気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

海外の美容室で使える英語会話!美人度upに役立つ表現23選!

 

LINEで送る
Pocket

s_144233608
おしゃれな人や美容に興味がある人、「海外の美容室ってどんな感じだろう?体験してみたい!」と思ったことはありませんか?「一度は体験してみたいけど、美容師さんとのやりとりが不安・・・」と、なかなか踏み切れない方もいると思います。

上手にコミュニケーション出来て、海外の美容スタイルを楽しめたら素敵ですよね!今日は、海外の美容室で使える英語フレーズをご紹介します!美意識が高いそこのあなた、必見ですよ!

スポンサーリンク


予約をする時のフレーズ

s_264741836
まずは、美容室に行くための予約に使える英語フレーズから!メールやWEB上で予約を取れるサロンも増えていますが、電話の予約を受け付けている所もまだまだ多いです。スムーズに電話予約が出来るように、役立つ表現を覚えましょう!

I’d like to make an appointment for haircut.

カットの予約をしたいのですが。

“I’ d like to~”は英語で、「~したいのですが」と相手に伝える事が出来るとても便利な言い回し!”make an appointment”で、「予約する」という意味になります。

ところで、「予約」を表すの英語には、”appointment”と”reservation”と主に2つの単語がありますよね。どちらも同じ意味なので、使い分けに悩む方も居ると思います。

どう分けるかというと、美容室や病院、面接など、相手の時間を一定の時間取る時(美容師、医者、会社の人・・・etc)は”appointment”を使って、ホテルやレストランなど、人よりも場所(部屋やテーブル)を確保する予約の時に”reservation”を使います。

A: Hi. This is ○○salon. How can I help you?
(こんにちは。○○サロンです。ご用件をどうぞ。)
B: Hi. I ‘d like to make an appointment for haircut.
(こんにちは。カットの予約をしたいのですが。)

Can I make an appointment for this Friday at 2pm?

今週の金曜日、午後2時に予約出来ますか?

美容室に電話して「カットの予約をしたい」とまず伝えると、予想出来るフレーズとして相手から”When would you like to make your appointment?”(いつの予約を希望しますか?)と言われると思います。

そこで、このフレーズ”Can I~(~出来ますか?)”を使い、いつの何時に予約を希望するかを伝える事が出来ます。例文通りに表現する場合は、曜日(または日付)の前には”for”、時間の前には”at”を付ける事をお忘れなく!

A: When would you like to make your appointment?
(いつの予約を希望しますか?)
B: Can I make an appointment for this Friday at 2pm?
(今週金曜日の午後2時に予約出来ますか?)

Is ○○ available?

○○(美容師の名前) に担当してもらうことは出来ますか?

特定のスタイリストを指名したい時の表現。

美容室に行く前に、よく雑誌やネットでサロンのリサーチをする事があると思います。HPで紹介されてる腕の良さそうなスタイリストさんや、口コミで噂の上手な人にお願いしたい時ってありますよね!日本ではスタイリストさんの苗字を言って「○○さんお願いします」と伝えますが、外国では大抵の場合、ファーストネームでokですよ!

ちなみに、指名する人がいない場合は”Anyone would be fine.(誰でもいいです。)と答えましょう!

A: Is there a particular stylist that you would like to have?
(誰か指名したいスタイリストは居ますか?)
B: Is Natalie available?
(ナタリーに担当してもらうことは出来ますか?)

I don’t have an appointment, but can I get my haircut today?

予約してないんだけど、今日カットをお願い出来ますか?

旅行先や滞在先で、急に「美容室に行きたい!」と思いつくことがあるかもしれません。そんな時に使えるのがこのフレーズ!タイミングが良ければ”Sure!”(もちろん!)等と言われてお店へ入れるでしょう。もし予約でいっぱいだったら”How about tomorrow?”(明日はどうですか?)と聞いて、改めて予約を取りましょう。

ここで筆者が住んでいたNYの美容室について、ミニ情報を1つ!時間に追われるニューヨーカーが住むエリアでは、予約なしで美容サロンのサービスを受けるのはとても難しいです。特に、人気の美容室に行きたい時は日にちに余裕を持って予約する事がオススメ!

あと、NYに限らず都会のサロンでは予約がらみの時間にとても厳しいので、少し遅れると「次が詰まってるから、別の日に予約しなおして。」と言われることも。時間ピッタリか、少し前には着くようにしましょう!

A: I don’t have an appointment, but can I get my haircut today?
(予約してないんだけど、今日カットをお願い出来ますか?)
B: Sorry, but we’re booked all day. You have to come back another day.
(ごめんなさい、今日は予約でいっぱいなの。別の日にまた来て下さい。)

スポンサーリンク

なりたい髪型をオーダーする時のフレーズ

s_155769515
美容室に行った時に大事な事の一つが、スタイリストさんとのコミュニケションですよね!なりたい髪型を上手く伝えられなくて、希望と全然違うスタイルになったらショックだし、そんな事は絶対に避けたいものです!

「こんな風にカットしてもらいたい、あんな感じのカラーにしてほしい・・・」など、自分のなりたい髪型やスタイルをオーダーする時に役立つフレーズを身につけましょう!

I wanna cut my hair short.

髪を短くカットしたい。

シンプルに、髪を短くしたいと伝えるフレーズ。例文の”I wanna~”は”I want to”(~したい)を短く言う表現で、ネイティブの会話でよく聞く言い方。自分がこうしたいという要望を伝えられる便利な言い回しです。

もし「どの辺まで短くする?」と聞かれたら、”To this length”(この長さまで)と肩やあごなどを指さしながら伝えましょう。短くなりすぎたらショックですもんね!

A: How would you like to do with your hair today?
(今日はどんな風にしますか?)
B: I wanna cut my hair short. I was hoping to have a style like this.
(髪を短くカットしたいの。<雑誌などを指さしながら>こんな風にしてもられると嬉しいんだけど。)

I wanna keep the length.

長さは変えたくありません。

美容室に行くとき、整えたりボリュームを減らすだけで、短くしたくない時はこのフレーズが役立ちます。例文のように”the length”という英語を使う事で、「今の長さ」と表現する事が出来ます。

A: Would you like to get a haircut today?
(今日はカットにしますか?)
B: I wanna trim the ends a little bit, but I wanna keep the length.
(毛先をちょっとだけ整えたいけど、長さは変えたくありません。)

I plan to grow my hair.

髪を伸ばそうと思っています。

スタイリストと、髪型について相談する時に使えそうなフレーズ。”I plan to~”は英語で「~する予定、つもり」という意味で日常でもよく使いますから、ぜひ覚えておきたい言い回し。”grow my hair”で、「髪を伸ばす」を表します。

A: How about short hair for a change?
(雰囲気を変えて、ショートヘアはどうですか?)
B: Well…no, I don’t wanna cut too much. I plan to grow my hair.
(う~ん、でもそんなに短くしたくないの。髪を伸ばそうと思ってるから。)

My hair’s getting thicker. Could you thin out?

髪の量が多くなってきています。すいてもらえますか?

英語で「髪をすくこと」=”thin out”と言い、「しっかりした太い髪」=”thick hair”と言います。「髪のボリュームを抑えたい、量を減らして軽くしたい!」という時に使える便利なフレーズです。

A: Ok… so you want me to take your hair 3 inches off. Anything else?
(オーケー、じゃあ、3インチ髪を短くしたいんですね。他には?)
B: My hair is getting thicker. Could you thin out?
(髪の量が多くなってきてるの。すいてもらえますか?)

I wanna color my hair lighter./darker.

髪を今より明るく/暗く染めたいです。

“color my hair”で「髪を染める」という意味。ヘアカラーは日本の美容室でも欠かせない定番のメニューですよね!海外に行った時に、「普段はチャレンジ出来ない色に思い切って挑戦したい!」思う人も居ると思います。

英語で「髪を染める」の「染める」は”color”と”dye”の2通りの単語があります。どちらも使ってokですが、細かく言うと”color”(カラーリングする)、”dye”(染める)という感じ。ネイティブの間では、”dye”はカジュアルな感じで使われて、洗練されたスタイリストや美意識が高い人には”color”が使われています。

そして例文の最後に、”lighter”(もっと明るく)、”darker”(もっと暗く)とありますよね。これはどんな色にしたいかを伝える部分なので、他にも”brown”、”red”など特定の色を当てはめて、なりたいイメージを表現出来ますよ!

A: How would you like to color your hair?
(どんな風にカラーリングしたいですか?)
B: I wanna color my hair light brown.
(明るめのブラウンに染めたいです。)

I wanna try perm.

パーマをかけてみたいです。

英語で「パーマ」=”perm”。日本語の言い方と似ていますよね!ただ、発音が「パーム」となるので言う時は注意しましょう。

パーマの種類にも色々とあるので、「どんなパーマにしたい?」と聞かれたら”wavy perm”(大きめのゆるやかなパーマ)」や”curly perm”(きつめのしっかりしたパーマ)、”straight perm”(ストレートパーマ)などの言葉で相手に伝えましょう!

A: I wanna try perm today.
(今日はパーマをかけてみたいです。)
B: Sounds good! What kind of perm would you like to try?
(いいと思いますよ!どんなパーマがいいですか?)
A: I was thinking about getting curly perm.
(きつめのパーマにしようと考えてました。)

Could you trim my bangs?

前髪を整えてもらえますか?

おしゃれを意識する人にとって、前髪の仕上がりってとても重要ですよね!「前髪を整える」は美容室で絶対に欠かせないフレーズの1つだと思います! 英語で「髪を整える」の「整える」=”trim”、「前髪」=”bangs”と言うので、ぜひ覚えておきましょう!

A: Could you trim my bangs later?
(後で前髪を整えてもらえますか?)
B: Sure!Do you wanna have shorter bangs?
(もちろん!前髪少し短くする?)
A:Well, I want my bangs to reach the eyebrows.
(う~ん、眉毛にかかるくらいはキープしたいかな。)

Could you blow-dry my hair straight?

髪をストレートにブローしてもらえますか?

カットやカラーの後の仕上げについて要望を伝えるフレーズ。英語でブローの事を「blow-dry」と言います。もしコテなどで仕上げて欲しい時は、”Could you give me some curls?”(少しカールっぽく仕上げてもらえますか?)と伝えましょう!

A: Could you blow-dry my hair straight?
(髪をストレートにブローしてもらえますか?)
B: All right. Can I use some hair oil?
(わかりました。ヘアオイルを少し使ってもいいですか?)

I usually get a reaction from chemical treatment.

化学薬品を使うと、いつも(アレルギー、皮膚の)反応が出ます。

これは、皮膚が敏感な人にとって大事な一言となる英語フレーズ。”reaction”=「(ここでは皮膚に対する)反応」、”chemical treatment”=「化学薬品を使った施術、カラーやパーマなど」を表します。

外国で使われるカラーやパーマの薬剤は、日本より強めのものが多いので、過去に少しでも反応が出た事がある人は必ず事前にスタイリストに伝えましょう!

A: I usually get a reaction from chemical treatment.
(化学薬品を使うと、いつも皮膚に反応が出ます。)
B: Ok, then maybe we can use organic products for you.
(わかりました。では、あなたにはオーガニックの製品を使いましょう。)

My hair easily gets damaged.

私の髪は傷みやすいです。

髪の状態を伝える事で、スタイルの提案が変わる事もありますし、使うシャンプーやヘアケアに気を使ってもらえる事もありますよね。美容室を出た後もキレイな髪をキープ出来るよう、傷みやすい髪に心配がある人はこのフレーズを使って相手に知らせましょう!

A: I wanna try perm, but my hair easily get damaged.
(パーマをかけたいんだけど、私の髪は傷みやすいんです。)
B: Yes, your hair is quite damaged. I don’t recommend to get perm today.
(そうですね、けっこう傷んでます。今日はパーマはかけない方がいいと思いますよ。)

スポンサーリンク

美容師やスタッフとのコミュニケーションに使えるフレーズ

s_167678762
美容室では、髪型やスタイルだけではなくて「値段はいくら?」とか「時間はどのくらいかかるの?」など色々なやりとりがありますよね!より快適に、海外の美容室での時間を過ごす為に役立つフレーズをご紹介します!

How much will it cost?

値段はいくらですか?

やはり気になるのがサービスにかかる料金!髪の長さや量によっては、料金表よりも高くなる事もあるものです。予約の際でもサロンでカウンセリングする際でもいいので、気になった事は全部最初に聞いておくといいですよ!

A: You have beautiful natural waves. How about getting a perm?
(きれいなくせ毛ですね。パーマをかけてみたらどうですか?)
B:That sounds great! How much will it cost?
(素敵なアイデアね!値段はいくらですか?)

How long will it take?

どのくらい時間がかかりますか?

美容室に行くと、メニューによっては2~3時間、場合によってはもっとかかる事がありますよね。どのくらい時間がかかるか事前に把握しておくと、その後の予定も立てやすいもの。時間が貴重な旅行中などは特に、先に聞いておきましょう!

A: How long will it take?
(どのくらい時間がかかりますか?)
B: Let’s see. you’re getting cut and color…maybe 2 or 3 hours.
(そうですね、カットとカラーだから・・・多分2,3時間くらいでしょうか。)

Can I get a glass of water?

お水を一杯もらえますか?

日本と同様に、海外の美容室でも相手からドリンクの提供がある場合が多いと思うのですが、中にはそういったサービスがないサロンもあると思います。数時間ずっと椅子に座って少しのどが乾いたら遠慮せず、何か飲み物があるか聞いてみましょう!

A: Excuse me. Can I get a glass of water?
(すみません。お水を一杯もらえますか?)
B: Yes, of course. Just give me a second.
(はい、もちろん。ちょっと待ってて下さいね。)

Do you have some magazines?

何か雑誌はありますか?

これも、ドリンクと同様に海外の美容室ではお店によって最初から雑誌が用意されている場合とされてない場合が。カラーを置いてる時間で退屈だなと思ったら、お店の人に聞いてみてもいいですね!

ただ、雑誌を読む事に対してはサロンよって例外があります。日本の美容室では自由に雑誌を読んだりスマホをいじったりできますが、海外の美容室では「姿勢が曲がって綺麗に仕上がらない」と、カットやカラー中に雑誌を読むことを禁止している厳しい所も!「え~、なんで?」と思うかもしれませんが、美容に対する文化の違いとして受け止めましょう。

A: We gonna leave the color for about 20 minutes. Is there anything you need?
(カラーを20分くらい置きますね。何か必要なものがありますか?)
B: Yes. Do you have some magazines?
(はい。何か雑誌はありますか?)

帰る時や、会計で使えるフレーズ

s_171399842
全部終わって、後は支払いを済ませて帰るだけ・・・担当してくれたスタイリストやアシスタントに「ありがとう」を伝えたり、会計の時に使えるフレーズもちゃんと抑えておきたいですよね!いくつかピックアップしてみたので、参考にして下さい!

How much will it be?

(全部で)いくらですか?

会計で、料金を聞きたい時に使えるシンプルなフレーズ。上でご紹介した「How much will it cost?」を使ってもいいですが、例文の「will it be」は「いくらになりました?」とういうニュアンスを含むので、会計の際にオススメです。

A: How much will it be?
(<全部で>いくらですか?)
B: It’ll be 250 dollars altogether.
(全部で、250ドルになります。)

Do you take credit cards?

クレジットカードは使えますか?

海外ではほとんどの美容室でクレジットカードが使えると思いますが、一応確認したい時はこのフレーズを使いましょう!この例文では”take”=使うとして表していますが、”use”(使う)を使っても、もちろんokですよ!

“take”は細かく言うと「取り扱う」という感じで、ネイティブが使う事の多い表現です。

A: Do you take credit cards?
(クレジットカードは使えますか?)
B: Yes,of course!We take both VISA and Master card.
(はい、もちろん!ビザもマスターカードも、両方扱ってますよ。)

I love what you did, thank you!

すっごく素敵!ありがとう!

スタイリストに対して、「仕上がりにとても満足している!」と伝えられるフレーズ。例文の”what you did”は直訳すると「あなたがしたこと」となりますが、ここでは「あなたがしてくれたサービス、技術」という表現で相手に伝える事が出来ます。言われた相手も嬉しいはず!

A: I love what you did, thank you!
(すっごく素敵!ありがとう!)
B: You’re welcome. Come back anytime!
(どういたしまして。またいつでも来てね!)

My hair looks great! Thank you!

私の髪、とってもステキ!ありがとう。

美容室から帰る時に、スタイリストにはもちろん、サロンのスタッフ全員へのお礼としても使える表現。直接スタイリストに伝えてもいいですし、会計の際に受付のスタッフに伝えても喜ばれるフレーズです。

A: My hair looks great! Thank you!
(私の髪、とってもステキ!ありがとう!)
B: We’re glad you liked our service. Please come back again.
(私達のサービスを気に入ってもらえて嬉しいです。どうぞ、また来て下さい。)

This is for you. Thank you for your great service.

(チップを)どうぞ。素晴らしいサービスをありがとう。

日本では習慣のない事ですが、海外では多くの場合、美容室でチップを渡します。渡す相手は、担当してくれたスタイリストとシャンプーをしてくれたアシスタントの両方。どちらかというとスタイリストに少し多めに渡すのが主流ですが、シャンプーが気持ちよかった時などは、アシスタントの方にも「ありがとう」と言葉を添えて同じくらい渡してもいいですね。

チップの相場はエリアによって様々ですが、例えばNYでは、料金の15パーセントくらいが美容室の平均となっています。チップは気持ちで渡すものなので、サービスにすごく満足した場合はその分たくさん渡すのもアリ! クリスマスの時期などになると、売れっ子のスタイリストは1日にチップだけで3~5万くらい稼ぐ日人も居るんですよ!!

A: This is for you. Thank you for your great service.
(<チップを>どうぞ。素晴らしいサービスをありがとう。)
B: Oh, thank you! You have a great day.
(ありがとう!素敵な1日を過ごして下さいね!)

おしゃれな人必見!知っておきたい美容の単語

s_205957348
最後に、美容室でよく出てくる英単語をいくつかまとめてみました。日本語と似てる表現、全く違う表現と色々あるので、これから海外の美容室に行きたいと思ってる人、海外で美容師として働きたいと思ってる人はぜひ参考にしてください!

thick hair/ fine hair =太い髪/細い髪

natural waves = くせ毛

bad ends = 枝毛

sideburns = もみあげ

re-touch= (カラーの)リタッチ

bleach = ブリーチ

high-lightning / low-lightning = ハイライト/ローライト

chemical relaxer =ストレートパーマ

Japanese straight perm =矯正縮毛(海外で縮毛は日本独自の技術として認識され、メニュー等にこの名前が使われています。)

finger waves = フィンガーウェ―ブ(20年代の女優に多かった、指で作るウエ―ブ。外国セレブには今でも大人気のスタイル。)

up-do = 髪をアップにしたスタイル

cutting scissors / thinning scissors=カットばさみ/すきばさみ

curling-iron/straight iron=カールアイロン/ストレートアイロン

おわりに

海外の美容室で使える英語のフレーズ、いかがでしたか? 興味があったけどコミュニケーションが心配で・・・と今までためらっていたあなたも、今日ご紹介したものを参考にして、ぜひ外国での美容サロンを体験してみて下さいね!

こういった内容でやりとりが出来ると英語力がすごく伸びますし、日本と違った美意識に触れる事はとても楽しい経験になると思いますよ!海外のスタイリストの技術で、beauty度がますますアップした新しい自分に出会えるかも!!

LINEで送る
Pocket