気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

≪バイリンガルMeg流≫英会話の上達法!気楽に英語を喋るコツ!

 

LINEで送る
Pocket

s_108910352

みなさん、こんにちは!英トピライターのMegです!

「英会話を上達させたいけど、気軽に喋れない…」
「英語を話す時に、どうしても緊張しちゃう….」

そんな悩みをお持ちの人はいませんか?私も英語を習いたての時は、毎回無駄にドキドキしてしまって思ったように英語で話すことができませんでした。

しかし最終的に英会話が上達するかしないかは、心の持ち方で決まると私は信じています。今からご紹介するコツを意識すれば、きっと気軽に英語を話せるようになるはず!では早速その方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク


まずは意識!気楽に英語を話すためのコツ

s_167678762

まずは基本の基本を押さえましょう。英会話を上達させたいなら、気軽に話すためのコツを知っておく必要があります。意識するかしないかでは、結果に大きな差が生まれますよ!

リラックスして会話を楽しむ!

「間違いをしないで、英語を喋ってやる!」と気負うのはいけません。変に自分にプレッシャーをかけ、実際うまくいかなかった時に精神面で余計に影響を及ぼします。

自分に期待をすると「こうするはずだったのに」という悔しさや恥ずかしさが出てきますよね。本来なら問題なくコミュニケーションが取れるはずなのに、こういった感情が邪魔をしてリラックスして話せなくなってしまう可能性も。

とにかくプレッシャーを感じず、目の前で起こることを楽しみましょう!「こう在りたい」という期待「こういうことが起きるだろう」という予測は、考えるだけで無駄です。

大事なのは純粋に相手との会話と楽しむこと!実際の会話に台本はありません。自然と行われているもので、内容もどんどん変化していく生き物です。とにかく流れに任せてみるほうが、英会話上達に近づきます!

フレンドリーになる!

とにかくまず気さくな人間性を演出しましょう!相手に「とっつきやすそう」と思われることも大切ですが、それ以上に自分の気持ちも楽になります。

変に構えたり格好つけようとするのは、空回りの第一歩。英会話上達を大きく妨げます。自分の本当の性格やキャラがどうであれ、とにかく明るくてフレンドリーな人間になったつもりで会話をスタートさせてみましょう。

初対面の人となら、尚更フレンドリーに接するべき!ニコニコしていれば、自然と会話に適した空気が出来上がります。相手にとっても好印象ですし、自分自身も失敗を恐れない姿勢を保てるでしょう。

逆を考えてみてください。笑顔を見せず、終始真剣な面持ちの人のところに気軽に話にいけますか?たとえ話が始まっても、堅い姿勢を崩さなければ、そこから楽しい会話に発展するのは難しそうですよね。

相手がすでに仲の良い友達かのように接してみましょう。そうすれば本当に仲の良い友達になるかもしれませんよ!

相手の話を聞くつもりで会話をする!

「英会話をする=英語で自分の話をする」という考えは大間違い。むしろまだ英語に自信がない人ほど「英会話をする=英語で相手の話を引き出す」という考えを持ったほうがいいでしょう。

というのも質問をするほうがパターン化されており、自分の話をするよりずっと簡単なんです。あとは話をしっかり聞いて、相づちの仕方を覚えれば完璧!簡単に英会話力を上達することができます。

とにかく「自分の話をしなきゃ!」という心配は捨てて、相手に話をしてもらいましょう。あなたの仕事は聞き手にまわって、相手からストーリーを引き出すこと。たくさん質問をしてみましょう!

人というのは何だかんだ自分の話をするのが大好きな生き物です。というより自分に対して興味を持ってもらうことが嬉しいのかもしれません。そのためあなたが質問をしてきてくれたら、大抵の場合喜んで答えてくれるでしょう。

とはいえ向こうがあなたに質問をしてくることもありますよね。もちろん問題ありません!それこそ自然な会話の在り方ですよね。ただ忘れてはいけないのは、あなたも同じ質問をし返すということ。自分だけが答えて満足するのではなく、「あなたは?」と聞き返しましょう!

会話がすぐ終了するような質問は避ける!

相手が「はい」か「いいえ」だけで答えてしまえるような「Yes/No クエスチョン」は避けましょう。後に続く言葉が見つからず、あっという間に会話が終わってしまう可能性大です!

とにかく会話の流れを作るためには、答えがなるべく長くなるような質問を意識すべきでしょう。その後自然に会話が続いていくように、返答方法に多くの余地がある方がいいですね。

例えば“Do you like baseball?”(野球は好きですか?)より“What kind of sports do you like?(どんなスポーツが好き?)の方が、より長い返答が期待できそうですよね。もしくはその後の話の広がり方により可能性があります。

知らない言葉は他の言い回しで対処する!

慣れない英語を話していると、つい流れに任せて適当な返答をしがち。

しかし英語で正しい説明をするのが面倒くさく、知らない言葉を補うために適当に嘘をついたり、相手の誤解を解かないで放置するのはNGです!もしくは覚えた英語フレーズを使いたいあまり、真実でないことを伝えるのもいけません

ありのままの自分を出し、常に正直であるようにしましょう。正しいことを伝えるために、時には「えーっと、アレは何て言うんだっけ…」と考えることもあるかもしれません。

でもそれでいいんです。“What was the word?”(何て言う言葉だったかな?)や“How can I explain this…?”(どうやって説明したらいいかな?)と言っておけば、全く問題ありません。

言いたい言葉やフレーズが出ない時に、真実を曲げて知っている言葉に逃げるより、「なんだったかなー」とハッキリ英語で伝えられるほうが自然ですし、何より言い換え力が養われるので英会話は上達します。

嘘をついて後々面倒くさいシチュエーションになるほうが最悪と考えてください。後から誤解を解くほうがずっと大変なんです。気まずい空気はスムーズなコミュニケーションを妨害する最大の敵!

スポンサーリンク

会話の基本ステップ

s_246844747

英会話には基本の流れというものがあります。ステップを把握すれば余裕を持ちながら会話を進められますよね!

会話を始める

どの会話も話し始めるきっかけがあるはず。まずは声をかけるところからスタートです!

「ここって何時に閉まるか分かります?」などの無難な質問でもいいですし、「その靴いいですね!どこで買ったんですか?」と相手を褒めるような内容でもいいでしょう。

不自然にならない程度に、話を初めてみましょう!

内容を膨らませる

会話がスタートしたら、トピックに対して内容を膨らませましょう。ここで大切なのは、話を続けるということ!最初の一言だけで終わらせるのではなく、その後も話をできるように言葉を付け加えるのです。

例えば相手の靴を褒めたのなら、「そのお店ってどこですか?ここら辺ですか?」など、さらに質問を付け加えましょう。

そして「そういう靴ずっと欲しかったんですよー。」のように、なぜそのような質問をしたかを伝えてもいいですね!

質問をして会話を広げる

2、3回質問と答えを往復できれば、だいぶウォームアップはできたはず。話すきっかけを作れたら、後は会話を広げることに専念しましょう。

ここからは別のトピックでも構いません。例えば「ここら辺出身なんですか?」など。会って急にこういった話は変ですが、すでに言葉を交わし合っているので、無難な質問であればなんでも大丈夫!

話題を掘り下げる

1つ盛り上がりそうな話題を見つけたら、一旦そのトピックを掘り下げてみましょう。詳しい話・深い話をすることがポイントとなります。これができれば会話が盛り上がってきている証拠!

「え、そうなんですね!どういう種類が好きなんですか?」と細かく聞いたり、「私もそうなんです!いつからなんですか?」と自分も同じであることをアピールしたりすると効果的!

共通の話題を深く掘り下げるのがいいでしょう。

意見を聞く

会話を長続きさせるには、相手に語らせるのが一番。意見を求めれば、一言二言で終わるはずがありません。相手がどう思っているかを聞き出す質問をしましょう。

「あなたはどう思います?」や「もしあなただったらどう思います?」など聞いてみましょう。

政治や宗教などの繊細なトピックは気をつけてくださいね!

話題を変える

ある程度1つの話題が盛り上がったら、そのトピックに固執せずに新しい話をしてみましょう。どんな内容もずっと繰り返していたら飽きるものです。きちんと会話の中にフレッシュな風を吹き込むのも大切。

「そういえば、この話聞きました?」や「その話で思い出したんですけど…。」というように、話題を切り替えてみてください。

より長く話しを続ける

10分くらい会話が続いたらお見事!次はより長く話をできるように持っていきましょう。ただし相手への配慮は忘れてはいけません。話している人に時間の余裕があるか確認してください。

「なんかたくさん話しちゃいましたけど、時間大丈夫ですか?」、「ところでお急ぎではないですよね?」という内容を聞いて、時間があるようであれば、さらに会話を続けることができるサイン。

相手の迷惑にならない会話を目指すなら、こういったチェックは大切です!

会話を終わらせる

始まりがあれば、かならず終わりもあります。会話を自然消滅させるのではなく、きちんと終わりの言葉をかけると気まずくないえしょう。

「お話楽しかったです。よくここ来てるんで、また話しましょう。」で次回を期待させるのもいいですし、「お話できて嬉しかったです。ありがとう。」とシンプルに挨拶をしても良し。

「実はもう行かなきゃいけないんです。話せて良かったです。」と言って去ってもいいですね!とにかく好印象を残すのがベスト。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?
気軽に英会話を楽しめないという人は、まず今回ご紹介したコツを意識してみてください!なかなか上達できないのは、精神面での理由がほとんど。会話に対する構え方を見直せば、もっと自然に英語を話せるようになるはずです!

緊張せずに気軽に喋れるようになるのは案外簡単!早速トライしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket