

LINEで送る
Pocket

好き過ぎて困っちゃうくらい大好き!

こんな時、日本語では「ハマっている」と言いますよね。この「ハマる」という表現、英語ではどのように言えばいいのでしょうか。

今回は、夢中になっている度合いに応じた「ハマる」の英語フレーズをご紹介します!

スポンサーリンク


夢中になっている時

まずは、夢中になっていることを伝える基本の英語フレーズを見ていきましょう!

I’m really into bouldering.

ボルダリングにハマっています。

“into”は「~の中に入る」というニュアンスを持つ前置詞ですよね。この”into”、実は「~に夢中になる」という意味があります。

日本語の「ハマる」も、あるものに入り込んで抜け出せないことから「夢中になっている」という意味に転じたようです。

その語源を考えると、”into”は「ハマる」に似ていておもしろいですよね。ぜひ覚えてください。

A: What are you into?
(何にハマってる?)
B: I’m really into bouldering.
(ボルダリングにハマってる。)

I’m hooked on fishing.

釣りにハマっています。

“hook”は「つるす」「引っ掛ける」という意味の動詞です。

“be hooked on~”は直訳すると「~につられている」という意味で、転じて、何かにハマっていることを表す口語表現になりました。

A: I’m hooked on fishing.
(釣りにハマってるんだ。)
B: Wow. Is it saltwater fishing or freshwater fishing?
(わあ。海釣り?それとも川釣り?)

I’m enthusiastic about playing golf.

ゴルフにハマっています。

“enthusiastic”は、「熱中している」、「強く興味を抱いている」という意味の形容詞です。

ご紹介した”into”や”hooked”は口語表現なので使う状況や相手を選んだほうがよいですが、”enthusiastic”はビジネスなどの言葉を選んだほうがいい場面でも安心して使うことができます。

A: I’m enthusiastic about playing golf.
(ゴルフにハマっています。)
B: Oh, I’m going to play golf this weekend. Will you join us?
(そうだ、今週末ゴルフに行きますよ。一緒に来ます?)

I’m absorbed in the book.

その本にハマっています。

“be absorbed in~”は、「~に夢中になっている」という意味のイディオムです。

”absorb”には元々「吸収する」という意味があり、自分の時間や意識をいい意味で吸い上げられているようなイメージでしょうか。

没頭している感じを伝えるにはぴったりの英語フレーズです。

A: I’m absorbed in the book.
(その本にハマっています。)
B: You too? I’ve read all books written by the author.
(あなたも?その作家の本は全て読んだんですよ。)

スポンサーリンク

熱中し過ぎている時

次は、少し熱中し過ぎているニュアンスを与える英語フレーズをご紹介します!

She’s obsessed with aromatherapy.

彼女はアロマセラピーにすごくハマっています。

“be obsessed with~”は、直訳すると「~に取りつかれている」という意味です。

生活の一部になっている、頭から片時も離れない、といった場合に使えるイディオムですよ。

A: What are the best essential oils to start with?
(最初に始める時に一番いいアロマオイルって何かな?)
B: You’d better ask her. She’s obsessed with aromatherapy.
(彼女に聞いたほうがいいよ。アロマセラピーにすごくハマってるから。)

He’s crazy about Mexican food.

彼はメキシコ料理にすごくハマっています。

“be crazy about~”には、「気が変になるくらい夢中になっている」というニュアンスがあります。

毎日同じものを食べても飽きない、お金の糸目をつけないなど、普通の人には少し理解できないくらい入れ込んでいる時に使える英語の口語表現です。

A: He recommended the Mexican restaurant.
(彼がそのお店をすすめたんだよ。)
B: It should be good because he’s crazy about Mexican food.
(彼はメキシコ料理にすごくハマっているから、いいお店のはずだよ。)

This game is so addictive!

このゲームはハマる!

“addictive”には、中毒性があるくらい「夢中にさせる」という意味があります。

やめたくてもやめられない、とめたくてもとまらない、といった場合にぴったりの英語表現です。

A: Have you played this game yet?
(このゲームもうやった?)
B: Yeah, this game is so addictive!
(うん、このゲームはハマる!)

I guess many people will get addicted to the new exercise.

その新しいエクササイズにハマる人、多いと思う。

“get addicted to~”は「~にハマる」というイディオムです。

「中毒にさせる」という意味の動詞”addict”が元になっている表現なので、”addictive”と同じく、それがないと生きていけないくらい好き!という場合に使ってみてくださいね。

A: I guess many people will get addicted to the new exercise.
(その新しいエクササイズにハマる人、多いと思う。)
B: I may give it a try.
(やってみようかな。)

I’m nuts about ram raisin ice cream.

ラムレーズンアイスクリームにハマってる。

「~に夢中になっている」という英語のイディオムは色々あり、“be nuts about~”もその一つ。

”nuts”は、ピーナッツなどのナッツです。おもしろいイディオムなので覚えてくださいね。

A: I’m nuts about ram raisin ice cream.
(ラムレーズンアイスクリームにハマってるんだ。)
B: Eww, I’m not very fond of raisins.
(うえ、レーズンがあまり好きじゃないんだよね。)

He’s mad about American football.

彼はアメリカンフットボールのことになるとやばい。

“be mad about~”も、「~に夢中になっている」という意味の口語表現です。

“mad”には興奮しているニュアンスがあるので、そのことになると頭に血がのぼって熱狂してしまう、といったイメージを伝えることができます。

A: He’s mad about American football.
(彼はアメリカンフットボールのことになるとやばい。)
B: Do you know which team he supports?
(彼がどのチームのファンか知ってる?)

She’s a yoga freak.

彼女はヨガフリークです。

“freak”は、日本語の「フリーク」の元になっている言葉で「~に熱狂している人」「~狂」を意味します。

夢中になっているものを、必ず“freak”の前に付けて使ってくださいね。

A: She only talked about yoga. I enjoyed it though.
(彼女ヨガのことしか話さなかったよ。私は楽しんだけどね。)
B: No surprise. She’s a yoga freak.
(当たり前じゃん。彼女はヨガフリークだよ。)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

今回は、「ハマる」の色々な英語フレーズをご紹介しました。

好きなものについて語ったり聞いたりするのは、会話を弾ませるうえでとても大事ですよね。ぜひご紹介したフレーズを使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket