気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「女子会」は英語で?表現方法&女同士で盛り上がれるフレーズ12選

 

LINEで送る
Pocket

女同士のおしゃべりが楽しい集まりを「女子会」と言いますが、これって英語で何て言うか知っていますか?

今回は「女子会」の英語表現と、女子会で使える英語フレーズをご紹介します。

定期的に女同士で集まっている皆さん、必見ですよ!

スポンサーリンク


「女子会」は英語で?

それではまず、ネイティブが「女子会」を英語で何て表現するのかを見ていきましょう!

girls’ night

ガールズナイト

“girls’ night”は直訳すると「女子たちの夜」という意味になります。これは女子が集まる夜のことを指し、彼や男友達には聞かれたくない話を思い切りしたい日という位置づけなので、私たちの言う「女子会」と同じ感覚でネイティブ女子に使われている英語表現です。

“girl’s night”じゃないの?と思った方もいるかもしれませんね。”girls”や”babies”のように”(e)s”で終わる複数形の単語は、アポストロフィーを後ろに付けるだけという英語のルールがあるので、この機会に覚えてしまいましょう!

ちなみに誰かのの家に集まるのではなく、外で楽しむ場合は“girls’ night out”(ガールズナイトアウト)がしっくりくる英語表現です。

A: Girl, we haven’t seen you since you got a boyfriend!
(ちょっと、彼が出来てから全然会ってくれないじゃん!)
B: I know! I need a girls’ night! I have a lot to tell you!
(そうだよね!女子会しなきゃ!話すこといっぱいあるのよ!)

友達の家でパジャマパーティーなんて時は“slumber party”(スランバーパーティー)とも言います。ですが、小さな子の「お泊まり会」といったニュアンスが強いので「ガールズナイト」が一般的です。

girls’ day out

ガールズデイアウト

外で会う昼間の女子会は「ガールズデイアウト」です。

“out”をつけてもつけなくても「女子会」になりますが、つけたほうが外に繰り出す感が強まります。

A: Hey baby, do you wanna have lunch together?
(ベイビー、お昼一緒にどう?)
B: Sorry darling, I’m having a girls’ day out!
(ごめんダーリン、今日は女子会なの!)

「ランチ女子会」なんて言いたい時は、“girls’ lunch”(ガールズランチ)がピッタリな英語表現になりますよ。

ladies’ night out

レディースナイトアウト

このフレーズは思い切りお洒落をして夜出かけるニュアンスが強い英語表現です。少し背伸びをしたい女子や大人の女性は”girls”の代わりに”ladies”を使うことも。

ネイティブは、きゃぴきゃぴした若い女の子を”girls”、大人の女性を”ladies”と使い分けていることが多いので、使う際の参考にしてみて下さいね。

A: I wanna go to the new club!
(あの新しいクラブ行きたい!)
B: Let’s have a ladies night out! We gotta dress up!
(女子会やろうよ!お洒落しなきゃね!)

スポンサーリンク

恋バナをする時

「女同士で盛り上がる!」と言えばやっぱり恋バナです。女子会で彼の話をする時のフレーズを紹介します。

He is hot!

彼、カッコイイ!

女子会中にイケメンを発見した時の英語フレーズがこちら。

“hot”は「熱い」という意味ですが、異性を見て使う場合は「イケてる!」というニュアンスになります。

男性だけでなく、もちろん女性に対しても使える英語表現です。

A: Look at that table! I think he is your type.
(あのテーブル見て!あなたが好きそうな人がいるよ。)
B:Wow, he is hot! Should I talk to him?
(ワォ、彼カッコイイ!声かけるべきかな?)

他にも“He is sexy.”(彼、セクシーね。)や“He is gorgeous.”(あの人素敵。)など、ワイワイ楽しめる英語フレーズを知っておくと女子会が盛り上がります。

My man is the best!

私の彼、最高なの!

“my boyfriend”ではなく”my man”を使うのもネイティブ女子がよく使う表現です。「彼氏」と比べて「大人の(私の)男」という自慢と独占している感が強いです。

“boy”と”man”ニュアンスの違いは、先ほどの”girl”と”lady”の感覚と似ているでしょう。女性同様、「大人」として扱う・認めている場合は”man”を使います。

A: How was your birthday? You were with him, right?
(誕生日どうだった?彼と過ごしたんでしょ?)
B: He surprised me with a big bouquet! My man is the best!
(大きな花束でサプライズしてくれたの!彼って最高!)

He needs to man up!

彼にしっかりしてほしい!

“man up”は「しっかりする」と意味です。

父親から息子へ、上司から部下への激励など男性同士で使い場合も多いですが、女子会で彼女が使う時は愚痴の場合がほとんどでしょう。

A: How is your boy friend? Are you guys doing okay?
(彼元気?うまくやってる?)
B: Not really. He can’t even keep a promise. He needs to man up!
(あんまり。彼約束のひとつも守ってくれないのよ。しっかりしてほしい!)

How can I make him mine?

どうしたら彼を落とせるかな?

女子会で盛り上がる話題といえば、何と言っても気になる彼の話です!

“make ○○ mine”は「○○を私のものにする」という意味。「気になる彼を私のものにしたい!」というニュアンスでネイティブがよく使う英語表現です。

女同士アドバイスし合って彼をものにするプロセスを語り合うのは世界共通なんですね。

A: Girl, did you ask him out already?
(ねぇ、もう彼をデートに誘ったの?)
B: I did! Next Saturday is the day! How can I make him mine?
(そうなの!次の土曜日がデート!どうしたら彼を落とせるかな?)

I need a man not a boy.

男の子じゃなくて男がほしい。

子供っぽい男性に不満を抱く女性は世界中にいるようで、ネイティブ女子がよく使っている英語フレーズです。

なかなかプロポーズしてくれない彼のことを話す女性もこのフレーズを使っていましたよ。

A: We’ve been together over 3 years but he doesn’t say yes to see my parents.
(もう彼と3年以上付き合ってるのに私の親には会いたくないっていうのよ。)
B: Girl, I know how you feel. My boy is like that too. We need a man not a boy.
(わかるー。うちの彼もそうなの。私たちは男の子じゃなくて男がほしいのに。)

スポンサーリンク

仕事の話をする時

働く女子に悩みもつきもの。女子会で仕事の話をする時のフレーズの紹介です。

My boss is too hard on me.

上司が厳しすぎて。

“hard”には「硬い」「難しい」「激しい」などいろいろな意味がありますが、”hard on”の場合は「(人)に厳しい、つらく当たる」という意味になります。

A: My boss is too hard on me. It makes me want to quit my job.
(上司が厳しすぎて。仕事辞めたくなっちゃう。)
B: That much? Are you okay?
(そんなに厳しいの?大丈夫?)

I wish my salary was higher.

もうちょっとお給料が良かったらな。

女子会に限らず、誰もが1度は口にしたことがあるフレーズがこちら。

オシャレや外食好きの女性にとって、お給料はいくらあっても足りません。

A: Ah, I want new clothes, bags, shoes…..
(あぁ、新しい服もバッグも靴も欲しい…。)
B: I know! I wish my salary was higher.
(わかるー!もうちょっとお給料が良かったらな。)

There is always a way!

必ず道はあるわよ!

女子会で「もうどうしたらいいのかわからない!」なんて悩んでいる友達がいたらぜひかけてあげたいひと言です。

「どんな道であれ、必ず道はある。」というニュアンスのフレーズになります。

英語圏の人のアドバイスはシンプルだけど心に刺さるものが多いですよね。

A: I really don’t know if I should stay in this company.
(このまま会社に残ってていいのか本当にわからないわ。)
B: Whatever you choose, there is always a way. Trust yourself! You’ll be fine.
(何を選んでも、必ず道はあるわよ。自分を信じて!あなたなら大丈夫。)

Your boss needs you!

上司に必要とされてるのよ!

職場における友達の存在価値を改めて強調するのが、この英語フレーズ。

「あなたは上司から信用されてるんだよ、必要な存在なんだよ」と伝えることで、相手に自信をつけて励ますことができるでしょう。

A: Oh my god! I’m getting a phone call from my boss. So sorry, I gotta take this.
(オーマイガ―!上司から電話だ。本当ごめん、出なきゃ。)
B: Do your thing girl, your boss needs you!
(仕事終わらせといで。上司に必要とされてるじゃん!)

おわりに

今回は「女子会」の英語表現と、女子会で使えるフレーズを紹介しました。

女同士だからこそ楽しめる話題や、心おきなく話せることはたくさんありますよね。

友達を女子会に誘って、お互いにい話したいことを思い切り英語で語れるようになるといいですね!

LINEで送る
Pocket