気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「最悪」を表す英語!嫌な気分を相手に伝えるフレーズ10選!

 

LINEで送る
Pocket

s_181519442
「ああ、最悪!」とか「あの人ってサイアク!」など、こういった気持ちを抱える事は、誰にでも経験がありますよね!出来れば楽しい気分で毎日を過ごしたいですが、時にはネガティブな感情を持つことだってあります!

今日は、「最悪」を表す英語フレーズのご紹介です。色んな表現を覚えて、英会話力を高めましょう!

スポンサーリンク


「最悪」の基本フレーズ

s_210394492
まずは、基本の英語フレーズからみていきましょう。「最悪」と感じた時に、誰に対しても、どんなシーンでも使える言い回しをピックアップしてみました!

It’s terrible.

ひどい。

「最悪」を表す定番の英語フレーズ!人がした嫌な事や、悪い出来事、悲しいニュースに対してなど幅広く使えます。

A: I broke your favorite tea cup this morning. Sorry.
(今朝、君のお気に入りのティーカップを割っちゃったんだ。ごめん。)
B: It’s terrible! You know how much I liked that cup!
(ひどい!あなた、私がどんなにあのカップを気に入ってたか知ってるくせに!)

It’s horrible.

(恐ろしく)ひどい

こちらも、「最悪」を表す定番フレーズ。先程の表現と似ていますが、こちらの”horrible”のほうが言葉にインパクトがあり最悪度がupするので、例文の日本語訳にあるように「恐ろしくひどい!」という時のみ使う事をオススメします。

A: Did you see the new film of World War Ⅱ?
(第二次世界大戦について描かれてる、新しい映画見た?)
B: Yes I did. It’s horrible how people used to kill each other like that.
(うん、見たよ。あんな風にお互いを殺し合ってたなんて、恐ろしくひどいよね。)

It’s awful.

(悲しいくらいに/不快感を伴う)ひどい。

上記の2つのフレーズと共に、「最悪」を表す英語としてよく使われるフレーズ。

英語の”awful”は色々な意味を含みますが、例文の日本語訳にあるように「悲しいくらいにひどい」や「不快感を伴うくらいにひどい」と、相手に対して同情する時、または不快感を示す表現の両方で使えます。

ニュアンスが異なる意味を持つこういった言い回しは、表情やジェスチャーを上手に使うと相手にスムーズに伝わりますよ!

A: Can you believe this? He wanted to break up with me the day before our wedding!
(信じられる? 結婚式前日に彼から別れたいって言ってきたの。)
B: It’s awful! I never heard anything like that.
(ひどいわね!そんな話、今まで聞いた事ないわよ。)

スポンサーリンク

相手や自分自身に対して「最悪」と感じた時のフレーズ

s_144026353
続いては自分や相手など、人に対しての「最悪!」という嫌な感情を表す英語フレーズです。人を責めたくなった時や自己嫌悪に陥った時など、日常会話でよく出て来る言い回しをまとめてみました!

She/He is disgusting.

彼女/彼ってむかつくよね。

「あの人、最悪=むかつく」と日本語でも表現する事があると思いますが、そんな時に使える英語の表現がコチラ。例文に出てくる”disgusting”は英語で「胸が気持ち悪くなる、不快感を覚える」といった意味を持ちます。

言葉としては強めのニュアンスになり、嫌悪感をストレートに表す事が出来ます。

A: I don’t wanna believe that my girlfriend was cheating on me.
(彼女が浮気してたなんて、信じたくないよ。)
B: Oh my god! She is disgusting!
(なんてことだ!彼女むかつくな!)

She/He is such a terrible person.

彼女/彼はなんてひどい人なんだろう。

「あの人、最悪だよね」という気持ちそのままを表すフレーズ。例文の”such”は「~のような、~な」を表し、”terrible person”は「ひどい人」という意味の英語です。

A: My husband used all of our savings without telling me!
(うちの旦那、私に内緒で貯金全部使っちゃったのよ!)
B: You’re kidding! He is such a terrible person.
(冗談でしょ!彼って、なんてひどい人なの。)

I screwed up.

私はとんでもない事をした。

“screw up”は英語で「めちゃくちゃな失敗をした、とんでもない事をした」とを表現するスラング。何かに失敗した時や、自分に対して「私って最悪!」と自己嫌悪に陥る事ってありますよね。そんな時にネイティブがよく使う言い回しです。

A: I screwed up! I erased all the files for tomorrow’s meeting!
(とんでもない事しちゃった!明日の会議に必要なファイルを全部消しちゃったの!)
B: Oh no! That’s awful.
(そんな!それはひどいわね。)

I messed up.

私は大失敗をした。

コチラも「私、最悪な事をした!」と表現出来る英語のスラング。”mess up”は英語で「めちゃくちゃにする、大失敗する」という意味を持ちます。

先程のフレーズもそうですが、こちらはスラングと言っても極端に汚い言葉ではないので、日常会話で自然に使えますよ!

A: How come you think I’ll get back with you. You hurt my feelings!
(どうして私があなたとやり直すって思えるの?あなたは私を傷つけたのよ!)
B: I know I messed up, but I still love you.
(僕は自分が大失敗をしたってわかってるよ、でもまだ君を愛してるんだ。)

スポンサーリンク

出来事に対して「最悪」と感じた時のフレーズ

s_100665064
最後は、ニュースや事件、悪い出来事などに対して「最悪」と感じた時に使える英語フレーズです。外国では、色々な物事に対して自分の意見を積極的にシェアする人が多いので、覚えておくとコミュニケーションに役立ちますよ!

It’s a nightmare.

悪夢みたいだ。

「ああ、こんな事が起こるなんて!」という嫌な気分を表す時によくネイティブが使う英語表現。”nightmare”(悪夢)という言葉を使って、「悪夢のように最悪な出来事」だと相手に伝える事が出来ます。

A: You look upset. Is everything alright?
(何だか、取り乱してるみたいだね。大丈夫?)
B: I just heard our company goes bankrupt. It’s a nightmare.
(会社が倒産するって、さっき聞いたんだ。悪夢みたいだよ。)

It’s a disaster.

めちゃくちゃだ。

“disaster”は英語で「大惨事、災害、災難」などの意味を持つ単語です。物事に対して、「災難や災害に例えられるくらい最悪」という気持ちを表現出来ます。

A: Hey, the chicken is burning in the oven!
(ちょっと、チキンがオーブンの中で焦げてるよ!)
B: Oh my god! It’s a disaster….!
(ああそんな!めちゃくちゃだわ…!)

This is the worst day of my life.

今日は、人生で最悪の日だ。

例文に出てくる”worst”は「最も悪い、最もひどい、最悪の」という意味の英語。時には起こった出来事に対して、「今まで生きてて、今日が一番最悪!」と感じてしまう事もありますよね。そんな気持ちをストレートに表現する英語の言い回しです。

A: I lost my job today! This is the worst day of my life!
(今日、仕事を失ってしまったよ!今日は、人生で最悪の日だ!)
B: Come on, cheer up! You’ll find another one soon!
(ちょっと、元気出して! すぐに別の仕事が見つかるよ!)

おわりに

「最悪」と感じた時に使える定番の表現やシーンに応じて使える言い回し、参考になったでしょうか? 嫌な感情はあまり長く持っていたくないものですが、言葉に出して表現する事で少し気が紛れる事もあると思います。

カンタンだな、使いやすいな、と思ったフレーズから、どんどん使ってみて下さいね!色んな感情を表現出来るようになると、英語のスキルがどんどんupしますよ!

LINEで送る
Pocket