気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「ちょっといい?」英語で相手に少し時間をもらう時のフレーズ12選!

 

LINEで送る
Pocket

仕事やプライベートで「ちょっといい?」と時間をもらう事ってありますよね。

こういう時に感じ良く、だけど確実に相手に時間を作ってもらえる英語表現を知っていますか?

今回はにそんなシチュエーションで便利な「ちょっといい?」のフレーズを紹介します。

スポンサーリンク


「ほんの一瞬」時間をもらいたい時

ちょこっと確認したいことがある時に便利な「ちょっといい?」の英語フレーズを紹介します。

Do you have a minute?

ちょっといい?

直訳すると「1分持ってる?」なので、ほんのちょっとだけ話がしたい時に呼び止める時に使いたい英語での言い回しです。

この言い方をすれば、相手も長くならないことはわかっているので足を止めてくれやすいです。

A: Hey Josh, do you have a minute?
(ジョッシュ、ちょっといい?)
B: Sure, what’s up?
(あぁ、どうしたの?)

Are you busy now?

今忙しい?

「ちょっといい?」の言い方はいくつかありますが、相手の状況を確認しつつ時間が欲しいことを伝えるのにぴったりなのがこちらです。

電話をかけた時にも使えるので、覚えておくと便利な英語表現です。

A: Hey, I’ve been looking for you all day. Are you busy now?
(おい、1日中探してたんだよ。今忙しい?)
B: Yeah? I was out all day. What’s the matter?
(そうなの?今日は1日外回りだったんだ。どうした?)

Give me a minute.

ちょっと時間ください。

こちらも「1分ください。」なので、日本語の「ちょっといい?」と同じニュアンスで使えます。短い用件の時にさらりと使いたい英語表現です。

この呼び止め方でだらだら話してしまうと、次から話を聞いてもらえなくなるので気をつけましょう。

逆に少しだけ待って欲しい時や、準備の時間が欲しい時にも使えます。

A: Hey, we are going to start a meeting now!
(おい、会議始めるぞ!)
B: Ok, just give me a minute. I gotta go to the bathroom.
(わかりました、ちょっとだけ時間下さい。トイレ行ってきます。)

Can we talk now?

今話せる?

少しシリアスな雰囲気を出したい時にオススメな言い回しがこちらです。「ちょっといい?」と他の場所に呼び出すイメージです。

ビジネスシーン以外でも「気になる相手を呼び出して思いを伝える」なんて時に使える英語表現。相手もなんとなく大切な話だなと気づいてくれる言い方です。

A: Hey Emily, can we talk now?
(ねぇエミリー、今話せる?)
B: Sure. Are you okay? You look serious.
(もちろん。大丈夫?なんか思いつめた顔してるけど。)

Let me make sure.

確認させて。

相手の話を聞いた後、しばらく経ってからもう一度内容を確認したい時に便利な言い方。「確認したいんだけど、今ちょっといいかしら?」といったイメージです。

話を聞いた直後でもあやふやな部分がある場合は、同じ言い方で確認できます。

A: Mike, let me make sure about your project before the meeting.
(マイク、あなたの企画について会議の前に確認させて。)
B: Sure. What do you like to know?
(いいよ。何が知りたいの?)

スポンサーリンク

「ある程度」時間を作って欲しい時

きちんと話をしておきたいという時に、ある程度時間をもらえる「ちょっといい?」の英語フレーズをご紹介します。

Let’s get a cup of coffee.

コーヒーでも飲もうよ。

「ちょっといい?話さない?」というニュアンスです。「ちょっと、コーヒー1杯飲むくらいの時間いい?」と捉えておくとどれくらいの時間をもらえるか、想像ができますよね。

いきなりこれだけ言ってもお茶に誘っているだけになってしまうので、少し話していて長くなりそうな場合に使うと伝わります。

A: I’ve been thinking about a new project. I can’t sleep when I think about it!
(最近、新しいプロジェクトのことばっかり考えてるんだよ。考えてると眠れなくなるよ!)
B: Calm down, let’s get a cup of coffee. I’ll listen to you.
(落ち着けよ、コーヒーでも飲もうぜ。話聞くから。)

Do you wanna have lunch with me?

一緒にランチでもどう?

こちらもひとつ前の英語フレーズと似た感じです。

普段一緒にランチを食べない相手にお昼に誘われたら、「何か話があるんだな。」と思いますよね?

英語の場合も同じです。「ちょっとゆっくり話がしたいけどオフィスの中だと話しにくい」なんて時にも便利な言い回しです。

A: Great presentation today! Do you wanna have lunch with me?
(今日はいいプレゼンだったわよ!一緒にランチでもどう?)
B: Thank you. Sure, I’d love to!
(ありがとうございます。ぜひ!)

Can we have a small meeting?

ちょっとミーティングしない?

少人数でのミーティングや会議前の確認など、同僚や後輩に声をかける時に便利な「ちょっといい?」の声のかけ方です。

“Can we~?”は「〜できますか?」の意味ですが、カジュアルな会話でネイティブが本当によく使います。

「〜しない?」という意味を覚えておくと英語の幅がグンと広がりますよ。

A: I’m not really sure about your project. Can we have a small meeting?
(君のプロジェクトよくわからないんだけど、ちょっとミーティングしない?)
B: It would be great. It’s my first project, and I’m a little bit confused too.
(助かります。僕も初めてのプロジェクトで混乱しちゃって。)

Do you have some time this afternoon?

今日の午後ちょっと時間ある?

後で時間を作って欲しい時に使える英語フレーズがこちら。

「ちょっといい?今すぐじゃなくていいんだけど。」といったニュアンスです。

先に声をかけておくことで相手にも余裕ができるので、忙しい上司やあまり余裕のない後輩に時間を作ってもらいたい場合にぜひ使いたい英語表現です。

A: Rachel, do you have some time this afternoon?
(レイチェル、今日の午後ちょっと時間ある?)
B: Yes. I’ll be available after the meeting today.
(はい。会議の後なら大丈夫です。)

スポンサーリンク

「じっくり」時間をとりたい時

仕事場ではできない話をじっくりしたい時に便利な「ちょっといい?」フレーズの紹介です。

Do you wanna grab a beer?

ちょっと飲まない?

“grab a beer”で「ビールを飲む」という意味になります。

相手を軽く飲みに誘うことで、話し合いの時間を作りたい時にオススメです!「じっくり話したい」と誘うのはなかなか難しいので「今晩ちょっといい?」と、英語でさりげなく誘いましょう。

毎日一緒に飲む間柄じゃなければ、相手も「話があるんだな」と気づいてくれるはず。

A: Hey, do you wanna grab a beer? You’ve been working hard.
(ちょっと飲まない?最近がんばってるじゃない。)
B: I’d love to! Is it okay if I just finish this?
(行きたいです!これだけ終わらせちゃっていいですか?)

I need to sit down and talk with you.

じっくり話したいんだけど。

直訳すると「あなたと座って話をする必要がある」なので、立ち話ではなく「じっくりと話す時間を取りたい」という意味です。

その場で時間を取ることは難しくても、近いうちに「ちょっといいかな?◯◯についてじっくり話したいんだけど」という感じ。

A: Your project is fantastic! I need to sit down and talk with you.
(君のプロジェクトは素晴らしい。じっくり話しがしたいね。)
B: Thank you very much. Let me set the date for a dinner together very soon.
(ありがとうございます。近いうちに食事の席を持たせてください。)

Can you make some time for me?

少し時間作ってくれない?

“make time for”で「〜のために時間を作る」という意味になります。

直球で「私のために少し時間を作って」とお願いしているので、それなりの内容の時だけ使うのがオススメの英語表現です。

A: Hey Jane, I wanna tell you something. Can you make some time for me tonight?
(ジェーン、ちょっと話があるんだ。今夜時間作ってくれない?)
B:Sure, I can make time..Is everything okay?
(もちろん、時間は作れるけど…大丈夫?)

おわりに

上手に相手の時間をもらうのは、日本語でもなかなか難しいですよね。

状況によっては相手の気持ちを汲んだ上での対応が必要になるので、その時々に合った「ちょっといい?」を使い分けられると素敵です。

英語での使い分けをマスターして、気配り上手な大人になりましょう。

LINEで送る
Pocket