気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「house」と「home」の違い!『家』を意味する英語の使い分ける!

 

LINEで送る
Pocket

「家」を意味する英語と言われて、多くの人が思い浮かべるのは”house”と”home”の2つではないでしょうか?

どちらも馴染みのある言葉だと思いますが、「その違いは?」と言われると意外と悩んでしまうもの。

今回は、”house”と”home”の違いについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク


「house」と「home」の違い

詳しい使い方を見ていく前に、英語”house”と”home”の違いについて簡単に紹介します!

まずは、それぞれが指す「家」には微妙な違いがあるんです。

“house” ⇒ 「家」という「建物」自体を指す
“home”  ⇒ 「家」という「建物」とその「空間」を指す

“house”というのは、単に建築物の1つとしての「家」を指しているだけなんですね。

それに対して、”home”には建築物としての「家」を指す意味合いだけでなく、その「空間」つまり「中」にも意識が向いています。

そして、次のような違いもあるんです。

“house”人が住んでいるかは意識しない
“home” 人が住んでいることを意識する

“house”が指す「家」は、人が住んでいるかどうかは重要ではありません。

一方、”home”が指す「家」というのは、人が住んでいることも意識します。

そこから、英語の”home”で「家庭」「自宅」、「故郷」というような意味も表現することができるのです。

なんとなく”home”の方が「温かみ」がありますね。

そして、”house”と”home”には言葉の役割にも違いがあります。

“house”名詞
“home”名詞・副詞

どちらの言葉にも「名詞」としての役割があります。

そして、”home”には「副詞」としての役割もあるんです。

それでは、詳しい使い方について見ていきましょう!

スポンサーリンク

「house」について

「建物としての家」を指す

英語の”house”が表す「家」は、「建物の種類の1つ」です。

人が住んでいようがいまいが、「家」という名の「建物」を指す時に使われます。

例えば、こんな風に使います。

You can find a lot of houses near the baker run by Mr. Parker.
(パーカーさんのパン屋の近くにはたくさん家があるよ。)

We visit our grandparents’ house every summer.
(毎年夏に祖父母の家に行きます。)

There are two bedrooms in our house.
(うちの家には2つ寝室があるの。)

A lot of new houses are under construction in the western part of town.
(町の西側に新しい家がたくさん建てられてるよ。)

スポンサーリンク

「home」について

「空間としての家」を指す

英語の”home”は「建物としての家」という意味だけでなく、「人が住む空間としての家」というニュアンスが含まれるんです。

“house”使うとあっさりした感じがするのに対して、”home”を使うとどこか温かみがあるような感じがします。

そして、”home”には「名詞」「副詞」の役割があります。

①名詞

まずは、「名詞」としての役割です。例文を見てみましょう。

全て”house”の項目でも使われていたものを”home”に代えたものです。

同じ意味ですが、その「家」に込められるニュアンスに違いがあります。

You can find a lot of homes near the baker run by Mr. Parker.
(パーカーさんのパン屋の近くにはたくさん家があるよ。)

We visit our grandparents’ home every summer.
(毎年夏に祖父母の家に行きます。)

There are two bedrooms in our home.
(うちの家には2つ寝室があるの。)

A lot of new homes are under construction in the western part of town.
(町の西側に新しい家がたくさん建てられてるよ。)

このように”home”を使うことで、単に「建物」ということだけでなく、そこに人が住んでいる「空間」が感じられます。

4つ目に関しては、建てている最中の家でまだ人は住んでいませんが、「これから人が住む空間」として捉えているのです。

日本語の「家」という訳し方だけでは分からない意味合いの違いがあるんですね。

このように、上のような例の場合であれば、そこに込めるニュアンスによって”house”と”home”のどちらでも使うことが出来ます。

ただし、日本語で言うところの「家庭」「故郷」などを意味する場合は、「人がそこにいる」ということが前提ですので”home”しか使えません。

A good home can help children grow up very well.
(いい家庭は子供を健やかに育てる。)

②副詞

続いては、「副詞」としての使い方です。

「副詞」の”home”には、「家に」とか「家で」という意味があります。

他の建物を表す言葉でしたら、「○○に」や「○○で」を表す時には”to”や”in”、”at”などの前置詞を付けることが必要です。

「副詞」の”home”はそれらの前置詞の意味も含んでいるので、その必要がありません。

例えば、英語で「ただいま」という時は”home”を使ってこんな風に言いますよね。

I’m home.
(ただいま。)

「ただいま」つまり「家にいるよ」ということを表す表現です。

でも、この表現では、”in”や”at”は付けていませんね。これは”home”を「副詞」として使っているからなんですね。

もう1つ例を見てみましょう。

Recently, Peter has tended to go home early because he wants to see his newborn daughter.
(最近ピーターは生まれたばかりの娘に会いたくて、早く家に帰るようにしている。)

「家に帰る」を“go home”で表現しています。

これも他の建物や場所であれば、”go to ○○”のように表現しなくてはいけません。

でも、「副詞」の”home”を使えばこのように言うことが出来るんです。

おわりに

今回は「家」を意味する英語の”house”と”home”の違いについて紹介しました。いかがでしたか?

同じ「家」でも、そこに込められる意味合いや役割には違いがあったんですね。

なじみのある言葉であるがゆえに、その違いが曖昧になっていたという方も多いかもしれません。

イメージを大切にしながら、しっかりと”house”と”home”の使い分けをしていきましょうね。

LINEで送る
Pocket