気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語「kind」の使い方!意味ごとの解説と例文でバッチリ身につける!

 

LINEで送る
Pocket

英語の”kind”にはいくつかの意味があり、使い方が異なります。

それぞれの意味で、どのように使い分けていけば良いのでしょうか?

今回は、英語”kind”の意味と使い方を例文を使って解説します!

スポンサーリンク


「kind」の意味&使い方

まずは、英語”kind”の意味と使い方について、ざっくりと解説しちゃいます!

“kind”という言葉には、「名詞」「形容詞」という2つの役割があるんです。

そして、それぞれの役割での意味は以下のようになります。

「名詞」    ⇒ 種類
「形容詞」親切な、優しい

「名詞」と「形容詞」で全く違う意味になるんですね。

そして、この”kind”には“kind of”という形での使い方があるのですが、これは英語の「形容詞句」の1つになります。「形容詞句」というのは、いくつかの言葉で構成され、形容詞のような役割をする言葉のことです。

その「形容詞句」としての”kind of”には、以下のような意味があります。

「形容詞句」
○○の種類
○○みたいな
ちょっと、なんとなく、どちらかと言えば

①は、「名詞」としての役割の”kind”の意味が含まれていますね。ところが、②と③の場合はニュアンスが違っています。

ちょっとややこしい感じがするかもしれませんが、しっかりとその使い方を理解していけば大丈夫です。

それでは、英語”kind”について、それぞれの意味ごとに詳しい使い方を見ていきましょう!

スポンサーリンク

「名詞」としての使い方

「種類」という意味

「名詞」として英語の”kind”を使うと、「種類」、「型」、「タイプ」などという意味になります。

例えば、以下のように使います。

John said he liked this kind.
(ジョンはこっちの種類が好きだって言ってたよ。)

You have a dog, right? What kind?
(犬飼ってるんだよね?どんな種類なの?)

ここまで紹介した使い方は、口語的な表現で、話の流れなどから「何の種類」か分かっているかという場合に使われるものです。

“kind”だけで「種類」を表現する以外に、「形容詞句」の”kind of”を使うことも出来ます。

実は、この”kind of”を使うケースの方が多く、学校でもこの形で習っているので、この形の方が親しみがある人が多いかもしれません。

その使い方については、「形容詞句」の項目で詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

「形容詞」としての使い方

「親切な」という意味

「形容詞」としての英語”kind”は、「親切な」「優しい」という意味です。

【「名詞」+「動詞」+”kind”】、または【”kind”+「名詞」】の形で使われます。

「形容詞」は「名詞」について説明する言葉ですから、「名詞」と共にこの”kind”を使うんですね。

例文をいくつか見てみましょう。まずは、【「名詞」+「動詞」+”kind”】の形です。

「○○は親切です」「〇〇は優しいです」ということを表現できますよ。

Fred is really kind. He has always help me.
(フレッドは本当に親切だよ。いっつも僕のこと助けてくれるんだ。)

次に【”kind”+「名詞」】の場合です。「親切な○○」「優しい○○」という意味になります。

Suzy is a kind woman, so we like her very much.
(スージーは優しい女性です。だから私たちは彼女のことがとても好きです。)

ちなみに、“Be kind to ○○.”とすると、「○○に親切にしなさい」とか「○○に優しくしなさい」という意味で使えます。

Be kind to people around you.
(周りに人に親切にしなさい。)

「形容詞句」としての使い方

「〇〇の種類」という意味

「形容詞句」の”kind of”という形で「○○の種類」という意味になります。

もしかしたら、この使い方になじみがあるという方が多いかもしれませんね。

“kind of”の後に入れられる言葉は「名詞」です。

例えば、「どんな音楽が聞くのか?」を尋ねる時には、以下のように聞くことが出来ますよ。

What kind of music do you often listen?
(どんなタイプの音楽をよく聞くの?)

もちろん、疑問文以外の形でも”kind”を「種類」という意味の「名詞」として使うことも可能です。

こんな風に言うことが出来ます。

He reads this kind of books.
(彼はこういう種類の本を読むよ。)

「○○みたいなもの」という意味

「形容詞句」である”kind of”に”a”がつくと、意味が少し変わります。

ハッキリとした種類を指すのではなく、「○○みたいなもの」という言い方ができるんです。

This isn’t exactly a dictionary, but it’s a kind of a dictionary.
(これは正確には辞書じゃないんだけど、辞書みたいなもんかな。)

「ちょっと」、「なんとなく」という意味

そして、「形容詞句」の”kind of”のもう1つの意味が「ちょっと」「なんとなく」です。

ハッキリと表現したくない時など、何かを曖昧な感じで言うことができます。

「○○の種類」の意味で”kind of”を使うときには、”of”の後ろは必ず「名詞」でした。

ですが、この使い方では“of”の後ろに「形容詞」を付けることもできます。

例えば、以下のような使い方です。

I’m kind of tired.
(なんだかちょっと疲れたな。)

She’s kind of arrogant.
(彼女ってちょっと傲慢よね。)

このように「形容詞句」である”kind of”ですが、「形容詞」の前に置くことができます。

その「形容詞」で表す状態を曖昧な感じで表現できるんです。

他には、何かを聞かれて、「まあそんな感じ」というハッキリとしない答え方をする時にも”kind of”を使うことができます。

A: Is she your teacher?
(彼女はあなたの先生なの?)
B: Kind of, although her actual job isn’t a teacher.
(まあそんなところ。実際の職業は先生ではないんだけど。)

おわりに

今回は、英語の”kind”の使い方について、例文を使いながら解説しました。いかがでしたか?

1つの言葉でありながら、役割が複数あり、しかもそれぞれの意味が違うんですね。

いろんなパターンの例文を使って練習しながら、”kind”の使い方をバッチリマスターしちゃいましょう!

ちなみに、以下の記事でも英語の”kind”について触れているので、ぜひ読んでみてくださいね。

kind/sort/typeの違いとは?英語で「種類」を表す言葉を徹底的に解説!

LINEで送る
Pocket