気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「酔う」は英語で?お酒/乗り物/自分に酔っている時の表現9選!

 

LINEで送る
Pocket

「お酒を飲んで酔っ払う」
「乗り物の揺れで気持ちが悪くなる」
「自己陶酔する」

こういう場面は日本語で全て「酔う」と表現できますよね。では英語にした時はどのように言えばいいのでしょうか?

今回はそんな「酔う」の英語フレーズをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク


お酒で酔っ払う時

まずは、お酒で酔う時の英語フレーズを見ていきましょう!

I’m a little tipsy.

ちょっと酔っちゃった。

“tipsy”は、少しだけ酔っている状態を表すことができる形容詞です。

日本語の「ほろ酔い」気分を表すのにぴったりの英語フレーズですので、ぜひ覚えてくださいね。

A: One more drink?
(もう一杯頼む?)
B: Yeah. I’m a little tipsy.
(うん。ちょっと酔っちゃった。)

I’m buzzed.

ちょっとまわってる。

“buzzed”は「ほろ酔いの」という意味の形容詞です。

お酒が少しまわり始めた、ほろ酔いのいい気分の時に使えます。

A: Are you drunk yet?
(もう酔っ払ったの?)
B: I’m buzzed.
(ちょっとまわってるよ。)

I’m pretty drunk.

私かなり酔ってるよ。

“drunk”は「酔っ払った」「酔った」という意味の形容詞です。

“drunk”だけでも、かなり酔っ払っている状態を表すことができますが、例文では「かなり」という意味の副詞”pretty”を使って、酔っ払っている状態を強調しています。

「飲む」という意味の“drink”が由来の言葉で、日本語でも「お酒に飲まれる」などと言いますから覚えやすいフレーズですね。

A: I’m pretty drunk.
(私かなり酔ってるよ。)
B: Come on. The night is still young.
(ほらほら。夜はまだこれからじゃん。)

He is so wasted.

彼ベロベロだね。

“wasted”は、お酒にかなり酔っている状態を表すことのできる英語の口語表現です。

“wasted”には「無駄な」「役に立たない」という意味があります。お酒に酔っ払って普通の状態ではなく全く使い物にならない状態、日本語で言うところの「ベロベロ」の状態にぴったりのフレーズです。

A: He is so wasted.
(彼ベロベロだね。)
B: It’s not like him.
(彼らしくないね。)

I got plastered last night.

昨日は泥酔しちゃったんだよね。

“plastered”は「酔っ払った」「泥酔した」状態を表すことのできる英語の口語表現です。

“plaster”は「打ちのめす」「完敗させる」という意味のある動詞で、”get plastered”を直訳すると「完全に打ちのめされた」となります。泥酔してノックアウトされたかのようにフラフラの状態の時にぴったりの英語フレーズです。

A: Don’t you remember what you told me? I can’t believe it.
(私に話したこと覚えてないの?信じらんない。)
B: Sorry. I got plastered last night.
(ごめん。昨日は泥酔しちゃったんだよね。)

スポンサーリンク

乗り物酔いする時

次は、車や船などの乗り物で酔う時の英語フレーズを見ていきましょう!

I got carsick.

車酔いしちゃった。

“get carsick”は、「乗り物酔いする」「車酔いする」という意味の英語フレーズです。

“sick”は、病気の時や気分が優れない時に使える表現ですよね。これに「車」=”car”を付け加えれば、車に酔って一時的に気持ちが悪いことを表すことができます。

A: You’re looking pale. Are you all right?
(顔が青ざめてるけど、大丈夫?)
B: I got carsick.
(車酔いしちゃった。)

船酔いの場合はこちら!
I got seasick.(船酔いしちゃった。)

I get motion sickness easily.

乗り物酔いしやすいんだ。

“motion sickness”は「乗り物酔い」という意味の英語です。

「動き」「揺れ」という意味の“motion”と、「病気」「吐き気」という意味の”sickness”をあわせれば「揺れによる吐き気」=「乗り物酔い」を表すことができます。

例文は、“easily”を付け加えて「簡単に乗り物酔いになる」=「乗り物酔いしやすい」という英語フレーズです。

A: Are you sure you don’t need a ride?
(本当に車で送って行かなくていいの?)
B: Yeah. I get motion sickness easily. Thanks anyway.
(うん、乗り物酔いしやすいんだ。でもありがとう。)

スポンサーリンク

自己陶酔する時

最後に、自己陶酔するという意味で「酔う」時の英語フレーズを見ていきましょう!

She’s so self-satisfied.

彼女は自分に酔っている。

“self-satisfied”は「自己満足の」「ひとりよがりの」という意味の形容詞です。

まわりの人の気持ちや評価などは全く気にせず、自分だけで満足しているひとりよがりの空気の読めないニュアンスを持っています。

A: She’s so self-satisfied. I don’t understand her.
(彼女自分に酔ってるよね。理解できないなあ。)
B: I understand what you mean. But, just leave her alone.
(言ってることはわかる。でも彼女なんか放っておきなよ。)

He’s so narcissistic.

彼は自分に酔っている。

“narcissistic”は「自己陶酔している」「自分に酔う」という意味の形容詞です。

日本語でも、自分のことが大好きで酔っている人のことを「ナルシスト」と言いますよね。その由来となっている英語”narcissist”の形容詞が”narcissistic”です。

ひとつだけ注意したいのが、日本語では「ナルシスト」と言いますが、英語の発音は「ナルシシスト」ですので、”narcissistic”も「ナルシシスティック」となります。

少し言いづらいですが、慣れてしまいましょう。

A: He’s always looking at himself in the mirror.
(彼っていつも鏡ばっかり見ているよね。)
B: I know. He’s so narcissistic.
(そうだよね。自分に酔ってるよ。)

おわりに

いかがでしたか?

今回は「酔う」の英語フレーズをご紹介しました!

お酒だけではなく、乗り物に酔う時や自己陶酔する時など、色々なものに酔う時について英語でも伝えることができるようになりましたね。ぜひ覚えて使い分けてみてください。

LINEで送る
Pocket