気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「懐かしい」の英語!思い出/記憶に残る作品を振り返るフレーズ12選

 

LINEで送る
Pocket

「あの頃が懐かしいなぁ。」
「懐かしい曲だなぁ。」

思い出や、あの頃聴いた曲やハマった映画って、いつまで経っても色褪せないものですよね。そんな青春を想起させるような瞬間に感じた気持ちを英語ではどう表現したらよいでしょうか?

今回は、そんな時に役に立つ「懐かしい」を中心とする英語フレーズをご紹介していきます!

スポンサーリンク


思い出を振り返る時

まずは、昔を思い出して「懐かしい!」と感じた時の英語フレーズを紹介していきます。

The good old days!

懐かしいなぁ!

“good old days”は、英語で「古き良き日々」。あの頃はよかったなぁと昔を振り返る瞬間に使いたい一言で、思い出話が盛り上がっている最中や、相手の話に同調する時に使います。

古き良き日々といっても、大昔のことではなく、学生時代のこと、数年前の旅行のこと、熱中したクラブ活動のことなど、懐かしく思うことはなんでもこのフレーズで表現できますよ。

A: Remember when we were all crazy about him?
(みんな彼に夢中だった頃のこと覚えてる?)
B: Oh the good old days!
(うわ懐かしいなぁ!)

It brings back memories.

懐かしい。

“brings back”は、英語で「戻ってくる」ことを表現しています。これを応用して、このフレーズでは、思い出が蘇ってくる様子を伝えているんです。

なにか特定の思い出ではないけれど、様々な思い出や懐かしいという気持ちが込み上げてくることを伝えたい時に使ってみてください。

A: This place hasn’t changed at all.
(この場所全然変わってないね。)
B: It brings back memories.
(懐かし〜。)

I miss the old days.

昔が懐かしいよ。

“I miss ◯◯”は、英語で「◯◯が恋しい」という意味です。あの頃に戻りたい、あの頃は恋しいという気持ちを表現しているんです。

A: I miss the old days.
(昔が懐かしいな。)
B: I miss the days when we didn’t have to worry about anything.
(悩みなんてなかった頃が恋しいよ。)

It reminds me of ◯◯.

◯◯の思い出が蘇るよ。

“remind”は「リマインド」でご存知の人も多いと思いますが、このフレーズで使われている “remind me of ◯◯”は「◯◯を彷彿させる」というニュアンスがあります。

思い出の景色を見たとき、昔よく聴いてた曲を聴いたとき、更には訪れたことはないはずの場所なのに懐かしく感じたときの気持ちを表すことができます。

A: This song, it reminds me of my days in school.
(この曲、学生時代の頃の思い出が蘇るよ。)
B: I think I had their CD.
(このCD持ってた気がする。)

We were so innocent back then.

あの頃は純粋だったよねぇ。

“innocent”という英語を直訳すると「無実」とか「潔白」を意味になりますが、カジュアルな会話の中では「純粋」とか「無知」という意味で使われます。

“back then”(あの頃)は純粋でピュアだったよね、というニュアンスの英語フレーズです。

A: You know, we were so innocent back then.
(ていうかさ、うちらあの頃は純粋だったよねぇ。)
B: We didn’t know a thing about life! I miss being a happy go lucky person.
(人生のことなんてなんにも分かってなかったからね!超ポジティブだった自分に戻りたいよ。)

Time flies.

時が経つのは早いなぁ。

「時間が飛ぶ」と直訳される意味そのままで、「時間が経つのは飛ぶように早い」ということを伝えています。思い出を振り返る時に使われる定番の英語フレーズです。

A: Time flies.
(時が経つのは早いなぁ。)
B: I know, don’t tell me graduating from high school was 5 years ago already.
(本当。高校卒業したのが5年前とか嘘でしょ。)

It feels like yesterday.

昨日のことのように感じるよ。

こちらのフレーズも、直訳の通りの意味なので分かりやすいですね。”feels like”(◯◯のように感じる)を使って、時間があっという間に感じたこと、思い出が昨日のことのように新鮮に感じることを表現しています。

A: It’s been 4 years since I got married.
(結婚してもう4年が経つよ。)
B: No way! Already? It feels like yesterday when you first brought him over to my place.
(まさか!もうそんなに?彼を最初に家に連れてきてくれたのが昨日のことのように感じるよ。)

Memories don’t fade.

思い出は色褪せないね。

“fade”は英語で、「薄れる」とか「消えていく」という意味。このフレーズでは、思い出は消えることがないことを伝えています。

A: I hope we can keep in touch.
(これからも変わらず連絡取り合えるといいな。)
B: Of course! We’ll have a reunion at some point. Don’t worry, memories don’t fade.
(もちろん!どっかで同窓会もやろうね。心配しないで、思い出は色褪せないよ。)

スポンサーリンク

あの頃の曲や映画を語る時 

続いて、懐かしい曲や映画などの作品が、今も色褪せないと伝える英語フレーズを紹介していきます。

It never gets old.

色褪せない。

「古くなることはない」と訳されるこちらの英語フレーズは、あの頃ハマった作品を語る上では外せない表現です!

例えば曲のことを話すのであれば、いつ聴いても「色褪せない」「新鮮だ」「時代にあっている 」「飽きない」など色んな意味で「古くない」ことを伝えることができます。

A: This song never gets old.
(このはいつ聴いても色褪せないな。)
B: The band is a legend.
(このバンドは伝説だよね。)

That movie is a classic.

あの映画は時代を超える名作だ。

“classic”は「クラシック」とか「古典的」という意味で使われることが多いですが、映画を語る時に “a classic”と言うと「時代を超える不朽の名作」という意味になります。

いつの時代も、どんな世代からも愛される映画と表現したい時はこの一言がおすすめです!

A: Home Alone was playing on TV last night and the next moment I realized I watched the whole thing.
(昨日テレビで「ホーム・アローン」がやってたんだけど、気づいたら全部見終わってた。)
B: That movie is a classic. Makes me want to watch every once in a while.
(あの映画は名作だよね。定期的に観たくなる。)

I used to listen to this song all the time.

あの頃いつもこの曲を聴いてたよ。

“used to ◯◯ all the time”は英語で、「いつも◯◯してたよ」という意味になります。昔よく聴いてた曲がたまたま出かけ先で流れた時など、「あ、この曲懐かしいなぁ」と言える英語フレーズです。

A: The song they’re playing right now, I used to listen to it all the time.
(いまかかってる曲、昔いつもこの曲を聴いてたよ。)
B: Me too! But I can’t recall the title…what was it?
(私も!でも、曲名が思い出せない…なんだっけ?)

This song takes me back in time.

この曲を聴くといつも昔に戻るんだ。

“takes me back in time”は英語で、「自分を過去に連れ戻してくれる」というニュアンス。懐かしい曲を聴いた瞬間、思い出がフラッシュバックしたり、当時の気持ちを思い出したりすることってありますよね。

そんな思い出深い曲について語るときの英語フレーズです。

A: This song takes me back in time.
(この曲を聴くといつも気持ちが昔に戻るんだよね。)
B: You make me want to go back in time, like literally!
(本気で過去に戻りたくなっちゃうじゃん!)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

普段は忘れていても、故郷を訪れた時、懐かしい匂いがした時、いつも聴いてた曲がながれた時など、ふとした瞬間にこそ、色んな思い出が込み上げてくるんですよね。そんな思い出や、思い入れのある作品を語る時の「懐かしい」を今回は紹介しました。

思い出話の場ではもちろん、自分が好きな曲や映画の作品を相手に紹介したい時に前置きとして、「この曲知ってる?実は昔よく聴いててさ。」という使い方も出来ますね。さっそく使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket