気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

会話を楽しむ!相槌を英語でかっこ良く!お役立ちフレーズ11選!

 

LINEで送る
Pocket

s_246844747

日本語で毎日よく使う相槌。「まさか!」「そうなの?」「マジで?」「いいね!」「ほらね?」英語でとっさに言えますか?

毎回「Yes」「No」「OK」「Really?」だけじゃつまらないですよね。英語でも相槌は簡単!短い!そして何と言っても何度も会話で使うからすぐに覚えられちゃいます。

バリエーション豊かな相槌を返せるだけで、英語上手、聞き上手になれます。スマートな相槌でワンランク上の英語を目指してみませんか。

スポンサーリンク


相手の話に同意するときの相槌

s_260139851
相槌は「ちゃんとあなたの話を聞いてますよ」というメッセージ。上手く相槌をうてば相手はもっと話したくなり会話はどんどん弾み英語の上達にも繋がります。

Sounds good

いいね

英語で「sound」は「~に聞こえる、~に思われる」という意味です。「Sounds good」で「いいね」という意味になり、「That sounds good」のThatが省略されている形になります。とてもよく使われる表現で「Sounds+形容詞」で応用が効き、知っておくととても便利なフレーズです。

Do you want some coffee?
コーヒー飲む?
Sounds good.
いいね

Sound+形容詞の応用編
Sounds great / Sounds nice.(いいね)
Sounds interesting.(面白そうだね)
Sounds yummy / delicious.(おいしそうだね)
Sounds strange.(なんか変だね)
Sounds complicated.(複雑そうだね)

You bet

もちろん

「You bet(もちろんだよ)」はかなりカジュアルな表現で友人同士の親しい間柄でよく使われます。「Of course」や「Sure」に置き換えることができます。この3つをまとめて覚えておくと同じフレーズを連続して使わなくて済みます。また「どういたしまして」という意味でも使われたりもしますよ。

Would it be ok with you to meet at 7pm in front of the station?
7時に駅前に待ち合わせで大丈夫かな?
You bet!
もちろん!

Thank you for your help.
手伝ってくれてありがとう。
You bet!
どういたしまして!

Got it

了解

「Got it」は「了解。分かりました。」という意味で「I got it」のIが省略されています。「I understand」と意味は同じですがもっとカジュアルな感じになります。ちなみに「You got it」もよく使われる表現ですので、違いを理解して「I got it」と合わせて覚えておくといいですね。

I’ll call you if I’m going to be late.
もし遅れるなら電話するよ。
Got it!
了解!

Can you put this letter in the mailbox for me?
この手紙を郵便ポストに投函してもらえる?
You got it.
オッケー、まかせて。

※I got it =(相手の言った事に対して)分かりました、了解しました。
※You got it =(相手の依頼や頼みごとを了承する時の)分かりました。

Could be

そうかもね

「could」は「can」の過去形として使われるだけでなく「もしかしたらそうかもしれない」と確信はないけれどそうなる可能性がある場合に用いられます。ちなみに「Can be」も同様に「そうかもね」という意味ですが、こちらはそうなる確率がかなり高い場合に使われます。

The restaurant might be busy because it’s Friday night tonight.
今日は金曜の夜だからお店混んでるかもしれないね。
Could be.
そうかもね。

スポンサーリンク

驚きを表すときに使える相槌

s_208706977

You mean it?

マジで?

英語で「mean」は「本気で言う」という意味です。「You mean it?」で「本気で言ってるの?」「マジで?」という意味になり、とてもよく使われる表現です。ドラマや映画を見ていて、必ずと言っていいほど耳にするフレーズなのではないでしょうか。日本語で「マジで!?」「マジだよ!」という会話を良く耳にしますが、英語だと「You mean it?」「I mean it!」となります。

Guess what! I won the lottery!
ねぇ、聞いてよ!宝くじが当たったんだ!
You mean it!?
マジで!?

I mean it! I got $1000! Can you believe it?
マジだよ!1000ドル当たったんだ!信じられるかい?
That’s awesome! Lucky you.
すごいじゃん!いいなぁ。

That’s awesome!

すごい!

Awesomeは元々「畏怖の念を起させる、荘厳な」という意味ですが、口語では「すごい!」「スゲー!」「すばらしい!」という意味でよく使われます。またThat’sを省略して「Awesome!」だけで使うこともしばしば。「Amazing」「Fantastic 」「Wonderful」「Great 」「Cool」などに置き換えることができます。

I passed the exam to enter college!
大学に受かったよ!
That’s awesome! Congratulation!
すごいじゃん!おめでとう!

No way!

うそー!まさか

英語でも日本語でもよく使うフレーズですね。とてもカジュアルな表現で強い驚きを表します。ただ、この「No way」は「絶対にダメ!」「冗談じゃない!」と強く否定したい時にも使われます。使う場面や人を間違えないように注意が必要です。

I’m going to be fifty soon.
もうすぐ50歳になります。
No way!
まさか!

Can you work on weekend? 
週末出勤できる?
No way!
絶対イヤ!
※絶対にだめ!冗談じゃない!の「No way」

Is that so?

そうなの?

軽い驚きを伴う表現。「Really?」や「Is that right?」にも置き換えることができます。「Really」よりも丁寧な言い方ですね。「Is that so?」に替えてみるだけで、グッとレベルアップするのが感じられます。

I’m moving to Osaka.
大阪に引っ越すんだ。
Is that so? When?
そうなの?いつ?

スポンサーリンク

その他よく使う相槌

s_276638252

See?

ほらね?

英語で「see」は見るという意味ですが、語尾を上げ調子で「See?」と言うと、相手の言ったことに対して「(言ったとおり)でしょ?」という意味になります。「You see?」とも言うこともできます。

※早く寝なさいと言ったのに夜更かしをした息子に対して

Son: Oh no! Is it that late? I overslept again!
息子:しまった!もうこんな時間?また寝坊した!
Mom: See? I told you.
母:ほらね?言ったとおりでしょ?

You’re kidding!

冗談でしょ?/嘘でしょ!?

すごくビックリした時に使われる表現ですね。「kid」=「子供」を連想する方が多いと思いますが、会話では「冗談を言う、からかう」という意味でも使われます。「Are you kidding?」や「You’re kidding me」、「No kidding」、「You’ve got to be kidding me」と様々なバリエーションに言い換えることができます。

I quit my job.
仕事辞めたんだ。
You’re kidding!
冗談でしょ!

Absolutely!

もちろん!/まったくその通り!

「Absolutely」は「完全に」「全く」「絶対的に」という意味で、相手の言ったことに対して強く同意や賛成をする時や「Yes」を強調したい時に使われます。またYesを「absolutely」の前や後ろにつけて言うこともあります。また「Not」つけて「Absolutely not!」と言うこともでき、相手が言ったことに対して強く反対する時やきっぱり断る時、「No」を強調したいときに使われます。どちらもよく使う表現です。覚えておきたいですね。

Ready to start?
準備はいいかい?
Yes, absolutely! / Absolutely yes!
はい、もちろん!

Can I park my car over there?
あそこに車止めてもいい?
No! Absolutely not!
絶対にダメ!

おわりに

表現様々な相槌をご紹介しましたが、相槌を打つための一番大切なポイントはとっさに言えるかどうかです。相手の話に対して瞬時に言えるようになるためには日頃から何度も口に出して練習することに限ります。日常生活の中で「こんな時は英語でなんて言うのか?」を考え、実際に口に出して練習してみるといいかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket