気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「順調」は英語で?進捗を聞く時&うまく行っている時の表現9選!

 

LINEで送る
Pocket

「うまく行っている?」
「スムーズに進んでるよ」

このように物事の進捗や相手の状況を確認することは、ビジネスだけでなく日常会話でもよく行われますよね。

では、物事が「順調」に進んでいるか聞いたり、「順調」にうまく行っていると答えたりする時、英語ではどのように言えばいいのでしょうか。

今回は「順調」の英語フレーズをご紹介します!

スポンサーリンク


進捗を聞く時

まずは、問題なくスムーズに進んでいるか進捗を聞く時の英語フレーズを見ていきましょう!

How’s it going?

順調に進んでる?

“How’s it going?”は、相手の状況や物事の進捗などを聞きたい時に使える英語の万能フレーズです。

例文のように、何か特定の物事がうまく進んでいるかどうか進捗を聞くニュアンスでも使えますし、シチュエーションによっては「元気?」「調子はどう?」というニュアンスでも使えます。

A: How’s it going?
(順調に進んでる?)
B: Actually, we’re behind schedule.
(それが、予定より遅れているんです。)

具体的に聞きたい場合は、”it”を聞きたいことに変えればOK!
How’s your business going?(仕事は順調ですか?)
How’s your relationship going?(交際は順調ですか?)

How’s it coming along?

順調に進んでる?

“coming along”のイディオムには色々な意味がありますが、「順調に進む」という意味もあるんです。

進捗を尋ねる”How’s it coming along?”は、英語の定番フレーズとしてよく使われますので、そのまま覚えてくださいね。

A: How’s it coming along?
(順調に進んでる?)
B: It’s going smoothly. I should be done by tomorrow.
(順調に進んでいます。明日までには終わると思いますよ。)

Is everything going well?

全て順調に進んでますか?

“going well”は「うまく行っている」「問題なく進んでいる」という意味で使える英語フレーズです。

例文のように主語を”everything”にすれば「全てうまく行っている」となり、問題が生じていないかどうか相手に状況や進捗を尋ねる時にぴったりのフレーズになります。

A: Is everything going well?
(全て順調に進んでますか?)
B: Actually, we hit a bump in the road.
(実は、ちょっとつまずいているんです。)

Are you on track to finish it?

順調に終わりそう?

“on track”は「想定どおりに進む」という意味の英語のイディオムです。

“track”は「道」「軌道」などの意味があります。日本語でも「軌道に乗っている」と言うように、元々の計画や予定していた行程どおりに物事が進んでいることを表すことのできるフレーズです。

例文のように”on track to~”とすれば「~が想定どおりに進む」と言うことができます。

A: Are you on track to finish it?
(順調に終わりそう?)
B: Yes, we’re right on schedule.
(はい、計画どおりに進んでいます。)

スポンサーリンク

うまく行っていると答える時

次は、物事がうまく行っておりスムーズに進んでいることを伝える時の英語フレーズを見ていきましょう!

Everything is going well so far.

今のところ全て順調に進んでいます。

“going well”は「うまく行っている」「問題なく進んでいる」という意味で使える英語フレーズでしたね。

“everything is going well”で「全てうまく行っている」ことを伝えることができます。

例文の”so far”は「今のところ」という意味です。進捗を伝える際に使える便利フレーズですので、あわせて覚えてくださいね。

A: So, how’s the situation?
(ところで、状況はどうですか?)
B: Everything is going well so far.
(今のところ全て順調に進んでいます。)

It’s coming along.

順調に進んでいます。

“coming along”は「順調に進む」という意味があるイディオムでしたね。

話の流れがあれば、例文のように”it”を主語にするのが自然ですが、うまく進んでいるものを具体的に言いたい場合は”it”の部分を置き換えればOKです。

A: How’s the preparation going?
(準備の進捗状況はどうですか?)
B: It’s coming along.
(順調に進んでいます。)

It’s going smoothly.

順調に進んでいます。

“smoothly”は「スムーズに」「なめらかに」という意味の副詞です。

日本語でも、物事が滞りなく進むことを「スムーズに進む」と言いますよね。物事が滞りなく進んでいる時に使ってみてください。

A: Do you have any update on this?
(この件について何か報告はある?)
B: The issue has been settled. It’s going smoothly now.
(問題は落ち着きました。今は順調に進んでいます。)

We’re on track.

順調に進んでいます。

“track”は「道」「軌道」などの意味で、“on track”は「想定どおりに進む」という意味の英語のイディオムでしたね。

特に、元々計画していたスケジュールどおりに物事が進んでいることを表すことができる英語フレーズです。

A: Are you on schedule?
(予定どおりに進んでいますか?)
B: Yes. We’re on track.
(はい。順調に進んでいます。)

We’re making good progress.

順調に進んでいます。

“make good progress”は「うまく進む」「前進する」という意味の英語のイディオムです。

“progress”は「進展」「前進」という意味ですので、直訳すると「うまく進展する」となります。

A: How’s it coming along?
(順調に進んでいますか?)
B: We’re making good progress.
(順調に進んでいます。)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

今回は、「順調」の英語フレーズをご紹介しました。

相手の状況や物事の進み具合の確認や進捗状況についての報告は、ビジネスと日常会話のどちらにおいても大切なことですよね。

英語でも問題なく確認や報告が行えるように、ご紹介したフレーズを覚えて使ってみてください。

LINEで送る
Pocket