気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「休憩」の英語!誘う時や休んでいる時間に使いたいフレーズ15選!

 

LINEで送る
Pocket

仕事中、ふと時計を見ると休み時間。

ちょっと休憩に一人で外に出ようかなぁと思ったり、同僚を誘ってコーヒーブレイクに行きたい、と思ったり。

でも、英語でなんて言ったらいいのだろう、と考えていたら、どんどん休み時間が減ってしまう!そんな経験、英語環境の仕事場では、よくあることです。

今回は、貴重な時間をフルに活かすために、休み時間に使える英語のフレーズをご紹介しますね。

スポンサーリンク


一人で休憩を取る

ここでは、単独で休み時間を取る時に使えるフレーズを見ていきましょう。

I’m going to take a short break.

ちょっと休憩を取ります。

“am going to 〇〇” の現在進行形で、「〇〇するつもりです」の意味です。 “take a short break” は直訳で「短い時間の休憩を取る」という意味ですが、ニュアンス的には「ちょっと休憩をとる」となります。

A: I’m going to take a short break.
(ちょっと休憩を取ります。)
B: Okay. Please don’t forget our one o’clock meeting.
( 分かりました。一時の会議、忘れないようにして下さいね。)

I’m going out to grab a coffee.

ちょっとコーヒーを買いに出ます。

休み時間に欠かせないコーヒー。ちょっと外に出て、コーヒーを買いに行きたい時に使いたい英語のフレーズです。 “grab” は「取る」や、「捕まえる」などを意味しますが、 “grab a coffee” で「取り急ぎコーヒーを買ってくる」というニュアンスが出て、「ちょっとコーヒーを買ってくる」の表現になります。

A: Where are you going?
(どこに行くのですか?)
B: I’m going out to grab a coffee.
(ちょっとコーヒーを買いに出ます。)

He stepped out for a smoke.

彼はタバコを吸いに、ちょっと外に出ています。

休み時間中の同僚がどこに行ったのか、と聞かれた時に使えるフレーズです。“step out” は「外出する」や「ちょっと出かける」を意味します。

A: Have you seen James?
(ジェームズ、見かけましたか?)
B: He stepped out for a smoke.
(彼はタバコを吸いに、ちょっと外に出ています。)

She’ll be back in 30 minutes.

彼女は30分後に戻って来ます。

休み時間中の同僚が、いつ仕事場に戻ってくるのかを伝えるフレーズです。 “back in 30 minutes” は「30分以内に戻ってくる」というニュアンスで、「30分後に戻ってくる」を表現します。

A: When is she coming back?
( 彼女はいつ戻って来ますか?)
B: She’ll be back in 30 minutes.
( 彼女は30分後に戻って来ます。)

スポンサーリンク

休憩に誘う

次は、同僚を休み時間に誘う時の英語のフレーズを見ていきましょう。

Would you like to step out for lunch?

ランチにちょっと出ませんか?

お昼休みに同僚を誘って、ちょっと気になるレストランでランチをしてみたい、なんて思った時に使えるフレーズです。

A: Would you like to step out for lunch?
( ランチにちょっと出ませんか?)
B: Sure! Where do you want to go?
( もちろん!どこに行きます?)

Do you want to take a quick coffee break?

コーヒーを飲みに、ちょっと休憩しませんか?

“Do you want to 〇〇?” で、カジュアルなお誘いになります。“a quick break” は「短い休み」という意味で、コーヒーを一杯飲むだけの短い休み時間を、同僚と一緒に過ごしたい時に使える英語のフレーズです。

A: Do you want to take a quick coffee break?
( コーヒーを飲みにちょっと休憩しませんか?)
B: Yeah! Just give me five minutes to finish this file.
( ええ!でもこのファイルを終わらせるのに5分待って下さい。)

I need a break. How about you?

私、休憩しないとダメです。あなたはどうです?

仕事の時間が長引いて、ちょっと息抜きをしたい、と思った時に使いたいフレーズです。 “need” は直訳で「必要」という意味で、ここでは「一息つかないと、これ以上仕事が出来ない」という感情を込めて、「〇〇しないとダメです」という表現になっています。 “How about you?” で、同僚も一緒に休み時間が必要かどうかを聞くことも出来るのです。

A: I need a break. How about you?
( 私、休憩しないとダメです。あなたはどう?)
B: Sure. Let’s go to the cafeteria.
( ええ。カフェテリアに行きましょう。)

スポンサーリンク

休憩中のフレーズ

次は休み時間中に使える英語のフレーズをいくつか見ていきましょう。

I’m taking a break at the moment.

ただ今、休憩中です。

自分が今、休み時間を取っているという事を伝えるフレーズです。 “at the moment” は英語で「現時点で」や「ただ今」という意味になります。

A: Are you working in your office now?
( 今、オフィスでお仕事中ですか?)
B: No. I’m taking a break at the moment.
( いいえ。ただ今、休憩中です。)

I’m on my break now.

私、今休憩中です。

このフレーズもまた、「自分が休み時間中だ」という事を相手に伝える英語の表現になります。

A: I’m on my break now.
( 私、今休憩中です。)
B: Do you want some tea?
( お茶飲みますか?)

It’s my lunch break.

私の昼休みの時間です。

“lunch break” は英語で昼休み。仕事中、昼食を取に行きたい時に使えるフレーズです。

A: It’s my lunch break.
( 私の昼休みの時間です。)
B: Is it that time already? Where are you going to eat?
( もうそんな時間?どこに食べに行くのですか?)

My break is almost over.

私の休み時間、もうすぐ終わります。

休み時間の終わり頃に使いたいフレーズです。 “almost” は直訳で、「ほとんど」や「大抵」の意味がありますが、ここでは「ほとんど終わり」のニュアンスで、「もうすぐ終わり」という表現になります。

A: Do you have time to have coffee with me?
( コーヒーを一緒に飲む時間ありますか?)
B: No. My break is almost over.
(いいえ。私の休み時間、もうすぐ終わります。)

I have to be back in 10 minutes.

10分後に戻らなくてはなりません。

「休み時間がもうすぐ終わりで、仕事に戻らなくてはならない」、という事を表現するフレーズです。 “in 10 minutes” の数字を変えて、 “in 15 minutes” 「15分後」、 “in 5 minutes” 「5分後」など、ご自分に合わせた時間で英語のフレーズを作ってみて下さい。

A: I have to be back in 10 minutes.
( 10分後に戻らなくてはなりません。)
B: Okay. Let’s finish our lunch quickly then.
( 分かりました。じゃぁ、早く昼食食べてしまいましょう。)

休憩の終わりに

休み時間終了。そんな時に「今から仕事に戻ります」、という意図を伝えるフレーズを見ていきましょう。

My break is over. Nice chatting with you.

私の休み時間、終わってしまいました。お話し出来て、楽しかったです。

休み時間中に、同僚と楽しく会話をした後に使いたいフレーズです。 “chat” は「雑談」や「おしゃべり」の意味があり、カジュアルな会話のことを表現する英語になります。

A: My break is over. Nice chatting with you.
( 私の休み時間、終わってしまいました。お話し出来て、楽しかったです。)
B: Same here.
( 私も楽しかったです。)

I have to go back to work.

仕事に戻らなくてはなりません。

同僚とコーヒーを飲んでいて、ふと気が付いたら休み時間終了。そんな時に、「行かなくては」ということを伝えるフレーズです。

A: What time is it?
( 今何時ですか?)
B: It’s 12:55. I have to go back to work.
( 12時55分です。仕事に戻らなくてはなりません。)

I should get back to my office.

オフィスに戻らなくてはなりません。

このフレーズも、休み時間が終わってしまったことを、相手に伝える表現になります。

A: I should get back to my office.
( オフィスに戻らなくてはなりません。)
B: I should be getting back as well.
( 私も戻らなくてはいけません。)

おわりに

英語環境の仕事場では、必要になってくる休憩時間の英語フレーズ。

貴重な時間を大切に使うためにも、いくつか使えそうな英語のフレーズを知っておくと、後で役に立つこと間違いなし!

仕事の休み時間、自分の環境や状況に合わせて、英語のフレーズで同僚と会話を楽しんで見て下さいね。

LINEで送る
Pocket