気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

化粧品の接客英語フレーズ!海外のお客様に使える表現17選!

 

LINEで送る
Pocket

s_242959765
今日のテーマは「化粧品」の接客に役立つ英語フレーズ!日本の化粧品は質がとてもいいので、海外の女性やメイクアップアーティストから非常に高い評価を得ています。

化粧品カウンターで働く美容部員さんの中には、「英語で上手くお客様とコミュニケーション出来たら・・・」と考えた事がある方も多いはず!今日ご紹介するフレーズ使って、日本ならではのおもてなしサービスを海外のお客様に体験してもらいましょう!

スポンサーリンク


お客様が来店した時の挨拶に使えるフレーズ

s_107121131
お客様がお店に入ってきた時、日本では「いらっしゃいませ」と挨拶するのが定番ですよね!外国人のお客様へ向けた、来店の際に使える英語のフレーズをまずは見てみましょう。

Hello, how are you today?

こんにちは。ご機嫌いかがですか?

「元気ですか?」を英語で表す一般的なフレーズですが、海外では「いらっしゃいませ」の代わりにも使われています。高級デパートの化粧品カウンター等でこれを接客に使う場合は、例文の後に”ma’am”(女性への敬称)、”sir”(男性への敬称)を付けると、洗練された雰囲気になるのでオススメです。

Hello, how are you today, ma’am?
(こんにちは。ご機嫌いかがですか?)

Hello, welcome to ○○.

こんにちは。○○(お店の名前)へようこそ。

海外で「いらっしゃいませ」の代わりに使われる、もう一つの表現。お店にもよりますが、外国でも店員さんが元気よくこのフレーズを言って迎えてくれたりします。

○○の部分に、働いているお店や化粧品ブランドの名前を入れて使いましょう。とびっきりの笑顔で伝えられると、相手も安心してお店に入れると思いますよ!

Hello, welcome to ○○. How are you today?
(こんにちは。○○へようこそ。ご機嫌いかがですか?)

スポンサーリンク

店内でお客様に話しかける時に使えるフレーズ

s_206625799
続いては、お客様とのコミュニケーションを始めるための「話しかける」フレーズ!最初はドキドキするかもしれませんが、以下のフレーズを参考に、思い切って会話をスタートさせてみましょう!日本語を話さないお客様にとっては、「言葉が通じる、良かった!」と喜ばれるはず!

Do you need any help?

何かご用はありませんか?

英語で”any help”=「何かの助け、サポート」という表現。海外のお店でもよく使われる接客フレーズの一つです。様子を伺うための声掛けとして使える便利な表現です。

A: Do you need any help?
(何かご用はありませんか?)
B: No, I’m just looking. Thanks.
(いいえ、見ているだけです。ありがとう。)

Is everything ok?

何か困ったことはありませんか?

先程と同じニュアンスで使える便利なフレーズ。例文の”Is everything ok?”をそのまま訳すと「全て大丈夫ですか?」となりますが、意味としては「困ったことはありませんか?何かお手伝いしましょうか?」になるので、接客に使えます。

お客様が化粧品を手に取ったり眺めたりする様子を見て、「何か困ってる?」「何か探してる?」とピン!と来たらぜひ使ってみましょう!!

A: Hello. Is everything ok?
(こんにちは。何か困ったことはありませんか?)
B: Hi, I’m actually looking for a mascara.
(こんにちは、実はマスカラを探しています。)

Please let me know if you need any help.

何かあったら、お声掛け下さいね。

英語で”let me know”は「知らせて下さい」という意味。その後に”if”(もし)という単語が入るので、「何かあったら、もし困ったら」と相手に伝える事が出来る接客のフレーズです。

お客様の中には、「自分のペースで化粧品を見たい」と思っている人もきっといますよね。でも、いざ何かサービスを受けたいと思った時に、この一言を先に伝えておく事で相手も話しかけやすくなると思います!

A: Do you need any help?
(何かご用はありませんか?)
B: I’m fine for now.
(今の所大丈夫です。)
A: Ok. Please let me know if you need any help.
(わかりました。何かあったら、お声かけ下さいね。)

Are you looking for anything particular?

何か特別にお探しの商品がありますか?

お客様が探している特定の化粧品について、ダイレクトに聞ける接客フレーズ。”Are you looking for~?”は「~を探していますか?」という「探す」の基本フレーズで、”anything particular”は「何か(anything)特別なもの(particular)」を表します。

A: Are you looking for anything particular?
(何か特別にお探しの商品がありますか?)
B: Yes. I want to buy some lipsticks for my friends.
(はい。友達に、いくつか口紅を買おうと思っています。)

スポンサーリンク

商品や肌の事について話すフレーズ

s_245514391
今度は、お客様が買いたいと思ってる化粧品について話す時に役立つ接客フレーズです。細かい内容を話さなくても、商品購入の参考になれば相手から十分に感謝されます。気持ちよく買い物をしてもらう為にも、一歩踏み込んだ表現を使って相手とコミュニケションしてみましょう!

This works great on dry / oily skin.

この商品は、乾燥肌/オイリー肌にとても良い効果があります。

英語で”works good on~”は「~に良い効果がある」という意味。実際に使う時は”good”(良い)でも大丈夫ですが、「とってもオススメ!」と強調したい時は例文のように”great”(とても良い)を使うと購入率も増えるかもしれません!

A: What’s this?
(これは何ですか?)
B: It’s  one of our best selling night creams. This works great on dry skin.
(これは当店で最も売れているナイトクリームです。この商品は、乾燥肌にとても良い効果があります。)

This is good for sensitive skin.

こちらは、敏感肌の方におすすめです。

“good for~”は英語で「~に良い」、「敏感肌」は”sensitive skin”と言います。化粧品でアレルギーが出たり肌が荒れてしまう事は、万国共通の女性の悩みです。もし相手が初めて使う化粧品に少し抵抗があれば、このような一言で商品の提案をしてあげてもいいですね!

A: I’m curious to use this, but I’ve never bought foreign products before.
(これを使うのに興味があるんだけど、外国製の化粧品を使った事がないんです。)
B: How about trying organic one? This is good for sensitive skin.
(オーガニックの商品を試してみてはいかがですか?こちらは、敏感肌の方におすすめです。)

This is our best selling product.

このお店で一番売れている商品です。

初めて立ち寄ったお店で、何を買っていいかわからないなんて事もありますよね! どれを購入するか迷っているお客様が居た時にはこの接客フレーズを使ってみましょう!

お土産で悩んでいる人へも使えますし、奥さんやガールフレンドに化粧品のプレゼントをしたいと思っている男性のお客様にも使えますよ!

A: I want to get something for my wife, but I have no idea what’s good!
(奥さんへ何か買いたいんだけど、何がいいのか全然わからないんだ!)
B: How about this one then? This is our best selling product.
(では、こちらはいかがでしょうか?このお店で一番売れている商品です。)

This is water-resistance.

この商品はウォータープルーフです。

汗や水に強い「ウォ―タ―プルーフ」の商品は、化粧品が好きな女性にとっては大事なアイテムですよね!英語では、ウォ―タ―プルーフの事を”water-resistance”と言います。

海外の女性には日常を忙しく過ごす人が多いので、1日崩れない化粧品はとても重宝されます。こういった情報が少しでもあると、より買い物がしやすくなるはず!!

A: I’m looking for a mascara that I can wear all day without touching up.
(一日中、化粧直しをせず使えるマスカラを探してます。)
B: Then you’ll love this one! This is water-resistance.
(それならこれを気に入って頂けると思います!この商品はウォ―タ―プルーフです。)

Do you like vivid color or subdued color?

明るい色が好きですか?それとも落ち着いた色が好きですか?

口紅やアイカラーを選ぶとき、明るい色や暗い色など大体の好みがわかると、アドバイスもしやすいですよね!カラーで選ぶ化粧品で悩んでいるお客様には、この接客フレーズを使いましょう!

英語で明るい鮮やかな色は”vivid color”と表現し、暗く落ち着いた色は”subdued color”と表現します。

A: These eye colors are beautiful! Can you select something for me?
(このアイカラー、どれも綺麗ね!どれか選んでもらえますか?)
B: Sure! Do you like vivid color or subdued color?
(もちろんです! 明るい色が好きですか?それとも落ち着いた色が好きですか?)

This color will match your skin tone / eyes.

この色は、あなたの肌の色/目の色とよく合いますよ。

国籍に問わず色々なお客様に使えそうな接客フレーズ!英語で「肌の色」=”skin tone”と言います。そして本来「目の色」=”eye color”ですが、この例文では最初に”color”という単語が入っているので最後は”eyes”だけで十分伝わります。

人種によって肌の色や目の色も様々ですよね!特に欧米などの外国では、化粧品のカラーが肌の色や目の色とあったものを好む女性が多いので、商品を買う際にきっと参考になるでしょう!

A: This color will match your skin tone. What do you think?
(この色は、お客様の肌の色によく合いますよ。いかがですか?)
B: I love it! I’ll take three of these then.
(それすごくいい!じゃあ、これを3つ買います。)

Would you like to apply it?

(その化粧品を)つけてみますか?

気になった化粧品を「実際に少し試してみませんか?」とたずねる便利な接客フレーズ!口紅など化粧品を試す際の英語には”apply”という単語がよく使われます。”try”(試す)を使っても良いのですが、”apply”(塗る、付ける)の方が美容部員らしい言い方ですよ!

ファンデーションも口紅も、見ただけでは似合うかどうか、わからない事がありますよね!どうせ買うなら、ちゃんと自分に合ったものを購入したいものです。メイク体験をするのも、日本でのステキな思い出になること間違いなし!

A: I’m thinking about buying this one, but I don’ t know if it suits me.
(これを買おうと思ってるんだけど、私に似合うかどうかわからないんです。)
B: Would you like to apply it?  I think it will help.
(つけてみますか?参考になると思いますよ。)

購入、会計の時に使えるフレーズ

s_287128394
最後は、商品購入/会計の際に使える接客のフレーズ!買い物が終わった後も、お客様に気持ちよく帰って頂けるように、いくつかの便利な表現を覚えておくと良いですよね。支払い方法からラッピングまで、実際に使えそうな言い回しを見てみましょう!

Would you like to pay with cash or credit card?

お支払いは現金でしょうか?カードでしょうか?

海外からの観光客は、クレジットカードを利用する人がほとんどだと思います。カード社会の国の人達は支払いの時に何も言わずカードを出すと思いますが、こちらから聞きたい時はこのフレーズを使ってみて!

ちなみに、英語で”credit card”は「クレディット カード」と発音するので是非覚えておきましょう。

A: Would you like to pay with cash or credit card?
(お支払いは現金でしょうか?カードでしょうか?)
B: Credit card, please.
(クレジットカードでお願いします。)

Is this someone’s present?

どなたかへのプレゼントですか?

日本では会計の時に「ご自宅用ですか?贈り物ですか?」とほとんど必ず聞きますよね!国にもよるとは思いますが、欧米ではこういったラッピングサービスの習慣がありません。なので、外国人に日本のお店のラッピングを見せると「素晴らしいパフォーマンス!」と絶賛される事があります。

もし海外のお客様が誰かのプレゼントで化粧品を買っていくのなら、日本のラッピングサービスは必ず感謝されると思いますよ!

A: Is this someone’s present?
(どなたかへのプレゼントですか?)
B: Yes, it’s for my mom’s birthday.
(はい、母への誕生日プレゼントです。)

Please enjoy the products.

どうぞ、商品を楽しんで下さいね!

新しい化粧品を買った時って、ワクワクしますよね!これは「楽しく化粧品を使って下さいね!」とお客様に伝えられる表現。外国に行くとネイティブの店員さんが、化粧品やコーヒーなど、買った人に対して”enjoy”(楽しんで!)という表現を使うのをよく耳にします。

フレンドリーだけど、例文のように”please”が付く事で丁寧な印象になるので、「お買い上げありがとうございました。」の代わりに使ってもokです。英語の接客フレーズとして覚えておくと、人と差が付きますよ!

A: Thank you for shopping with us. Please enjoy the products!
(お買い上げありがとうございました。どうぞ、商品を楽しんで下さいね!)
B: Yes I will! I can’t wait to try these!
(もちろん!使うのが楽しみです!)

Thank you. We hope to see you again.

ありがとうございました。またお会い出来る事を楽しみにしています。

化粧品のお買い物が終わって、帰るお客様への挨拶として使える接客フレーズ。旅行で日本に訪れる外国人観光客の方にとって、「また来て来て下さいね」の一言はきっと嬉しいと思います。気持ちよくお店を後にしてもらえるよう、とびきりの笑顔で伝えましょう!

A: Thank you. We hope to see you again.
(ありがとうございました。またお会い出来る事を楽しみにしています。)
B: Thank you! We’ll come back again!
(ありがとう!また来ます!)

おわりに

化粧品の接客に使えるフレーズ、参考になりましたか? 国に関係なく色々なお客様に使えるフレーズばかりなので、きっと役に立つと思います!

日本を訪れる海外からの観光客は、年々増えていますよね。質の良さやコストパフォーマンスを求めて、日本で「爆買い」していく人も本当に多いです。日本が誇る素晴らしい接客サービスを、英語でおもてなし出来るようになったら外国からのお客様もきっとたくさん増えるはず!ぜひ実践してみて下さい!

LINEで送る
Pocket