気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「あっという間」を英語で!時間が過ぎるのが早い時の表現12選!

 

LINEで送る
Pocket

s_115952875

早く過ぎてしまう時間は色々とありますよね。楽しい時間や、大人になってからの1年など・・・そんな時、あなたは英語でどう言いますか?

今までは知らなくても、この記事を読めば大丈夫!今回は時間が過ぎるのが早い時に使える「あっという間」の英語表現を紹介しますよ。

スポンサーリンク


実際に短かった場合

s_244918177

早く感じたというよりも本当に短くて、「えっ?もう終わり?」って思う事ってありませんか?

ここではそんな「あっという間」に終わってしまった時にピッタリな英語のフレーズを紹介しますね。

That was quick.

早かったね。

“quick”は英語で「時間が短い」という意味です。例えば、短い電話や待ち時間など、思っていたよりも早く終わってしまった時に使える「あっという間」のフレーズです。

A: That was quick. I thought I had to wait longer.
(早かったね。もっと待つのかと思ったよ。)
B: I was the first one to see the doctor because there was no one else waiting.
(他に待っている人が居なかったから、私が最初にお医者さんに診てもらったの。)

他にもこんな英語表現が。
That was fast.(早かったね。)

It finished in the blink of an eye.

それはあっという間に終わった。

“the blink of an eye”は英語で「目のまばたき」という意味ですので、このフレーズを直訳すると「瞬きしている間に終わった」という事になります。

何かがとっても早く終わってしまった時に使うといいですね。

A: The flowers were blooming in my garden but it finished in the blink of an eye.
(庭に花が咲いていたのにあっという間に終わっちゃった。)
B: It must be due to the storms we had last week.
(それは先週の嵐のせいだろうね。)

他にもこんな英語表現が。
It was over in the blink of an eye.(それはあっという間に終わった。)

Is it over already?

もう終わったの?

このフレーズで使われている“over”は英語で「終わった」という意味なんですよ。想像していたよりも早く済んで驚いた時に使ってくださいね。

A: Just relax. It’s not going to hurt much. Done!
(リラックスして。そんなに痛くないから。はい終わり!)
B: Is it over already? You are good at giving needles.
(もう終わったの?あなたは注射するのが上手だね。)

It’s too short.

それは短すぎる。

“too”を形容詞の前に付けると「○○すぎる」という意味になるんですよ。何かの時間がすごく短くて「あっという間だ」と思った場合に使えるフレーズですよ。

A: I broke up with Natalie.
(ナタリーと別れたんだ。)
B: I thought you only started to go out with her last months! It’s too short.
(先月に彼女と付き合い始めたばかりじゃないか!それは短すぎるよ。)

スポンサーリンク

楽しい時間が短く感じた場合

s_133718012

すごく楽しくて満喫している時って時間が早く過ぎちゃいますよね・・・少し残念です。

こんな時に言える「あっという間」の英語表現をここで紹介しますね。

Time flies.

時間はあっという間に過ぎる。

“flies”は“fly”の三人称単数現在で、英語で「飛ぶ」という意味です。でも、“time”の後に付くと「時が経つのは早い」という事になるんですよ。

時間がすごく早く過ぎたと思った時に言いましょう。

A: We are going back home today.
(今日家に帰るからね。)
B: Time flies when you are having fun. I don’t want to leave yet!
(楽しい時間はあっという間に過ぎるね。私はまだ家に帰りたくないよ。)

Time passed by in a blink.

時間はあっという間に過ぎた。

“passed by”は英語で「過ぎ去った」という意味なんですよ。そして、先ほど紹介したように“in a blink”は直訳で「瞬きしている間」ということになります。

楽しい時間があまりにも早く過ぎてしまった時に言ってみてくださいね。

A: We should pack up soon.
(もうそろそろ片づけたほうがいいね。)
B: I had so much fun today but time passed by in a blink.
(今日はよく楽しんだけど時間はあっという間に過ぎちゃったな。)

The hours flew by without notice.

気が付かないうちに時間が過ぎた。

“flew”は先ほど紹介した“fly”の過去形なんですよ。“without notice”は「気が付かずに」という意味になります。

あっという間に楽しい時間が過ぎたと思った時にピッタリなフレーズですよ。

A: Is it already midnight? The hours flew by without notice.
(もう夜中の12時?気が付かないうちに時間が過ぎちゃったよ。)
B: It means you had fun!
(それは君が楽しんだってことだね。)

スポンサーリンク

1年が短く感じた場合

s_256060474

大人になっていくと段々と1年が早く過ぎるように感じますよね。「えっ、もうあれから○年たったの?」なんて思うこともありませんか?

ここではそんな時に使える「あっという間」の英語表現を紹介しますね。

Is it already ○○?

もう○○なの?

“already”は英語で「もう」という意味になります。○○には曜日や月そして季節などの時を表す言葉を入れて使えますよ。

例えば、”Sunday”(日曜日)や”November”(11月)や”Christmas”(クリスマス)などを空欄に入れてこのフレーズを言ってくださいね。

A: Is it already June? I thought New Year was not long ago.
(もう6月なの?この前お正月だったばかりな気がするよ。)
B: We are getting old.
(私たちもだんだんと歳をとっているんだね。)

I can’t believe it’s already ○○.

もう○○だなんて信じられないよ。

“I can’t believe”とは英語で「信じられない」という意味です。空欄には時を表す言葉を入れてくださいね。

例えば、“five o’clock”(5時)や“August”(8月)や“the end of the year”(1年の終わり)などを入れて使うことができますよ。

A: I don’t want to go back to work.
(仕事に行きたくない。)
B: I can’t believe it’s already Sunday. Weekend is not long enough.
(もう日曜日だなんて信じられないよ。週末の時間が足りない。)

The year passed by in an instant.

この1年が一瞬にして過ぎたよ。

“in an instant”は英語で「一瞬にして」という意味です。一年の終わりごろに振り返って「早かったな~」と思ったら使ってくださいね。

また“the year”の代わりに他の時間を表す言葉に置き換えてもいいですよ。例えば“spring”(春)や“the last three years”(この3年間)などが使えますよ。

A: It’s getting cold. I have to get my winter clothes out.
(寒くなってきたね。冬服を出さなくちゃ。)
B: The year passed by in an instant and it is winter again!
(この1年が一瞬にして過ぎてまた冬が来たよ!)

他にもこんな英語表現が。
The year goes by quickly.(1年が早く過ぎるよ。)

Doesn’t time fly?

時間はあっという間に過ぎるよね?

反語にして時間が経つのが早い事を表現するのもいいですよね。時が経つのを早く感じた時に言ってみてください。

A: It has been 5 years since I graduated high school.
(私が高校を卒業してから5年たったんだ。)
B: Doesn’t time fly?
(時間はあっという間に過ぎるよね?)

Before I knew it, a year has passed.

気が付いた時には1年がたっていた。

“before I knew it”は「私が知る前に」という意味です。知らないうちに1年が過ぎたと思った時にピッタリなフレーズです。

ここでも、“a year”の代わりに“summer”(夏)や“five months”(5ヶ月)など他の時間を表す言葉を使う事ができますよ。

A: When did you come to Japan?
(あなたはいつ日本に来たの?)
B: About this time last year. Before I knew it, a year has passed.
(去年の今頃だよ。気が付いたらもう1年がたっていたんだね。)

おわりに

本当にあっという間に1年って過ぎちゃいますよね。皆さんもこう感じた時に使えそうなフレーズは見つかりましたか?

今度、「時間が経つのは早いな~」と思った時にここで紹介された英語フレーズのうちのひとつを使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket