気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「涼しい」の英語!天気がひんやりしている時のフレーズ13選!

 

LINEで送る
Pocket

ちょっと今日は涼しいな、ひんやりしていて過ごしやすいな、そんな時、皆さんはどんな風に英語で言いますか?

今回は、天気がひんやりとしている時に使える、便利な英語フレーズを紹介したいと思います!

スポンサーリンク


涼しい!

 まずは、「涼しい」を表現出来る色々な英語フレーズを紹介します!

It’s cool.

涼しいね。

1番シンプルに「涼しい」を表現出来る英語フレーズですね。

多くの人がすでにご存じの言葉かと思いますが、「涼しい」を表現するのであれば、これだけでも大丈夫です。

It’s cool today.
(今日は涼しいね。)

“cool”を使って「涼しい」を伝える場合、”It’s cool.”以外に以下のように表現する方法もあります。
It’s a cool day.(涼しい日だね。)
It’s a cool morning.(涼しい朝だね。)
It’s cool air.(涼しい空気だね。)

ちなみに、”day”と”morning”は可算名詞なので、冠詞の”a”を付けて表現する必要があります。

It’s getting cooler.

涼しくなってきてるね。

この英語フレーズは、数日前などと比べて気温が低くなってきたなと感じる時などに使えます。

“It’s getting ○○.”で「〇〇になっている」という意味です。

そして、〇〇の部分に「より涼しい」を意味する”cool”の比較級”cooler”を入れることで、「(前と比べて)より涼しくなっている」ということを言えます。

It’s getting cooler lately.
(最近涼しくなってきてるね。)

It’s getting cooler and cooler.

だんだん涼しくなってきているね。

こちらは”It’s getting cooler.”と同じ感じですが、さらに”and cooler”と加えることで、さらに「だんだん」というニュアンスを加えることが出来ます。

徐々に涼しくなっていることを少し強調して表現したい場合は、この英語フレーズがおすすめです。

It’s getting cooler and cooler every day.
(毎日だんだん涼しくなってきているね。)

It’s coolish.

ちょっと涼しいね。

少し涼しさを感じるなと言う時には、”coolish”という言葉を使うことも出来ます。

“cool”で表現するよりも、涼しさの度合いがあまり強くない感じですね。

It’s coolish today.
(今日はちょっと涼しいね。)

It’s chilly.

ちょっと冷えるね。

この表現も天気がひんやりしていて涼しい時に使えるフレーズですが、ニュアンス的には「ちょっと冷える」とか「肌寒い」という感じです。

ちょっと風に当たると、ブルッと寒さを感じることもあるような涼しさの時に使えます。

It’s not so cold, but it’s chilly.
(そんなに寒くないけど、ちょっと冷えるね。)

It’s crisp.

すがすがしい天気だね。

「パリッとした」などの意味がある”crisp”ですが、「涼しい」を表現する時にも使うことが出来ます。

特に、天気が良く、空気が乾燥していて爽やかさを感じるような涼しさを表すことが出来るんです。

It’s crisp today.
(今日はすがすがしい日だね。)

こんな表現もできますね。
The air is crisp.(すがすがしい空気だね。)

スポンサーリンク

過ごしやすい!

涼しい日には「過ごしやすいな」と感じることも多いですよね。

続いては、天候が涼しくなってきて過ごしやすいと思った時に使える英語フレーズを紹介します!

It’s nice.

過ごしやすいね。

英語の”nice”という言葉は、天気が良い時に使える表現です。

気候が快適な時に使えるので、もちろん涼しくて過ごしやすい天気の時にも使うことが出来ます。

It’s nice today.
(今日は過ごしやすいね。)

“cool”とセットで、以下のように言う場合も多いです。
It’s nice and cool.(涼しくて過ごしやすいね。)

It’s pleasant.

過ごしやすいね。

英語の”pleasant”には「楽しい」とか「愉快な」という意味がありますが、他に「心地よい」とか「過ごしやすい」という意味もあります。

なので、天気が涼しく気持ちいいなと感じた時に使い、「過ごしやすい」とか「心地よい」を表現することも出来るんです。

It’s pleasant today.
(今日は過ごしやすいね。)

It’s comfortable.

過ごしやすいね。

「居心地がいい」とか「快適である」という意味を持つ”comfortable”を使って、「過ごしやすい」と伝える言い方です。

様々な物に対して「快適である」と表現出来ますが、天気に関しても使うことが出来るんですね。

It’s comfortable today.
(今日は過ごしやすいね。)

It’s getting nicer.

過ごしやすくなってきたね。

「涼しい」の項目に”It’s getting cooler.”という表現がありました、”nice”の比較級の”nicer”を使ったフレーズもあります。

このフレーズを使うと「(前と比べて)より過ごしやすくなってる」ということを伝えることが出来ますよ。

It’s getting nicer lately.
(最近過ごしやすくなってきてるね。)

It’s getting more pleasant/comfortable.

過ごしやすくなってきたね。

英語の”pleasant”や”comfortable”でも、比較級を使って「過ごしやすくなったね」と言うことが出来ます。

ただ、”cool”や”nice”のように、”er”を付ける比較級ではありません。どちらも”more”を使える比較級で、それぞれ”more pleasant”や”more comfortable”の形にします。

It’s getting more pleasant lately.
(最近過ごしやすくなってきてるね。)

It’s getting more comfortable lately.
(最近過ごしやすくなってきてるね。)

It’s getting nicer and nicer.

だんだん過ごしやすくなってきているね。

もう薄々気づいていらっしゃる方もいるかと思いますが、”nice”の比較級を使って、徐々に変化していることを強調する言い方が出来ます。

“cooler and cooler”と同じように、”nicer and nicer”と、比較級を重ねるだけでOKです。

It’s getting nicer and nicer every day.
(毎日だんだん過ごしやすくなってきているね。)

It’s getting more and more pleasant/comfortable.

だんだん過ごしやすくなってきているね。

こちらは、”more”を使って比較級を作る”pleasant”や”comfortable”を使って「だんだん過ごしやすくなっている」ことを表現する英語フレーズ。

“more”を重ねて”more and more”の形にしてから、”pleasant”や”comfortable”を続けます。

It’s getting more and more pleasant every day.
(毎日だんだん過ごしやすくなってきているね。)

It’s getting more and more comfortable every day.
(毎日だんだん過ごしやすくなってきているね。)

スポンサーリンク

おわりに

今回は、天気がひんやりしている時に使える「涼しい」の英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

「いつも”cool”しか言えなかったな」と感じていた方は、ぜひ今回紹介したフレーズを参考にして、表現の幅を広げていってくださいね。

「涼しい」や「過ごしやすい」以外にも、天気や気候に関するフレーズを以下の記事でも読むことが出来ますよ。

「寒い!」を英語で表現する!便利な使い分けフレーズ13選!

英語で天気を語る表現をマスター!日常会話に役立つフレーズ17選!

天気予報の英語表現!「晴れのち曇り」や「曇り時々雨」は何て言う?

「気持ちいい」の英語表現!お風呂/マッサージ/天気のフレーズ11選

LINEで送る
Pocket