気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「自慢する」を英語で!持ち物や得意分野を人に伝える表現9選!

 

LINEで送る
Pocket

s_281176559

自己主張が強くなると、つい持物やスキルなどを自慢したくなってしまいますよね。相手に「どれだけ自分が凄いか」をアピールしたい気持ちは分かりますが、自慢する時の言い方や頻度には気をつけたいもの…。

とは言いつつも、無意識のうちに人に自慢する機会はたくさんあります。ということで今回は、よく日常会話で登場する「自慢の英語表現」を紹介しますよ!

スポンサーリンク


【はじめに】「自慢する」って英語で何て言う?

s_99063731

brag

自慢する

「自慢する」という英語表現で、一番よく使われるのがこの”brag”です。自分自身の功績や持物を誇らしげに語っている様子を指し、聞いている相手を不愉快にさせる場合に使われます。

「○○について自慢する」と表現する時は、前置詞の”about”を使い”brag about ○○”と言うようにしましょう!

He brags about how rich he is.
(彼は自分がどれだけお金持ちかを自慢する。)

She bragged about herself.
(彼女は自分の自慢をした。)

They are bragging about having tickets to see the show.
(彼らはそのショーのチケットを持っていることを自慢してくる。)

基本的には「不愉快な行為」として捉えられる”brag”ですが、日常会話でジョークとして軽く使われることもあります。こういった場合はネガティブな意味として使っていないので注意しましょう!

Every once in a while, I like to brag about my best friend because she’s irreplaceable!
(たまには親友の自慢をしたくなるの、だって彼女はかけがえのない存在だから!)

boast

自慢する

こちらも「自慢する」という意味の英語ですが、あまり口語で使われることはありません。相手を不愉快にさせる行為を指しますが、その度合いは”brag”よりも少し低いと覚えておきましょう!「○○を自慢する」と表現する時は、前置詞の”of”もしくは”about”がセットになりますよ。

He boasts of his achievements.
(彼は自分の功績を自慢する。)

また”boast”は良い意味としても使われることがあります。基本的にお店や場所などの魅力やアピールポイントを語る時に使われ、決してネガティブな意味にはなりません。ただし良い意味で用いられる時は、主語に人物はこないので注意が必要です!

This hotel boasts of relaxing forest views.
(このホテルの自慢は気持ちを落ち着かせてくれる森林の眺めです。)

show off

見せびらかす

相手に「すごい!」と思わせるために自慢する英語表現として”show off”という英語がありますが、これは何かを「見せびらかす」時に使われます。見せつけたい物や披露したい何かがある時は、この英語を使うのが適切ですね!

He is showing off his new car.
(彼は自分の新車を見せびらかしている。)

スポンサーリンク

【英語で自慢】あまり人の反感を買わない表現とは?

s_260139851

I’m proud of it.

自慢に思う。/誇りに思う。

“be proud of ○○”で、「○○を自慢に思う」、「○○に満足する」という意味になります。確かに自信を持っていることをアピールする時に使いますが、「誇りを持っている」というニュアンスになるので、悪い感じがしない英語表現ですよ!

I’m a successful business woman. And yes, I’m proud of it!
(私は成功したビジネスウーマンで、もちろん誇りに思うわ!)

他にもこんな英語表現ができますよ。
I’m very proud of my son.(自分の息子をとても誇りに思う。/自慢の息子です。)
I’m so proud of myself for paying off my car.(車の支払いを完済した自分をすごく誇りに思う。)

I pride myself in ○○.

○○に誇りを持っています。

「誇る」という意味の”pride”を使ったこの表現。少し固めの印象がありますが、自分の考えや意見を述べる時にピッタリの英語フレーズです。

I know how to ask for help, but I also pride myself in creating my own path.
(私は助けの求め方も知っていますが、自分で自分の道を切り開くことにも誇りを持っています。)

この英語表現は、企業などが自社のアピールをする時にも使いますよ!
We pride ourselves in giving our customers the best service.(私たちはお客様に最高のサービスを提供することに誇りを持っています。)

Not to brag or anything, but ○○.

自慢するわけじゃないけど、○○なんだ。

「聞く人によっては自慢に聞こえるかも…?」と不安になることってありますよね。そういう時は「自慢するわけじゃないんだけど、」という前置きをしてから発言をするようにしましょう!この英語表現はかなり役に立ちますよ。

もしくは自慢になる内容だとは理解しつつも自分のことを語る際に、横柄な印象を和らげる効果もあります。日本語で言うところの「手前味噌ですが、」に近いかもしれませんね。

Not to brag or anything, but I’m a polyglot.
(自慢じゃないんだけど、私って多言語話者なんだよね。)

ただし「自慢する気はない」と言っている人に限って、結局かなり自己アピールをしていることが多いので、発言内容には気をつけたいですね!

他にもこんな英語フレーズがありますよ。
I’m not trying to brag or anything, but ○○.(自慢しようとしてるわけじゃないけど、○○なんだ。)
I don’t mean to brag, but ○○.(自慢するつもりじゃないけど、○○なんだ。)
I don’t want to brag or make anyone jealous, but ○○.(自慢したり嫉妬させたいわけじゃないんだけど、○○なんだ。)

Look what I got!

じゃじゃーん!/こんなの手に入れました!

直訳をすると「私が手に入れた物を見てよ!」になるこの表現。何かを相手に見せびらかす時に使える英語ですね。「じゃじゃーん!」や「こんなのGETしちゃった!/もらっちゃった!」という感覚で使ってみましょう。

友達間なら気軽に使える表現ですが、何度も持物見せびらかすのは控えましょうね!あまり上品ではありません。

Look what I got from Japan! Isn’t this cool!?
(日本からGETしたもの見て見てー!これかっこよくない!?)

スポンサーリンク

【番外編】自慢に関する表現

s_255111982

humblebrag

謙虚を装った自慢

「謙虚な」という”humble”と「自慢」の”brag”を合わせたこの英語。見ての通り、「謙虚を装った自慢」を表す俗語です。

非常に面白い表現ですが、確かにこの英語がピッタリくるような時ってありますよね!「ん?この人自分を下げて語っているみたいだけど、これって結局は自慢じゃない?」と思った時に最適な英語表現です。ある意味、上級者のやり方でしょうか?

“humblebrag”の例がコチラ。

Omg, someone said I look like Angelina Jolie, I think he needs glasses!
(ねぇ、私アンジェリーナ・ジョリーに似てるって言われちゃった!彼、眼鏡をかけるべきだわ。)

「眼鏡をかけるべき」=「目が悪過ぎて、私の顔がよく見えない」と卑下しつつも、「私ってアンジェリーナ・ジョリーに間違えられるほど美人」だと自慢している”humblebrag”ですね!うーん、タチが悪い!

He is full of himself.

彼は自分のことばかり考えている。

自慢ばかり言う人は、恐らく自分のことが大好きな人ですよね。そんな「利己的な」、「うぬぼれが強い」人のことを表すには、この英語表現を使ってみましょう。

もちろんネガティブなフレーズですので、使い方には注意が必要です!

This guy is annoying, he’s so full of himself.
(この男うざったい、すごい自分のことばかり考えてる。)

他にもこんな英語表現ができますよ。
She feels full of herself.(彼女はすっかりいい気分になっている/思い上がっている。)
He gets full of himself.(彼は調子に乗る。)
He has been full of himself since he got promoted.(昇進してからずっといい気になっている。)

【おわりに】自慢するのはほどほどに!

いかがでしたか?
何度も自慢すると、相手に不快感を与えてしまうのは万国共通です。自分の子供や作品など、ポジティブな意味でするのはいいですが、地位や財力などを語り過ぎるのは気をつけましょう!本当に魅力的な人は自分でたくさんアピールをしなくても、周りがすでに良さに気づいているはずですからね!

LINEで送る
Pocket