気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

話題を変える時の英語!ビジネスで丁寧に話を切り出すフレーズ8選!

 

LINEで送る
Pocket

s_125338145

ビジネスシーンでは常に仕事に関する話をしているとも限りません、場を和ませるスモールトークや、アイスブレイクのネタに当たり障りのない世間話をすることも多くあります。

でもそこから話題を変える際、一体英語でどんな言葉を使ってトピックを切り出しますか?他にも、話し合いの最中に別件について触れたい時、どんな一言で話題を変えていますか?

相手を混乱させないためにも、トピックを切り替える時はハッキリとしたサインが必要です!今回は「話題を変える時の英語フレーズ」をご紹介します!

スポンサーリンク


ところで…

s_289838831

さりげなく話題を変える時の英語を見ていきましょう!

By the way,

ところで、

「ところで」を表す英語訳の鉄板といえばコチラ!話し言葉でよく使われる言い方で、話の途中で話題を変える際に便利な一言になります。

ビジネスでも日常会話でも問題ありません!

Oh by the way, we brushed up on the website.
(あ、ところで、ウェブサイトに磨きをかけました。)

ネット上やメッセージ上で省略して表記する時は、頭文字を取って “btw”“BTW”と書かれることも!確かにちょっと長いので、短く書きたい時にいいかもしれません。

Incidentally,

ところで、

“Incidentally”は”By the way”ほどではありませんが、そこそこ使われます。そもそも “incidental”は「付随して起こる」という意味があるので、副詞形の “incidentally”は「付随して」という扱いになります。

そこから関連して「ついでに」、「ちなみに」、「ところで」といったニュアンスで使われるんです!追加で情報を出す時などに適しています。

多少堅苦しい印象もあるので、ビジネスにはピッタリかもしれません!

Incidentally, it would be helpful if I can get the data by this Friday.
(ところで、そのデータを今週金曜日までに手に入れられれば助かります。)

スポンサーリンク

そういえば…

s_127110179

「そういえば思い出した!」という感じで話題を変える時の英語を見ていきましょう!

Speaking of ○○,

○○と言えば、

「あることをきっかけに話したいことを思い出した!」という状況であれば、この英語フレーズがいいでしょう。○○の部分にきっかけとなったものをいれて、話題を変えることができます。

落ち着いたトーンで使えば、ビジネスでも冷静に話を切り出すことができますね!

Speaking of protection, I think we should update our virus and spyware protection software.
(保護の話と言えばですが、ウイルスとスパイウェアの保護ソフトウェアを更新すべきだと思います。)

“Speaking of”の言い換えとして、コチラも!
Talking of protection, I think we should update our protection software.(保護の話と言えば、保護ソフトウェアを更新すべきだと思います。)

また相手の話した内容全体を受けて思い出した時は、あえて具体的にきっかけワードを使わずに、こんな英語表現もできます!
Speaking of which, I think we should update our protection software.(そういえば、保護ソフトウェアを更新すべきだと思います。)

That reminds me.

それで思い出しました。

こちらは1つの文章で簡潔しているので、文頭で使うというより発言前に付け足す英語フレーズという感じ。”remind”は「思い出させる」という意味なので、相手の発言をきっかけに何かを思い出した時にピッタリです!

この英語表現を使えば、話題を変えるとしても唐突感を感じさせずに相手に伝えることができるはず。ビジネスシーンでも日常会話でも問題なく使えます。

ただし脈絡もなく急に使うと変なので気をつけましょう!何もないところから話題を変える時は、”By the way”が無難です。

A: We have to hand in the first draft by this Friday. We really don’t have much time.
(原案を今週の金曜までに提出しなくちゃいけないですね。本当に時間がないな。)
B: Oh, that reminds me. The manager told me that he changed the deadline of it.
(あ、それで思い出しました。マネージャーがそれの締め切りを変えたって言ってました。)

「思い出した」と訳ではなってますが、必ず現在形で使うようにしましょう!

Before I forget,

私が忘れる前に、

特に明確なきっかけがあったわけではないけど、急に伝えたいことを思い出すことってありますよね。そんな時は忘れないうちに言っておきたいもの。

こんなシーンでピッタリな英語表現がコチラ!この一言を入れれば、聞き手も「なんだろう」と注意を向けてくれるはず。

Oh, before I forget, the office will be completely closed from 8pm to 5am due to the maintenance.
(あ、忘れる前に言っておきますが、メンテナンスの都合上オフィスが午後8時から午前5時まで完全閉鎖になります。)

同じような意味ですが、「覚えている間に」という表現のものもあります!
While I remember, the office will be completely closed due to the maintenance.(覚えているうちに言っておきますが、メンテナンスの都合上オフィスが完全閉鎖になります。)

スポンサーリンク

話は変わりますが…

s_213330322

ストレートに話題を変える時に使いたい英語をご紹介!

Let’s get down to business.

では本題に入りましょう。

ビジネスパーソンは是非覚えておきたい英語フレーズがコチラ!「さぁ始めましょう」、「仕事に取りかかりましょう」、「本題に入りましょう」というニュアンスで使われ、明確に話題を変える時によく使われます。

“business”という英語が入っていますが、ビジネスシーン以外でももちろん使われます。本腰を入れて何かを始める場合であれば、日常会話でもOKです!

会議を始める時は雑談などのスモールトークでスタートすることが多いですよね。こういった話題を切り上げて、本題に取りかかる時の英語表現として覚えておきましょう!

All right, let’s get down to business. We are here to discuss the project budget.
(それでは本題に入りましょう。今回はプロジェクトの予算について話し合うためにこの場を用意しました。)

質問形にして丁寧に切り出してもいいですね!
Can we get down to business?(本題に入ってもよろしいでしょうか?)

Changing the subject,

話は変わりますが、

ハッキリと話題を変えることを伝えたいなら、この英語表現がストレートでいいですね!発言の前に添えて使いましょう。

Changing the subject, we will not be meeting tomorrow. It will be postponed to next Thursday.
(話は変わりますが、明日の集まりはありません。来週木曜日に延期になります。)

話題を変える事に関して軽く謝罪したいなら、こんな英語表現も!
Sorry to change the subject, but we will not be meeting tomorrow.(話を変えてすみませんが、明日の集まりはありません。)

話題を変えていることを自覚しているなら、直球でこんな言い方もありますね。
I know this is changing the subject, but we will not be meeting tomorrow.(話は変わりますが、明日の集まりはありません。)

I’m totally changing the subject now, but we will not be meeting tomorrow.(完全に話は変わりますが、明日の集まりはありません。)

This has nothing to do with what we are talking about,

今まで話していたことと全く関係ないのですが、

完全に関係のない話題をはさみたい時は、潔くこの一言を!いつのまにか話が脱線しているより、自覚しつつ話題を変えるほうが聞き手も安心かも?

This has nothing to do with what we are talking about, but I recently heard that ABC is releasing a new product. 
(今まで話していたことと全く関係ないのですが、最近ABCが新商品をリリースしていると聞きましてね。)

他にもこんな英語表現で全く違う話題をふることも!
And now, for something completely different, I recently hear that ABC is releasing a new product.(さてここで全く違う話題ですが、最近ABCが新商品をリリースしていると聞きましてね。)

逆に話題が逸れているわけではないことを言いたい時や、手短に終わらせたい時はコチラ!とは言え、大体の場合話題は変わるものです笑
Not to go off topic, but I recently hear that ABC is releasing a new product.(脱線するわけではありませんが、最近ABCが新商品をリリースしていると聞きましてね。)

おわりに

いかがでしたか?
今回は「話題を変える時の英語表現」をご紹介しました!

どんなに文法に自信があっても、こういったとっさの一言は慣れていないと出てこないもの。知っていると知らないのとでは大きな差が出てきます。

パッと使えるように、今のうちに全て暗記しておくといいでしょう!どれも短い英語なので、きっと簡単に覚えられるはずですよ。

LINEで送る
Pocket