気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「きっと」の英語!希望や確信を伝える時の役立ちフレーズ6選!

 

LINEで送る
Pocket

先のことを考えた時に、希望や確信を持って「きっと〇〇だよ!」という言い方をすることありますよね。

では、英語でそのニュアンスを自然に表現するためには、どのような言い方をするのが良いのでしょうか?

今回は、希望や確信がある時に使える「きっと」の英語フレーズを紹介していきたいと思います!

I’m sure 〇〇.

きっと〇〇だよ。

よく使われる「きっと」の英語フレーズの1つ。シンプルで覚えやすいとっても便利な言い方ですね。

まず、「私は確かだと思う」というニュアンスを持つ”I’m sure”を文頭に置きます。

そして、確信している内容を続けることで「きっと〇〇だよ」と英語で言うことが出来るんです。

I’m sure you’ll pass the exam.
(きっとあなたは試験に合格出来るよ。)

I’m positive 〇〇.

きっと〇〇だよ。

この英語フレーズは、”I’m sure”を使うよりも、さらに強いニュアンスで「きっと」の気持ちを伝えられる言い方です。

英語の”positive”という単語には、「疑いようのない」とか「確かな」といった意味もあります。

その言葉を使い、”I’m positive 〇〇.”とすることで、「〇〇を疑いようがない」や「確かに〇〇だ」といったニュアンスを表現出来るんです。

I’m positive he loves you.
(きっと彼はあなたのことを愛してるわ。)

I have no doubt 〇〇.

きっと○○だよ。

こちらも、”I’m positive”と同様に、強めの希望や確信を表現する時に使います。

“I have no doubt”という言い方で「疑いを持っていない」とか「疑いようがない」というニュアンスになるんです。

「疑いがない」ということは、そのことが起こると自信をもって言えるということ。

つまり、「きっと〇〇だよ」という意味合いで使うことが出来ます。

I have no doubt she’ll be late again.
(あの子はきっとまた遅刻するよ。)

There is no doubt in my mind 〇〇.

きっと〇〇だよ。

こちらも”no doubt”という表現が入っている英語フレーズです。

“There is no doubt in my mind”の部分を直訳すると「私の心に疑いはない」となります。

その後の〇〇の部分に疑いを持っていない事柄や内容を入れると、「〇〇について私の心に疑いはない」という意味合いが表現出来るんです。

「心の中に疑いがない」と言うことで、「きっと〇〇だよ」という確信する気持ちを伝えられるってわけですね。

There is no doubt Alice and Bob are a perfect match.
(きっとアリスとボブは息が合うよ。)

It is likely 〇〇.

きっと〇〇だよ。

あることが起こる可能性が高いことを示しながら、自分の希望や確信を伝えられる言い方です。

英語の”likely”には「〇〇しそう」や「起こり得る」というような意味があります。

この”likely”が示す可能性というのは、かなり高めです。

なので、”likely”を使って「〇〇が起こりそう」というニュアンスを表現すると、「きっと〇〇だよ」という気持ちを表せるんです。

It is likely she will be promoted next year.
(来年にはきっと彼女は昇進しますよ。)

“most”や”very”といった副詞を使って言うことも出来ます。さらに強調した印象になりますね。
It is most likely she will be promoted next year.
It is very likely she will be promoted next year.

I bet 〇〇.

きっと〇〇だよ。

強い希望やゆるぎない確信を表現する時に、こちらの英語フレーズもおすすめです。

“bet”は「賭ける」という意味ですが、”I bet”で「賭けてもいいくらい確信している」という気持ちを表現することが出来ます。

もちろん実際に何かを賭けるわけではないですが、それくらい強い気持ちってことです。

「これは間違っていないだろう」という確信や「これは必ず起こる」という希望を言う時に使うといいですね。

I bet you’ll like his idea.
(きっとあなたは彼のアイデアを気に入るよ。)

スポンサーリンク


おわりに

今回は、希望や確信を伝える時の「きっと」の英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

同じ「きっと」でも、言葉に込めるニュアンスが少し違っていたり、使う言葉が全然違っていましたね。

まずは言いやすい表現から練習して、実際の会話の中でスムーズに使えるように準備しておきましょう!

LINEで送る
Pocket