気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「しんどい」の英語!精神的に/体がつらい時のフレーズ8選!

 

LINEで送る
Pocket

日常生活の中では、時に精神的に辛くなったり、時に体がヘトヘトになって、思わず「しんどい」と言いたくなることってありますよね。

では、「しんどい!」って英語でどんなふうに言えば良いのでしょうか?

今回は、精神的に辛い時や体が辛い時に使える「しんどい」の英語フレーズを紹介します!

スポンサーリンク


「精神的にしんどい」時

まずは、心が疲れてしまっている時、つまりメンタルがやられてしまってしんどい時に使える便利な英語フレーズを紹介します!

I’m mentally tired.

精神的に疲れた。

この英語フレーズは、心が疲れてしんどい時に使えるストレートな表現。シンプルな言い方ですね。

「疲れた」を意味する”I’m tired.”に、「精神的に」という意味の”mentally”を付け足すだけでOKです。

I’m tired of ○○.

○○でうんざりしている。

「疲れている」という意味で知られていることが多い”tired”ですが、この使い方をすると「うんざりしている」とか「飽きている」という意味になります。

精神的な疲れを表すイメージですね。「もう嫌だ」、「考えたくない」というようなニュアンスで使われるので、しんどいなと感じた時にもピッタリの表現です。

○○の部分には、「名詞」や「動名詞」を入れて使います。

I’m tired of her complaints.
(彼女の愚痴にはもううんざりだよ。)

I’m tired of taking care of my husband.
(夫の面倒を見るのはもう嫌。)

My mind is too busy focusing on ○○.

私の頭の中は○○でいっぱいです。

精神的にしんどい時には、何かをすることでたくさん時間を取られて、そのことで頭がいっぱいになってしまうものです。これは、そんな状況を表現した英語フレーズ。

英語の”mind”には「心」や「頭」という意味があり、”my mind is too busy”と言うと「心の中や頭の中が忙しすぎる」となり、つまり「いっぱいいっぱいの状態」ということを表現できるんです。

さらに、”busy focusing on ○○”とすると「○○に集中することでいっぱいっぱい」というニュアンスになります。何か1つのことに追われていて精神的に追い込まれている状態ですね。

“I’m tired of ○○”と同様に、このフレーズの○○にも「名詞」または「動名詞」を入れます。

My mind is too busy focusing on job hunting.
(就活のことで頭がいっぱいだよ。)

My mind is too busy focusing on preparing for our next event.
(次のイベントの準備のことで頭がいっぱいだよ。)

I’m not in the right frame of mind.

精神的に不安定です。

精神的に参っていて、物事をきちんと考えたり行ったりすることが出来ない時には、この英語フレーズでしんどい気持ちを伝えてみてもいいですね。

“the right frame of mind”で「正しい精神状態」という意味で、つまり「精神的に安定している状態」を示します。

そこに”I’m not in”をつければ、「私は正しい精神状態にいない」となり「精神的に安定していない」ということが伝えられるんです。

スポンサーリンク

「体がしんどい」時

続いては、体が疲れて辛い時に使う「しんどい」の英語フレーズを紹介していきます。

I’m feeling heavy.

体がだるい。

体がぐったりしてだるい感じがする時に使える言い方。「重い」という意味の”heavy”を使います。

疲れてしんどい時というのは体がずっしりと重たく感じるものですよね。その感覚は英語でも一緒です。

I’m under the weather.

体の調子が良くない。

こちらは面白い言い回しですね。”under the weather”という表現を使って、体の調子の悪さやしんどさを表現することが出来るんです。

「天気の下で」という表現でどうして「体調が悪い」となるのでしょうか?実は、”weather”には「天気」だけでなく、その中でも「悪天候」を指す意味もあるんです。

この英語フレーズではそのニュアンスを使っていると言われています。つまり、この言い方では「悪天候の下で」ってことなんです。

悪天候になると海が荒れて船が揺れますよね。そして、船が揺れることで酔ってしまい気分が悪くなってしまう。そんな状況から生まれた言葉のようです。

I don’t want to move any more.

これ以上動きたくない。

体が疲れてしんどい時というのは、一歩も動きたくないという気持ちになりますよね。それを表現することで「しんどい」を伝える英語フレーズです。

“I don’t want to move.”だけで「動きたくない」ということを伝えられますが、そこに”any more”を付けることで「もうこれ以上」というニュアンスを表現できます。

I feel completely drained of all energy.

全ての力を使いきってヘトヘトだよ。

体力を全部使いきって疲れた時に使えるのが、このフレーズです。

“drained of ○○”には「枯らす」とか「徐々に消耗させる」という意味があります。溜まっていたものなどがなくなってしまうようなイメージですね。

“completely”を使うと「完全に」とか「すっかり」というニュアンスが加わり、「使い切ってしまった」という意味合いを表現できますよ。

そんなわけで、この表現を直訳すると「全ての力を使いきったと感じる」となり、つまりは「全ての力を使いきってヘトヘト」ということになるんですね。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、精神的に辛い時や体が疲れた時に使える「しんどい」の英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

それぞれの状況で色々な言葉を使って表現することが出来るんですね。ついつい、いつも”I’m tired.”を使ってしまうという人は、ぜひここで紹介したフレーズを練習して使ってみてくださいね!

その他、体の調子が良くない時、心が落ち込んでいる時に使える英語フレーズはこちらの記事でも確認してみてください!

「体調が悪い」を伝える英語!症状別に使えるフレーズ12選!

「具合が悪い」時の英語!体調不良で使えるお役立ちフレーズ15選!

「苦しい」の英語!例文で紹介する状況別フレーズ14選!

悲しい時の英語表現!嘆きや落胆を表現するフレーズ10選!

LINEで送る
Pocket