気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「ちょっと待って!」は英語で?ネイティブが使う表現12選!

 

LINEで送る
Pocket

実際に話している時や、電話で話している時、メールで話している時にちょっとその場を離れたい。そんな英語でどうやって言えばいいのだろう?と思ったことはありませんか?

今回はネイティブが使う「ちょっと待って!」の表現を紹介します!

スポンサーリンク


定番の「ちょっと待って!」

まずは様々なシチュエーションで使える定番の「ちょっと待って!」を紹介します!

Just a moment!

ちょっと待ってて!

相手を待たせる時に一番使われている英語フレーズです。”moment”とは「一瞬」という意味ですが、すぐに戻れない時でも使えるフレーズです。

逆に相手に”Just a moment”と言われ、「すぐ戻ってくるのかな。」と思って待っていたら、結構待たされた、なんてことも。ですから、”Just a moment”と言われたら気長に待ちましょう!

A: Bob! Can you come down stairs?
(ボブ!下に降りてきてくれる?)
B: Just a moment! I’m coming soon!
(ちょっと待ってて!すぐ行くから!)

Wait a moment!

待って!

この表現も先ほど紹介した”Just a moment”同様よく使われる英語フレーズですが、”Just a moment”に比べると少しカジュアルな言い方になります。

目上の人に使う時は避けた方がいいかもしれませんね。

A: Let’s go shopping!
(買い物に行こうよ!)
B: Wait a moment! I have to go to the bank first.
(ちょっと待って!最初に銀行に行かなくちゃ。)

One moment!

少し待ってて!

この表現を使うと「すぐ戻る」というニュアンスが含まれるので、本当に一瞬だけ待たせる時に使われることが多い英語フレーズです。

A: We have to leave soon! If we don’t, we will be late!
(もう行かなくっちゃ!そうしないと遅れちゃうよ!)
B: One moment!  I have to put my shoes on!
(少し待ってて!靴履かなくっちゃ!)

スポンサーリンク

軽い気持ちで「ちょっと待って!」

次に軽いノリでお願いする時の「ちょっと待った!」を紹介します!

Hold on!

待ってて!

友達や家族などカジュアルに話せる間柄の人との会話で一番よく使われている英語フレーズです。チャット中にその場を少し離れたい時にもよく使われています!

A: Can you bring me a glass of water please?
(お水持ってきてくれる?)
B: Hold on!
(待ってて!)

Give me a sec!

待って!

“Give me a sec” の”sec” とは”second”「秒」の省略した言い方です。英語にはこのように単語を省略して言う言い方が他にもたくさんあります。ぜひ使ってみましょう!

A: I thought we were off tomorrow.
(明日休みだと思ったけど。)
B: Give me a sec! Let me check our shift.
(待って!シフト確認させて。)

Wait up!

待ってて!

自分のペースに合わせてもらうために「待って!」と言う時は、”Wait up!”と言います。

A: What’s that? Let’s go and check!
(あれはなんだ?見に行ってみよう!)
B:Hey, wait up! I’m still eating!
(おい、待ってよ!まだ食べてるのに!)

スポンサーリンク

電話で「ちょっと待って!」

次に電話で使われる「ちょっと待って!」を紹介します!

Hang on!

切らないでくださいね!

この表現は電話限定の英語フレーズなので、電話以外の時に使わぬよう気を付けましょう!

A: Hello?
(もしもし?)
B: Hello. What can I help you?
(こんにちは。どのようなご用件でしょうか?)
A: Can I talk to Mr. Yamada?
(山田さんにかわってもらえますか?)
B: Ok. Hang on!
(わかりました。切らないでくださいね!)

考えたい時の「ちょっと待って!」

次に相手に何かをお願いされたけど、すぐに答えられない時の「ちょっと待って!」を紹介します!

Let me think about it!

考えさせて!

考えたい時に使う表現で一番使われている英語フレーズです。

A: Do you think you can give me a day off tomorrow?
(明日休ませてもらえるかな?)
B: Hmm, let me think about it!
(うーん、考えさせて!)

他にもこんな言い方がありますよ!
I’ll think about it!(考えてみるよ!)

Let me get this right!

考えさせて!

この表現は状況がよく理解できていないから理解するまで待ってて、という時に使われる表現です。ぜひ使ってみましょう!

A: Do you think we can go to eat Yakiniku for lunch?
(ランチに焼肉行けるかな?)
B: Let me get this right!
(考えさせて!)

Give me a break!

ちょっと待ってよ!

この表現は頼まれたことにうんざりしているという時に使う英語フレーズです。なのでこの表現を使う時はしっかり状況を見極めてから使いましょう!

A: Can you wake me up at 6 tomorrow again?
(明日も朝6時に起こしてくれる?)
B: Give me a break! I don’t want to wake up that early again!
(ちょっと待ってよ!またそんなに早く起きたくないよ!)

その場を離れたい時の「ちょっと待って!」


最後にその場を離れたい時の「ちょっと待って!」を紹介します!

I’ll be back!

すぐ戻るから!

その場を離れたい時の表現としては一番よく使われている英語フレーズです。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のターミネーターで出てくるセリフとしてよく知られているので聞いたことがある人も多いのでは?

A: Do you want another drink?
(もう一杯何か飲む?)
B: Yes, coffee please.
(うん、コーヒーお願い。)
A: Okay. I’ll be back!
(わかった。すぐ戻るから!)

Be right back!

すぐ戻るね!

先ほど紹介した”I’ll be back”をもう少しカジュアルにした言い方です。同じようなシチュエーションで使えるので、その時の気分で使い分けてみましょう!

A: I have to go to the restroom.
(トイレに行きたいんだ!)
B: I can wait for you.
(待ってるよ。)
A: Thank you. Be right back!
(ありがとう。すぐ戻るね!)

おわりに

いかがでしたか?一言で「ちょっと待って!」と言っても状況によって様々な言い方があり、

ネイティブもその状況によって色々使い分けているんですよ!みなさんも色々使ってみましょう!

LINEで送る
Pocket