気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「なんで?」の英語表現!どうして?と尋ねる時の表現8選!

 

LINEで送る
Pocket

会話の中で「なんで?」と理由を聞きたくなる時ってありますよね?

興味本位で理由を知りたい時、聞いてもいいのか迷いながら理由を尋ねる時など、色々な状況で「どうして?」と聞きたい場合、英語ではどうやって表現すればいいのでしょう?

今回はシチュエーションによって使い分けたい「なんで?」の英語フレーズを紹介します! 

スポンサーリンク


定番の「なんで?」

まずは、様々なシチュエーションで使える基本の「なんで?」を紹介します!

Why?

なんで?

理由を聞く表現としては最もよく使われている英語フレーズなので、聞いたことがある人も多いのでは!?

年齢や性別、立場など関係なく、そして軽い気持ちで聞くときからシリアスに聞く時まで、どんな状況でも使うことができます。ぜひ使ってみてください!

A: I’m sorry but I can’t go to the movie tomorrow.
(ごめんね、でも明日映画に行けないや。)
B: Why?
(なんで?)
A: Because I have work.
(仕事になっちゃったから。)
B: That sucks.
(えー、最悪。)

How come?

どうして?

こちらも先ほど紹介した”Why?”と同様、年齢や性別、立場など関係なく、どんなシチュエーションでも使うことができる英語フレーズです。

どちらかというと口語でよく使われる表現です。ぜひその時の気分に合わせて使いわけてみましょう!

A: I need to go to the doctor.
(病院に行かなくっちゃ。)
B: How come? Are you OK?
(どうして?大丈夫?)
A: I’m ok, don’t worry.
(大丈夫だから、心配しないで。)

スポンサーリンク

興味津々の「なんで?」

次に好奇心から理由を聞きたい時の「なんで?」紹介します!

What makes you say so?

なんでそんなこと言うの?

この場合の”makes”は「○○させる」という意味で使われています。直訳すると「何がそう言わせてるの?」となり、「なんでそんなこと言うの?」というニュアンスになるんです。

会話の中で”What makes you ○○?”という表現はよく出てくるので、しっかり覚えてぜひ使ってみましょう!

A: I think I am running a fever.
(熱があるような気がするんだよね。)
B: What makes you say so?
(なんでそんなこと言うの?)
A: Because I feel cold.
(だって寒気がするからさ。)
B: I’m sorry to hear that.
(かわいそうに。)

What for?

なんのために?

ちょっとした会話の中で軽い気持ちで「どうして?」と聞きたい時によく使われる英語フレーズです。シリアスな会話の時にはあまり使われない表現なので気を付けましょう!

A: I’m planning to go to the States!
(アメリカに行こうと思ってるんだ!)
B: What for?
(なんのために?)
A: I want to study English.
(英語を勉強したいな、と思って。)
B: Sounds great! Good luck!
(いいじゃん!がんばって!)

What is the reason?

どうして?

先ほど紹介した”What for?”と同じようなニュアンスで使われますが、こちらの英語フレーズはシリアスな会話の中で「なんで?」と聞きたい時でも使うことができますので、ぜひ使ってみましょう!

A: I’m thinking of studying English more.
(もっと英語を勉強しようと思ってるんだ。)
B: What is the reason?
(どうして?)
A: Because I want to travel all over the world.
(だって世界中を旅したいからさ。)
A: That sounds awesome!
(すごいじゃん!)

スポンサーリンク

丁寧に聞く「なんで?」

最後に聞いたら失礼かな、と思いつつも理由を聞きたい時の「なんで?」を紹介します!

Is there any reason?

何か理由があるのかな?

この英語フレーズを使って「どうして?」と聞いた場合、理由を教えてくれる時もあれば、”Yes”、”No”だけで返答がある場合があります。

もし”Yes”、”No”だけの返答の場合、”What is that?”と言って更に理由を聞いてみても大丈夫です!ぜひ使ってみてください!

A: I have to go home soon.
(もうすぐ家に帰らなくっちゃ。)
B: Oh, ok. Is there any reason?
(あ、わかった。何か理由があるのかな?)
A: Yeah, my mom is visiting me.
(うん、お母さんが来るからさ。)
B: Cool.
(よかったじゃん。)

Can you tell me why?

どうしてか教えてくれる?

先ほど紹介した”Is there any reason?”より更に丁寧な英語フレーズです。例えば子供が何か悪いことをしてしまって怒る時によく耳にする表現でしょう。

丁寧にいう事によって「いつもと違う」と子供に認識させ、怒っていることをアピールするのは日本語でも同じですね!もちろん怒っていない時にただ理由を聞きたい時でも使える表現なので安心してください!

A: I couldn’t get my work done.
(仕事が終わらなかったんだ。)
B: Can you tell me why?
(どうしてか教えてくれる?)
A: Because I was very sick.
(すごく具合が悪くてさ。)

Can you explain?

説明してもらえるかな?

こちらも先ほど紹介した”Can you tell me why?”と同じぐらい丁寧な英語フレーズです。ただこちらは先ほどとは違って子供にはあまり使いません。上司が部下に理由を尋ねたい時に使われることが多い表現です。

A: I went to the head office today.
(今日本社に行ってきたんだ。)
B: What happened? Can you explain?
(どうして?説明してもらえるかな?)
A: I’m thinking of quitting my job.
(仕事をやめようと思っててさ。)

おわりに

いかがでしたか?「なんで?」と理由を尋ねるにはシチュエーションに応じてこんなにもたくさんの言い方ができるんですよね!みなさんも色々な表現を覚えてぜひ使い分けてみてください!

いつもと違う言い回しをすることで、相手にもみなさんの英語が上達しているのをアピールできますよ!

LINEで送る
Pocket