気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語で天気を語る表現をマスター!日常会話に役立つフレーズ17選!

 

LINEで送る
Pocket

s_274030400

ちょっとした立ち話をする時に便利なトピックが「天気」。

みなさんは天気を表現する英語をどれくらい知っているでしょうか?
雨が降るという表現にも、雨の降り具合によって実は様々な言い方ができるのです。

今回はそんな日常会話に役立つ「天気を表す英語フレーズ」を紹介したいと思います!

スポンサーリンク


【気候】晴れ

s_199821224

It’s sunny today.

今日は晴れですね。

この表現では「今日」の天気を伝える現在形を使っています。

“sunny”とは”sun”(太陽)の英語からきている通り、「日のよく照る」「明るい」と言った意味があります。晴れ渡ったお天気の日にはこのフレーズを使いましょう!

他にもこんな言い方ができますね。
We have a sunny day today.(今日は天気が良いですね。)
It’s a sunny day today.(今日は天気が良いですね。)

It was clear yesterday.

昨日は快晴でしたね。

昨日の天気を語る時は、過去形を使いましょう。

“clear”とは雲や霧などがなく、澄み切って晴れ渡っている様子を指す英語です。気持ちのいい快晴の空だった時にピッタリ!

“clear”を使って別の言い方もできますよ。
It was a clear day yesterday.(昨日は快晴でした。)
We had a clear day yesterday.(昨日は快晴でした。)

It’s going to be fine tomorrow.

明日は晴れるみたいですよ。

明日の天気を話す時は、未来形を使いましょう。

なかなか気候を表す形容詞として”fine”がすぐに出て来た人はいないのでは?実は”fine”には「晴天の」「晴れた」という意味があります。レパートリーとして覚えておくといいですね!

“fine”を使った他の言い方がこちら。
It’s going to be a fine day tomorrow.(明日は晴れる予定です。)
We’re going to have a fine day tomorrow.(明日は晴れる予定です。)

It’s a fine day outside, isn’t it?

外すごく天気いいですよね。

最後に”isn’t it?”をつけることで相手に同意を求めるような英語表現になるので、会話を始めたい時に使うと便利!

It’s a fine day outside, isn’t it?
(外すごく天気がいいですよね。)
Yeah, we shouldn’t be working today. I wish I was at the beach.
(ねー、今日は働くべきじゃないよ。ビーチに行けたらなぁ。)

スポンサーリンク

【気候】曇り

s_163050257

It’s a little cloudy today.

今日は少し曇ってますね。

「曇り」の表現で一番よく知られているのが”cloudy”という形容詞ですね。こちらも”cloud”(雲)からきているので、とても覚えやすい!その”cloud”という名詞を使って曇りを表現することもできます。
There are going to be some clouds in the sky.(空に雲がかかります。)

そして実は曇っている度合いによって、別の英語フレーズが使えるんです!
It’s very dark outside.(外はかなり暗いです。)
It’s a gloomy day today.(今日はどんよりとしています。)
We’re going to have an overcast day today.(今日は空一面曇りの一日になる予定です。)

空の様子を見て、英語を使い分けたいですね!

It has been cloudy lately.

このところずっと曇りです。

「ここ最近ずっと曇りでいやだねー」というような会話をしたい時は、この英語フレーズを使いましょう!最近ずっと同じような天気を表す時は、現在完了形の文章にすればOK。

It has been cloudy lately.
(このところずっと曇ってるよね。)
I know. Oh, how I miss those sunny days.
(ほんとだよね。ああ、お天気のいい日がどれだけ恋しいか。)

現在完了形で他にもこんな言い方にトライ!
It has been a cloudy week.(この一週間はずっと曇りです。)

スポンサーリンク

【気候】雨

s_219337450

It rained yesterday.

昨日雨が降りました。

動詞を使って天気を表現することもできますよ!”rain”は「雨」という名詞でもありますが、「雨が降る」という動詞でもあります。雨が降っていることを伝える時は、比較的動詞を使うことが多いので是非覚えておきましょう!

動詞”rain”を使った、その他の英語フレーズ。
It was raining in the morning.(朝は雨が降っていました。)
It’s raining outside.(外は雨が降っています。)
It rained very hard last week.(先週はひどい雨でした。)

そして雨の度合いによって、使える動詞が他にもあるので紹介します!
It’s going to drizzle tomorrow.(明日は小雨が降ります。)
It was pouring when I came back from work.(仕事から帰った時には土砂降りでした。)

We had rain yesterday.

昨日は雨でした。

もちろん”rain”を名詞の形で使うこともできますよ!雨は数えられないものなので、冠詞(a)をつけないようにしましょう。

名詞”rain”を使った、その他の英語フレーズ。
We’re going to have some rain this weekend.(今週末は雨になります。)

それ以外の名詞を使った雨の英語表現もありますよ!
We’re going to have a drizzle tomorrow.(明日は小雨が降ります。)*drizzleは冠詞が必要!
We had some showers yesterday.(昨日は降ったりやんだりでした。)

Is it going to be rainy on Saturday?

土曜日は雨が降りますか?

週末に予定をいれているので、雨が降るかどうか気になるあなた。そんな時は形容詞の”rainy”(雨の)を疑問形にして、友達に天気を聞いてみよう!

Is it going to be rainy on Saturday?
(土曜日って雨降るかな?)
Yeah, I heard that it’s going to be drizzling in the morning.
(うん、朝だけ小雨が降るって聞いたよ。)

その他の形容詞を使って雨を表現する英語フレーズがこちら。
It’s a little showery outside. (外は少しだけ降っています。)
It’s drizzly outside.(外は小雨が降っています。)
It rained very hard last week.(先週はひどい雨でした。)

【気候】強い風/台風

s_291917123

It was very windy last night.

昨晩は風が強かったです。

“wind”(風)という名詞からきている”windy”(風が強い)というワードを使って、強風が吹く天気を表現することができます。風が強いだけで、雨が降っている状況はこの単語の意味に含まれていないので注意しましょう。

風の勢いが強く突風であることを強調したい場合は、”gusty”(突風の吹く)を使ってもいいですね。
It’s very gusty outside. (外はものすごい突風です。)

We had a stormy day yesterday.

昨日は嵐でした。

よくテレビの天気予報で”There will be a storm tomorrow.”(明日は嵐が来る予報です。)と表現されるのですが、その”storm”(嵐)を形容詞にしたのが、この”stormy”(嵐の/暴風雨の)という英語。ひどい荒れ模様の時に使いましょう!

How was your trip to Spain?
(スペインの旅行はどうだった?)
It was great! Although we had one stormy day, the hotel was absolutely gorgeous, so we didn’t really get bored staying there all day.
(よかったよ!一日だけ嵐だったんだけど、ホテルが素敵だったから一日中閉じこもってても飽きなかったよ。)

その他のひどいお天気を表す英語フレーズがこちら。
We had thunder and lightening all night. (夜通し雷と落雷が続きました。)
We were hit by a hurricane yesterday.(昨日台風が直撃しました。)*大西洋で発生するもの
We’re going to be hit by a typhoon this week.(今週台風が直撃します。)*太平洋で発生するもの

【気候】雪

s_214269079

It’s going to start snowing from 7pm.

午後7時から雪が降り始めます。

「雪」という意味の”snow”は、動詞としても使うことができます!”start 動詞ing”の形で表現すれば、天気の変化を伝えることができますね。便利な英語表現なので覚えておきましょう!

もちろん形容詞形の”snowy”(雪の降る)でも表現できますよ!
It was snowy yesterday.(昨日は雪が降っていました。)

I heard we would have some snow tomorrow.

明日雪が降るって聞いたんだけど。

確信は持てないけど「誰かが言ってた」「ニュースでそう言ってたような気がする」時は、”I heard 〇〇”という出だしを使うのが便利。これを言うことで、聞いてる人から「そうなの?晴れるって聞いたけど。」などの返事が期待できます!

I heard we would have some snow tomorrow.
(明日雪が降るって聞いたんだけど。)
Are you kidding me? It’s still November!
(冗談でしょ!まだ11月だよ!)

激しい雪の時は、こんな英語を使ってみましょう!
New York will be hit by a snowstorm today.(ニューヨークは今日吹雪に見舞われるでしょう。)
There will be a blizzard this weekend.(今週末は猛吹雪に見舞われるでしょう。)

【温度】暑い/寒い

s_136703756

It has been really hot this week.

今週はずっと暑いですね。

“hot”はもしかすると既に日本人の多くが使っている英語かもしれませんね。夏のように温度が高い日は、このワードで暑さを表現しましょう!

It has been really hot this week.
(今週ずっと暑いね。)
I’m melting. Wanna get some ice cream?
(もう溶けそうだよ。アイスクリームでも食べない?)

春のように気持ちよく暖かい時は”warm”を使いましょう。
It’s nice and warm today. (今日は暖かくで良い天気ですね。)

It was really cold last night.

昨晩はとても寒かったです。

“cold”は、「寒い」という意味の形容詞。よく”hot and cold”というようにセットにされるので、暑いの反対と覚えておきましょう!ちなみに”hot and cold”は英語で「コロコロ気分が変わる」ことを意味します。お天気のフレーズで人間の性格までも表現できてしまうんですね!

It was really cold last night.
(昨晩はすごい寒かったよ。)
You need an extra blanket for winter. 
(冬用にもう一枚ブランケットが必要ね。)

寒さを表現する英語フレーズは他にもありますよ。
It’s starting to get cool.(涼しくなり始めています。)
It’s chilly today.(今日はひんやりしています。)
It’s freezing in my room.(私の部屋は凍えるように寒いです。)

【湿度】湿度が高い/乾燥

s_170135855

It’s very humid here.

ここはすごいムシムシします。

“humid”は「湿気の多い」「湿度の高い」という意味の英語です。日本の梅雨や夏は特にこの言葉がピッタリ。外国人の友達に日本の気候を英語で説明する時は、この特徴を教えてあげるといいですね!

How is summer in Japan like?
(日本の夏ってどんな感じ?)
To be honest, I don’t like it. It’s very hot and humid here.
(正直あんまりすきじゃないの。ここは暑くてジメジメしてるよ。)

We have a dry morning today.

今朝は乾燥しています。

空気が乾燥している時は”dry”(乾燥した)という形容詞を使います。また、ある一定の場所が降水量の少ない場合も”dry area”(乾燥地域)という英語表現を使います。日本は冬が乾燥しているので、その時にピッタリですね!

We have a dry morning today.
(日本の夏ってどんな感じ?)
Don’t forget to hydrate yourself with water!
(水分をしっかりと取ることを忘れないでね!)

おわりに

いかがでしたか?

予想以上に天気を表現できる英語はたくさんあったかと思います。
「なかなか覚えきれない・・・!」と思った方は、まず名詞・動詞・形容詞が分かりやすく関連している単語から見ていくのがオススメ。(rain・rain・rainyなど)
ボキャブラリーを徐々に増やしていくことで、表現の幅はぐっと広がりますよ!
英語の天気予報を聞いてみるのも、良い練習ですね。

それでは今日もいい天気でありますように!

LINEで送る
Pocket