気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語で「安い!」を伝える!cheap以外に使えるフレーズ10選!

 

LINEで送る
Pocket

s_138295520

「これ安かったの!」「安くなってたからつい買っちゃった!」お得なものを見たときって、思わずテンションが上がっちゃいますよね!でも、値段が安いって伝えるときは”cheap”でいいのかな?実は”cheap”以外にもたくさんの表現があるんです。

今回は「安い!」を伝える英語フレーズを紹介します!

スポンサーリンク


「安い!」「お得!」を伝えるフレーズ

s_121559485

「あれ?いつもより安い。」「これ安くなってたの。」と具体的な値段は伝えずに、その安さだけを言いたいときのはどんな風に言ったらよいでしょう?そんなときの英語フレーズを紹介します!

It’s cheaper than usual.

いつもより安い。

おなじみの表現”cheap”の比較級”cheaper”をつかったフレーズ。「いつもと比べて安い!」というときにピッタリです。

A: You bought a lot of vegetables, didn’t you?
(たくさん野菜買ったよね?)
B: Yes, they were cheaper than usual.
(うん、いつもより安かったんだ。)

It’s discounted.

割引になってる。

“be cheaper than usual”と同様にいつもと比べて安いことを表現しますが、こちらの方が少し丁寧な印象があります。

A: Wow! This skirt is discounted! I’ve wanted this.
(わあ!このスカート割引されてる!ずっと欲しかったんだ。)
B: Have you? It’s only 1000 yen! You should buy it.
(そうなんだ?たったの1000円じゃん!買いなよ。)

be in the sale

セールになってる。

単にセールになってることを伝えるのはもちろんですが、「安いからつい買っちゃった。」と必要ないものを買ってしまったときの言い訳にも使えます。

A: Why did you buy so many socks?
(なんでそんなにたくさん靴下買ったの?)
B: They were in the sale… but I bought too much.
(セールになってたから・・・でも買いすぎちゃったね。)

スポンサーリンク

「~割引!」「~%OFF!」を伝えるフレーズ

s_121560166

ただ安さを伝えるだけではなく「半額だった!」「1000円引きだった!」など、どのくらい安くなっていたのかを伝えるときもありますよね?そんなときに役立つ英語フレーズを紹介します!

I got ○○ half-price.

○○を半額で買った。

“half-price”で「半分の値段」を表現します。そのままですね(笑)「買った」というときは、”buy”(買う)の過去形を使った”I bought”だけでなく、このフレーズのように”get”(手に入れる)の過去形を使った”I got”も良く使われます。

A: I got these shoes half-price at that shoe store in my neighborhood.
(近所の靴屋でこの靴を半額で買ったんだ。)
B: How cool! I’ll go there next time.
(カッコイイね!今度そこ行ってみる。)

I got two for the price of one.

1つの値段で2つ/半額セールで買った。

普段は1枚が3000円なのに、今日は2枚で3000円になってる!(つまり半額ってこと。)ときどき、そんなセールが行われてることがありますよね。それを表現するのにピッタリなのはこのフレーズ!

A: Your new T-shirt is really nice!
(新しいシャツ、すごくいいね!)
B: Thanks. I got two for the price of one.
(ありがとう。半額だったから2枚買ったんだ。)

It is ○○% off.

○○%オフになってる。

シーズンの変わり目になると、洋服などのセールが行われていて「○○% off」の表示をたくさん目にしますよね。女性の好きな表示第1位?かもしれないこのフレーズは英語でも使うことができるんです!

A: Look! This dress is beautiful, isn’t it? It was 60% off.
(見て!このドレスキレイでしょ?60パーオフだったんだ。)
B: Really? Lucky you!
(本当?よかったね!)

It is reduced by ○○.

○○引きになってる。

こちらも「どれくらい割引されてるか」ということを表現します。”reduced”という英語には「減らされた」「削減された」という意味があります。買い物だけでなく、お給料などに関しても使われます。

A: How much was this sofa? It must have been expensive!
(このソファいくらだった?高かったでしょう!)
B: Not so much. Actually, it was reduced by 10000 yen.
(そんなに。実は10000円引きだったの。)

スポンサーリンク

「安くて嬉しい!」を伝えるフレーズ

s_191344820

「もっと高いと思ってた。」「あれ?こんなに安いの?」と自分が考えていたより値段が安いとき、どんな風に感じますか?嬉しさもあり驚きもありますよね。その気持ちを伝えたいときはどう言ったらいいでしょう?そんなときの英語フレーズを紹介します!

I thought it’d be more expensive.

もっと高いと思ってた。

高そうに見えたものが案外安かったとき、予想以上にお得だったときって嬉しいですよね!その気持ちをこの英語フレーズで伝えてみましょう!

A: This computer costs 80000 yen.
(こちらのパソコンは80000円になります。)
B: Oh, 80000 yen?I thought it’d be more expensive.
(え、80000円?もっと高いと思ってた。)

I’m happy with the price.

値段に満足している。

もしかしたら「高い」「安くない」と感じる人もいるかもしれないけど、自分としてはその値段に満足している気持ちを表現する英語です。

A: What do you think about the price of this second-hand car?
(この中古車の値段、どう思う?)
B: I’m happy with the price. How about you?
(満足してるよ。あなたは?)

That’s a good price.

いい値段です。

数字から判断するのではなく、個人の感覚として「安くていい値段。」と思ったときに役立つフレーズです。売る側の店員さんが商品を勧めるために使うことがあります。

A: This is a new items in this shop, and it’s 3000 yen.
(こちらはこのお店の新商品で、3000円になります。)
B: That’s a good price. I like it.
(いい値段ですね。気に入りました。)

おわりに

今回は「安い!」を伝える英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?単に「安い」とだけ伝えるのか、どれくらい安くなってかを伝える・・・など場面によって使う表現が変わります。上手く使い分けて使ってみましょう!

LINEで送る
Pocket