気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア



まだ、ほとんどの日本人が知らない新型英語学習法「超速バイリンガルメソッド」(期間限定)



「確認する」の英語!ビジネス場面別に使い分けたい表現12選!

 

LINEで送る
Pocket

s_107689631

ビジネスをする上で大切なのは、こまめに「確認する」こと。ミスがあってはいけないので、その都度チェックしていくのはプロとして当然ですよね。

でも「英語でどう聞いていいか分からない!」という理由で、確認を怠っている人も多いのでは?小さい内容であればまだ済むこともあるかもしれませんが、チェックがなくなるのはとっても危険!

今回はビジネスシーンで場面別に使える「確認する英語」をご紹介します!

スポンサーリンク


「予定」を確認する時

s_105597653

まずは「予定を確認する」時に使える英語フレーズをご紹介しましょう!

I will confirm with my boss for the exact date and time of the appointment.

お約束の正確な日にちと時間を、上司に確認します。

「確認します!」と宣言する時はコチラ!

このフレーズを使えば、「会う約束」の日にちと時間をしっかり確認するという意思を表明できます。

以前話に上がっていたことに関して、それが正式決定事項であるかを確認する時は”confirm”という英語を使います。これは内容を確実なものにする時に使うので、初めてそのトピックに触れる際には不向きの言葉になるので注意が必要!

“confirm with”というように、”with”を一緒に使えば、「誰に確認を取るのか」を表すことができますよ!

Could I confirm the date and time of the meeting?

その会議の日にちと時間を確認してもよろしいですか?

「確認してもいいですか?」と相手に許可を求める時がコレ!

“Could I ○○?”の形で文章を始めると、「○○してもよろしいですか?」と丁寧に尋ねるビジネスフレーズになります。念のため予定を再確認しておきたい時に便利な表現ですね!

“May I ○○?”を使っても、許可を求める丁寧フレーズに!
May I confirm the date and time of the appointment?(お約束の日にちと時間を確認してもよろしいでしょうか?)

Could you please confirm if this date is convenient for you?

この日にちでご都合が合うかどうか、ご確認頂けますでしょうか?

相手に「確認して頂けますか?」と尋ねる時は、このビジネスフレーズ!

尋ねることによって、先方の都合を確認することができますよね!相手にお願いをする場合は、丁寧に”could you please”の形を使うといいでしょう。

また、「○○かどうか」を聞きたい場合は、”if”(もし)を文章中に使えばOK!

他にはこんな聞き方も!
Could you please confirm is this time works for you?(このお時間でご都合が合うかどうか、ご確認頂けますでしょうか?)

Just to confirm, but is our appointment scheduled on July 20?

確認ですが、私たちのお約束は7月20日に予定されているということでよろしいですよね?

既に決まっていることに対して、「念のため」確認をいれる時は、この表現を!

ただ単に”Is our appointment scheduled on July 20?”(お約束の日って7月20日ですか?)と聞いてしまうと、「決定事項のはずなのに、この人大丈夫かな?」と思われてしまう可能性も!

しかし”Just to confirm”を前につければ、「確認ですが」という前置きをいれることができるんです!こうすれば「慎重な人」、「丁寧な人」という評価になるので、ビジネスで良い印象を残せます。

他にもこんな英語表現が!
Just to be safe, but is the meeting scheduled on this Friday?(念のため確認ですが、会議は今週金曜日の予定ですよね?)

Would you be available on Wednesday?

水曜日は空いていらっしゃいますか?

具体的な日程を提示して、相手の予定を確認する場合はコチラ!

“Will you be available on Wednesday?”でも同じ内容を聞くことができますが、”Would you”を使うことでより丁寧なビジネスフレーズを作ることが可能です。

また”available”は「手が空いている」という意味の英語。相手の空いている状況を尋ねる時に欠かせない言葉です!

スポンサーリンク

「状況」を確認する時

s_289838831

次は「進捗状況や現状を確認する」英語フレーズをご紹介!

I would like to know the current status of the project.

そのプロジェクトの現状をお伺いしたいです。

プロジェクトの状況を確認する時はコレ!

“would like to”は「させて頂きたい」という意味の英語で、”want to”よりもビジネスに向いた丁寧な言い方になります。”current status”は「現状」や「現在の状態」を意味するので、ビジネスの状況確認時にピッタリの言葉ですね!

What is the current situation of the project?

そのプロジェクトの現在の状況は何でしょうか?

ザックリと現状について質問を投げたい時は、この英語表現がオススメ!

“current situation”という言葉は「現在の情勢」や「現状」を意味するので、状況確認の際はこの英語も役に立ちますね。”current status”と一緒に覚えておきましょう。

Is everything going well with the project?

そのプロジェクトは順調でしょうか?

こちらの英語フレーズは、上手くいっているかどうかをチェックしたい時に便利!

“go well”は「うまくいく」という意味の英語で、”with”と一緒に使うことで「何が順調か」を説明することができます。この質問を投げかければ、現状を把握することが可能ですよね!

Could you please report the current status?

現状を報告願えますでしょうか?

相手に現在の状況をレポートして欲しい時は、この英語フレーズを使って指示を出しましょう!

“report”は「報告する」という意味の英語。これを使って相手にお願いすれば、こちらが知りたい状況を確認できるはず!

スポンサーリンク

「内容」を確認する時

s_115791079

最後に、「内容を確認する」時の英語フレーズを見ていきましょう!

I would like to confirm what we discussed yesterday.

昨日話し合った内容について確認させてください。

会議やアポで交わした内容について確認する時は、このビジネスフレーズを!

“discuss”は「話し合う」や「意見を交わす」という意味の英語。まさにビジネスシーンで常日頃行われている行為です!意見交換している様子が伝わるので、”talk about”(話す)よりもオススメ。

こんな言い方もできますね!
I would like to confirm the main points we discussed yesterday.(昨日話し合った内容の要点を確認させてください。)

May I check what it says on the document?

書類に何と書いてあるか確認してもよろしいですか?

記載内容を確認する場合は、この丁寧表現で聞いてみましょう!

“say”(言う)という英語を使っていますが、これは紙に書いてある文字に対しても使うことができる表現です。つまり”what it says”は「何と書いてあるか」という意味になります。

Do you mean that we should change the target?

ターゲットを変更すべきだということですか?

この英語フレーズでは、相手の発言内容をしっかり理解しているかどうかをチェックすることが可能です!

“mean”は「意味する」という動詞なので、「あなたの言っている意味はこういうことですか?」と聞いている文章になります。自分の理解が正しいかを確認する時に便利ですよね!

こんな言い方でもOK!
So, you mean we should change the target?(つまりターゲットを変更すべきだということですか?)

おわりに

いかがでしたか?
この記事ではビジネスの場面別で使える「確認の英語フレーズ」をご紹介しました!

今回はビジネスシーンに特化した表現のみを紹介しましたが、こちらの記事では日常英会話でも役に立つ「確認フレーズ」について書いています。合わせてチェックしてみてくださいね!

念のため!英語で「確認する」時に使えるフレーズ7選!

LINEで送る
Pocket