気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「じっくり」の英語って?考える/あじわうを伝えるフレーズ7選!

 

LINEで送る
Pocket

物事をゆっくり考えたり、食べ物などをあじわったりする時に使う「じっくり」という表現。

英語では一体どのように表すのが自然なのでしょうか?

今回は、考える時やあじわう時に使える「じっくり」を意味する英語フレーズを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク


じっくり考える

まずは、ある事柄について時間をかけて考える時に使える「じっくり」の英語フレーズを紹介します!

I think 〇〇 through.

〇〇についてじっくり考える。

“think through”という表現を使って、「じっくり考える」のニュアンスを表現することが出来ます。

“think”自体に「考える」という意味がありますが、そこに「通り抜ける」とか「始めから終わりまで」というニュアンスを持つ”through”を付けた言い方です。

直訳すると「〇〇を始めから終わりまで考える」となり、つまりは「その事柄について隅々まで考える」ということになります。

そこから、「じっくり考える」とか「考え抜く」という意味で使われているんですね。

〇〇の部分に、考える必要のある事柄を意味する言葉を入れましょう。

I usually think things through.
(私はたいてい物事をじっくりと考えます。)

“I”以外の主語を変えたり、”think”の形を変えて使うことも出来ます。

いくつか例を挙げてみますね。

We’re thinking the matter through now.
(僕らは今その問題についてじっくり考えているんだ。)

He thought it through, but he couldn’t decide what to do.
(彼はそのことをじっくりと考えたんだけど、何をするべきか決められなかったんだ。)

I think 〇〇 over.

〇〇についてじっくり考える。

こちらも、先に紹介した”I think 〇〇 over.”と同じように、”think”という動詞が使われている英語フレーズです。

意味も同じで「じっくり考える」とか「熟考する」といったニュアンスになります。

では、なぜ”over”を付けることによって、そういったニュアンスが生まれるのでしょうか?

このフレーズで使われている前置詞の”over”には「何かを上から覆う」というイメージがあるんです。

ということで、”think 〇〇 over”は「ある物事を上から覆って考える」となり、つまり「物事全体のことを考える」ということになります。

そこから「じっくり考える」とか「熟考する」といった意味として使うことが出来るんですね。

I sometimes think my life over.
(時々、自分の人生についてじっくり考えるんだ。)

“I think”の形以外にも、主語を変えたり、”think”の形を変えたりすることが出来ます。

Can you think it over?
(そのことに関してじっくり考えてもらっていいかな?)

My boss thought them over.
(上司はそれらについてじっくり考えた。)

I think long and hard.

じっくり考える。

「長い時間をかけて一生懸命考える」というニュアンスで、「じっくり考える」を伝えられる英語フレーズです。

“long”には「長く」、”hard”は「一生懸命に」という意味があります。

「長く一生懸命に考える」と言うと、何かについてよく考えている様子がイメージできますよね。

 I want to think long and hard.
(じっくり考えたいな。)

以下は、主語や”think”の形を変えた例文です。

He’s thinking long and hard about his future.
(彼は将来についてじっくり考えているんだよ。)

Why didn’t you think long and hard?
(なんでよく考えなかったんだ?)

I sleep on 〇〇.

〇〇について一晩じっくり考える。

こちらも「じっくり考える」というニュアンスで使えるフレーズですが、他と少し違うのは「一晩」という意味が入っているんです。

そのまま訳すと「〇〇の上で寝る」となり、「枕の下に何かを置いて寝る」というイメージになります。

そのイメージが広がって、「一晩じっくり考える」というニュアンスで使われているんです。

I must sleep on the problem.
(その問題については一晩じっくり考えないといけないです。)

以下の例文では、主語と”think”の形を変えて使っています。

Lisa slept on it, but she couldn’t make a decision.
(リサはそのことを一晩じっくり考えたけど、決められなかった。)

They were sleeping on the project.
(彼らはプロジェクトについて一晩じっくり考えていた。)

スポンサーリンク

じっくりあじわう

続いては、食べ物をあじわう時に使える英語フレーズを見ていきましょう!

I taste 〇〇.

〇〇をじっくりあじわう。

ゆっくりと時間をかけて、食べ物の味をじっくりと味わうことを表現する言い方です。

単に「おいしい」とか「まずい」の感覚だけでなく、どんな味がするのかをしっかりと感じるイメージになります。

I always taste wine.
(僕はワインをじっくりと味わって飲むんだ。)

以下は、主語や”taste”の形を変えた例文です。

She was tasting curry made by her husband.
(夫が作ったカレーを彼女はじっくりあじわっていました。)

They tasted the dishes, and they were impressed by the wonderful ingredients.
(彼らはその料理をじっくりと味わい、その素晴らしい材料の数々に感激した。)

I savor 〇〇.

〇〇をじっくりあじわう。

こちらも食べ物をじっくりとあじわう時に使える英語フレーズですが、他の表現と比べて上品な印象です。

その物の味をしっかりと噛みしめて、楽しんでいるようなイメージになります。

I‘d like to savor this dish.
(この料理をじっくりあじわいたいんです。)

主語や”savor”の形を変えると、このような感じになります。

We savored the steak with every bite.
(僕たちはそのステーキを一口ずつじっくりあじわいました。)

Did you savor the pie she made?
(彼女が作ったパイをじっくりあじわいましたか?)

I munch 〇〇.

〇〇をじっくりあじわう。

こちらの英語フレーズは、しっかりと噛みながらあじわうというニュアンスです。

“munch”は「もぐもぐ」とか「むしゃむしゃ」と擬音語を表す時にも使われます。

しっかりと食べ物噛んでいる感じですね。

なので、”munch”をこのフレーズのように動詞で使うと、食感がある食べ物をじっくりと噛んで食べているようなイメージになります。

I want to munch this hamburger.
(このハンバーガーをじっくりとあじわいたい。)

以下は、主語や”think”の形を変えた例文です。

He munched the cookies from his girlfriend.
(彼は彼女からのクッキーをじっくりとあじわった。)

The kids are munching the apples they grew.
(子供たちは彼らが育てたリンゴをじっくりとあじわっている。)

スポンサーリンク

おわりに

今回は、「じっくり」の英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

英語では、「じっくり」することの対象が「考える」なのか、「あじわう」なのかで、表現の仕方が全く異なっていますね。

「じっくりイコールこの言葉!」というわけではなく、状況ごとに違ったフレーズで伝える必要があるんです。

適切な表現を状況に合わせて使えるように、バッチリ身につけておきましょう!

LINEで送る
Pocket