気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「猛暑」は英語で?連日続く暑い日を表すフレーズ6選!

 

LINEで送る
Pocket

英語で「猛暑」を表現したい時、みなさんだったらどんな風にいいますか?

「暑いは”hot”と言うのは知っているけど、猛暑ってどう言えばいいんだろう?」と疑問に思っている方は、結構多いんじゃないかなと思います。

今回は、「猛暑」を表現する時に使える英語フレーズを紹介していきますね!

スポンサーリンク


「猛暑」を表す言葉

まずは、フレーズを見ていく前に、「猛暑」という言葉そのものは英語でどんな風に言うのでしょうか?

実は、英語には「猛暑」をピッタリと訳す単語はなく、実に様々な言い方がされます。

その中のいくつかを紹介します。

brutal heat(容赦ない暑さ)

extreme heat(極端な暑さ)

intense heat(強烈な暑さ)

severe heat(厳しい暑さ)

scorching heat(焼けつくような暑さ)

それぞれの言葉の持つニュアンスは違いますが、いずれの場合も「ものすごい」とか「度を越えてる」の意味が込められています。

「猛暑」は「とにかく暑い」ことを指しますから、そのような言葉が使われているんですね。

そして、どの言い方でも共通していて、”heat”を使って表現しています。形容詞として「暑い」という時は”hot”がおなじみの言葉ですが、こんな風に名詞として表現する時は”heat”を使うんです。

それでは、そんな「猛暑」の日に使える便利フレーズを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ものすごく暑い!

「猛暑」の時は、とにかく暑いですよね。単に「暑い」という言葉では表現しきれません。それは、英語でも同じです。

では、一体どんな英語フレーズを使えば良いのでしょうか?役立つ表現を紹介します!

It’s extremely hot.

ものすごく暑いです。

“extremely”は「極端に」とか「きわめて」という意味を持つ英語なので、”very”よりも強調の度合いが強い感じがします。

「すごく暑い」と言う時に、強調表現の”very hot”という言い方をすることも出来ます。ただ、それでも足りない感じがするという時には、”extremely”という表現を使ったこのフレーズがおススメです。

It’s boiling hot.

うだるような暑さです。

“boiling”は「煮え立っている」とか「沸き返るように」というニュアンスを持つ言葉です。

「煮え立っているように暑い」というこのフレーズを使うことで、日本語の「うだるような暑さ」を表現することが出来ます。暑すぎて空気がぐつぐつ煮えてるような感じですね。

It’s baking hot.

焼けるように暑いです。

先ほどは「煮える」でしたが、こちらは「焼ける」です。このフレーズでの”baking”は、「パンやケーキを焼く」という意味の”bake”の形容詞形として使われています。

パンやケーキは、オーブンでジリジリと焼いていきますよね。

そのイメージが、「ジリジリと太陽の照り返しで暑い」、「太陽の光で肌がジリジリと焼かれている」などの様子にピッタリ合っています。

スポンサーリンク

猛暑が続いています!

猛暑というのは、その日限りというより、連日続くことが多いですよね。そんな時に「猛暑が続いています」と英語で伝えられる便利なフレーズを紹介していきます。

It has been ○○ hot recently.

このところ、ずっと〇〇な暑さです。

○○の部分には、上の「ものすごく暑い!」で紹介したフレーズの中から好きな表現を入れて使いましょう。「ある時点から今までずっと」というニュアンスを出すために、現在完了形で表現しています。

そして、「このところ」は「最近」と考えて、現在完了形と共に使うことのできる”recently”が使われているんですね。

例えば、こんな風に言うことが出来ます。

It has been extremely hot recently.
(このところ、ものすごく暑いです。)

It has been boiling hot recently.
(このところ、ずっとうだるような暑さです。)

It has been baking hot recently.
(このところ、ずっと焼けるように暑いです。)

もちろん○○の部分に何も入れず、シンプルに以下のように言うことも出来ますよ。
It has been hot recently.(このところ、ずっと暑いです。)

It has been ○○ hot every day.

毎日毎日〇〇な暑さです。

こちらも〇〇の部分には、「ものすごく暑い!」で紹介したフレーズの中の好きな表現を入れて使うことが出来ますよ。

こちらは、「毎日毎日ずっと暑い」という意味合いで、”recently”の代わりに”every day”を使っています。

It has been extremely hot every day.
(毎日毎日ものすごく暑いです。)

It has been boiling hot every day.
(毎日毎日ずっとうだるような暑さです。)

It has been baking hot every day.
(毎日毎日ずっと焼けるように暑いです。)

こちらのフレーズでも、シンプルに以下のように表現してもOKです。
It has been hot every day.(毎日毎日暑いです。)

A ○○ heat has been hitting Japan.

日本はずっと猛暑に見舞われています。

「猛暑に見舞われる日がずっと続いている」ということを伝えるのであれば、こちらもおすすめの英語フレーズ。

○○の部分には、最初の項目「猛暑を表す言葉」で紹介した言葉をどれでも入れて使うことが出来ます。

“hit+〇〇”は「〇〇を叩く」という意味のイメージが強いかもしれませんが、「〇〇を直撃する」という意味でも使うことが出来るんです。

「猛暑が日本をずっと直撃している」という直訳で、つまり「日本はずっと猛暑に見舞われている」という意味になります。

例えば、以下のように使いましょう。

A brutal heat has been hitting Japan.
(容赦ない暑さがずっと日本を襲っている。)

A scorching heat has been hitting Japan.
(日本は、ずっと焼けつくような暑さに見舞われている。)

おわりに

今回は「猛暑」の時に使える英語フレーズ紹介しました。いかがでしたか?「ものすごく暑いこと」を表現するのにも、様々な言い方が出来るんですね。

自分で気に入ったフレーズを見つけて、会話の中でたくさん使ってみましょう!

他に、「暑い」に関連した表現は以下の記事でも読むことが出来ますよ。

灼熱地獄!「暑い」を英語で言うには?使い分けたいフレーズ17選!

LINEで送る
Pocket