気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

≪英語講師AMO流≫オンライン英会話の復習!レッスン後にしたいこと!

 

LINEで送る
Pocket

s_26094028

みなさんはオンライン英会話のレッスンをどのように受けていますか?

ただレッスンを受けているだけ、という人がいたら、それはもったいない!より成果を上げるために、レッスンを受けた後に復習をすることが重要になってきます。

今回は、私AMOがオンライン英会話レッスンの復習の仕方について、おススメの方法を紹介します!

スポンサーリンク


「レッスン直後」にすること

s_185681909

オンライン英会話のレッスンを受けた後、すぐにレッスンのおさらいをしましょう。

記憶が新しいうちに復習をすることで、レッスンの内容がよりしっかりと身につきます。

レッスンで使った教材を見返す

これはオンライン英会話に限らず、全ての学習法に言える復習の基本ですね。その日に使った教材をもう1度確認しましょう。

書いてある英文を音読したり、分からなかった単語や表現をおさらいしたり、答えられなかった部分をも1度確認したり・・・方法はいろいろありますが、必ずレッスンで使った教材を見返してください。

そして、もしどうしても理解できない部分がある場合には、次のレッスンのときに質問できるように準備をしておきましょう。

チャットボックスを確認する

先生によっては、オンライン英会話のレッスン中に出てきた新しい単語や表現、または自分が間違ってしまった言葉などをスカイプのチャットボックスに入力してくれます。

全くしてくれない先生もいるのですが(苦笑)入力してくれる先生のレッスンを受けたときには、有効にそれを活用しない手はありません!

レッスンが終わった後に、必ずそれをチェックしてメモして、後で繰り返し確認できるようにしておきましょう。

先生からのフィードバックを見る

多くのオンライン英会話のレッスンでは、そのスクールのサイト上などで、レッスン後に先生がフィードッバックをしてくれています。

まずは、それを読んで自分のレッスンでの出来を確認しましょう。今後の学習に役立つアドバイスも書かれていることもあります。

さらに、このフィードバックを有効活用するために、先生が使っている表現の中に新しい表現があればメモしても良いですね。

オンライン英会話のレッスンの復習という面だけでなく、自分の中の表現や言葉のストックを増やすという面でも役立ちます。

録音したものを聞く

オンライン英会話のレッスンを受けているときは、聞いたり話したりすることで精一杯でメモを取る余裕がない、という人も結構いると思います。

先生がたくさん大切なことを教えてくれてる。でも、とてもじゃないけど、全部覚えていられない。レッスンが終わってから、思い出しながらメモしようと思ってもなかなか難しいですよね。

そんなときには、レッスンを録音しましょう。念のため、録音してよいかは、そのスクールや先生に確認を取って下さいね。

ダメだと言われたら、そこは潔く諦めてレッスン中に出来る範囲でメモを取るか、頑張って思い出しながらレッスン後にメモをしましょう。

録音が大丈夫な場合は、レッスン中は聞くこと話すことに集中して、レッスン後に録音したものを聞いて、じっくりおさらいしてくださいね。

ポイントを確認することもできますが、自分が話す英語がどんなものだったのか振り返ることもできます。

自分の発音のクセや文法的なミスなど、いろいろ発見できるので、次のレッスンに向けての改善点もメモしておくと良いですね。

スポンサーリンク

「次のレッスン前」にすること

s_360422249

次のオンライン英会話のレッスンを受ける前にも、前の内容をおさらいしておきましょう。

レッスン1時間前に30分間くらい復習をして、レッスン30分前からは予習にあてられるのが理想ですね。

あくまでも理想なので、自分のスケジュールに合わせて時間を調整すればOKです。

レッスンで使った教材を見返す

前回使った教材をもう1度改めて見直してみましょう。

受けた直後は覚えていたことも、少し感覚が空くと忘れてしまっているところもあるかもしれません。その場合は、きちんと調べなおして内容をクリアにしておきましょう。

逆に、レッスンとレッスンの間に他の英語学習をしたことで、前に分からなかった部分が分かるようになっているという可能性もあります。

前のレッスン直後に出た疑問点とあわせて、この時点で新たな疑問点が出た場合は、それらも一緒に質問できるように準備しておきましょう。

前回指摘されたことを確認する

前回のレッスンで、先生から発音や表現の仕方で指摘されたところがある場合は、それらもきちんと確認しておきましょう。

「なぜ指摘されたのか?」、「どういう風に直せばよかったのか?」などを改めてチェックして、練習の必要があれば音読したり紙に書いたりして、おさらいしておくと良いですね。

スポンサーリンク

「数日後」にすること

s_316160075

復習というのは1回2回だけで終わるものではありません。

何回も繰り返すことが大切です。さらに、だんだんとその間隔を空けていきながら、「本当に身についているのか」を確かめていくことが必要になってきます。

ある内容のオンライン英会話のレッスンを受けてから、数日後のおさらい方法についてです。

同じ内容を受ける

1回受けた内容を、もう1度受けてみましょう。

初めて受けたときと比べて、「自分がどれくらいできるようになっているか」や「できなかったことが改善されているか」などを確認するためです。

数日経って、前にできなかったことができていれば、きちんと自分の力がついたということが分かります。

逆に、前と同じことを指摘されたりするようであれば、まだまだ学習が足りていないということです。

自分の英語力がどういう状態かチェックするためにも、1度指摘を受けた内容をやってみましょう。

どんどん間隔を空けながら復習する

この項目の冒頭でも書きましたが、間隔を空けながら復習をすることで「本当に身についているか」を確認するということが必要になってきます。

毎日毎日同じことをやっていれば、嫌でも覚えてしまうものです。それは触れる回数がそれだけ多いから当然のこと。

ただ、本当の意味で「身についたか」どうか分かるのは、時間が空いてからなんです。

時間が空いても、スムーズに思い出したり使いこなせるようであれば、それは自分の力になっている証拠。

毎日復習していくということをある程度続けたら、その後は、3日後、1週間後、2週間後、1か月後、3カ月後・・・という風にだんだん間隔を空けて、オンライン英会話で学んだことを復習をしてみましょう。

個人差はあるかと思いますが、目安として1年後に復習してみてスムーズにできるようであれば、それは身になったと言っていいと思います。

おわりに

いかがでしたか?今回はオンライン英会話の復習法を紹介しました。

自宅にいて好きな時間に受けることのできる便利なオンライン英会話レッスン。毎日受けることができるものも多いですよね。

こんな便利でありがたい環境を無駄にしないためにも、ただただレッスンを受けるだけで満足せずに、きちんと自分の力に変えていきたいものです。

そのために自分に合った方法を見つけて、しっかりと復習をしていきましょう!

LINEで送る
Pocket