気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

女性必見!男性からのお誘いを英語で「断る」フレーズ18選!

 

LINEで送る
Pocket

s_266566415

相手に興味はないのに、デートのお誘いを受けて困ることってありますよね。
気が進まない時は、無理をせずきちんと断ることが大事。
ただ日本と比べて直接的な表現の英語だからといって、不必要に相手を傷つけたくはないですよね。

今回はそんなケースにお困りの女性陣のために、理由別に分けた「英語で断るフレーズ」をまとめました!
これで、脱・「Noと言えない日本人」!

スポンサーリンク


「先約・別の予定」を理由に断る

s_257903768

I wish I could, but I already have plans tonight.

行きたいんだけど、今夜はもう予定があるの。

先約があったら向こうだって無理に誘いづらいし、こちらも断るのが簡単に!
大事なのは、I wish I couldという英語を冒頭につけ、「その予定さえなければ行ってたのに」というニュアンスを出すことです。

そうすると、Then, how about this weekend?(じゃあ今週末は?)なんて聞かれそうですが、その場合も同様にI also have plans for the weekend.(今週末も予定があるの。)と答えてしまえばいいのでは?
この際、「私と約束するには数ヶ月前から予約してね!」という勢いで予定がある設定にしておきましょう。

I’m going out with my girlfriends tonight.

今夜は女友達と遊びに行くの。

これは少しズルいけど、賢い断り方。
そもそも先約があるので十分断る理由になるのですが、「女友達」を強調することで男子禁制の空気を出せるため、それとなく「あなたの入る隙はありません」と伝えることができます!
男性もこう言われてしまえば、「じゃあ次回ね」となるでしょう。

I have to call my family back home tonight.

今夜は実家に電話しなきゃいけないの。

留学中や家族が遠くに住んでいる場合に使える断り文句。
特に時差もある場合、欧米では家族と連絡を取る約束は立派な予定として捉えてもらえます。
そもそも「そんなのは今度でいいじゃん」なんて言ってくる男性とはデートする時間がもったいないですね!

Skypeの場合は、I have to skype with my family in Japan tonight.(今晩は日本に居る家族とSkypeしなきゃいけないの。)という英語表現でOK!

スポンサーリンク

「体調不良」を理由に断る

s_252018121

I’m sorry, but I have a headache.

ごめんなさい、でも頭痛がするの。

いわゆる仮病になってしまうかもしれませんが、体調が悪い時に無理にデートに来てもらっても困りますよね。
あなたのことを気にかけてくれている相手だったら、尚更引き下がってくれるはず。

体調不良に具体性を出すために、どこが優れないか伝えましょう。
他にも使える症状を英語で表すとこうなります!
I have a fever.(熱がある。)
I feel nauseous.(吐き気がある。)
I have a stomachache.(お腹が痛い。)

I’m sorry, but I‘m not feeling well tonight.

ごめんなさい、でも今夜は体調が優れなくて。

「症状を具体的にすると、後々嘘つくのがめんどくさい」というあなたは、純粋に体調が悪いことを伝えましょう。
しかもこの表現は風邪だけではなく、ストレス、疲労、二日酔いなど様々な原因で気分が優れない時に使えるので、非常に便利!
I’m under the weather.(体調が悪い。)なんていう、英語らしい表現も役に立ちますね。

スポンサーリンク

「忙しさ」を理由に断る

s_114614152

I’d love to, but I’ve got a lot of things to do.

行きたいんだけど、やらなきゃいけないことがいっぱいで。

things to do(やるべきこと)という表現を使い、あなたが遊んでいる暇がないことを伝えることができます。
また、I’d love toI would love toの省略形の英語で、「本当は行きたいんだけど」という前置きの役割を果たしてくれますよ!
やんわりと断る時に便利ですね!

Well, sounds nice, but I’m kind of busy.

よさそうね、でも私ちょっと忙しいの。

kind ofは「ある程度」「まあまあ」「どちらかと言えば」と言った英語なので、I’m busy.(忙しいの。)だけで断ると厳しく聞こえるところを、少し穏やかにしてくれる表現です。
ただ具体的な理由も告げずにI’m busy.の一言だけで誘いを断ると、結構感じが悪いので気をつけてください!

busyを使ったその他のフレーズがこちら。
I’ll be busy for the next few weeks.(この先2、3週間忙しくなるの。)
I’ve been busy these days.(ここ最近忙しいんだよね。)

I appreciate it, but I’m tied up all day.

ありがとう、でも一日中忙しくて手が離せないの。

tied upとは縛り付けられて、固定されているという意味の英語。
この表現を使って、忙しくて手が離せないというニュアンスを伝えることができます。
busy以外の「忙しい」を表す言葉として覚えておきたいですね!

「次回を匂わせて」今回は断る

s_218993980

How about a rain check?

次回なんてどう?

なかなか聞き慣れないフレーズだと思いますが、a rain checkとはスポーツの試合が雨で中止になった時に発行される「雨天順延券」の英語訳。
つまり「今回は行けないけど、次回都合のいい日に延期しない?」というオファーになります。
I’ll take a rain check.(またの機会にするね。)というように、takeを使ってもよく表現されますよ!

Please ask me again when I’m not busy.

忙しくない時にまた誘ってね。

「また誘ってね。」と自分から言っているわけですから、相手を完全に拒否したという印象が薄まりますよね。
「今回は純粋に忙しかったから断るけど、都合が合えば行きますよ」という、相手を傷つけない英語フレーズです。
多用すること間違い無し!

「返事は保留」にしておいて後で断る

s_138628355

Let me think about it.

考えさせて。

let me think(私に考えさせて)と言うことで、決断を先延ばしにする時間を稼ぐフレーズ。
I’ll think about it.(考えておくね。)なんて表現でもいいですね。
そうは言いつつも、返事をしないで断る作戦の時に使いましょう!

I’ll get back to you later.

後で返事するね。

get back toは「改めて連絡を取る」という意味の英語。
「今返事は出せないけど、後でちゃんと答えを出すよ」という約束をする形になります。
スケジュールを確認してから返事を出す、というような流れだとより自然ですね。
その場合はLet me check on my schedule.(スケジュール確認させて。)でOK!

「友達でいたい」意思を伝えて断る

s_287270375

Let’s just be friends.

友達でいましょう。

なかなかLet’sという表現を、こんなシチュエーションで使ったことはないのでは?
ただ単に夕飯に誘われた時に使うというよりは、交際を求められた時に使える表現。
Noとストレートに断るより、だいぶ優しい表現になります。
「○○の状態のままでいる」というstayの動詞を使って、Let’s stay friends.という言い方でもいいですね!

I just don’t see us that way.

私たちってそういう関係にならないと思う。

see ○○ that wayは「○○のような見方をする」「○○のようにみる」という意味の英語。
ダイレクトに「私たちは恋愛関係は築けないと思う」という発言はしてませんが、「私たちをそういう風に見ていない」と伝えることで、やんわりこの先の展開を否定しています。

「興味がない」ことを伝えて断る

s_255111982

I’m not looking for anything right now.

今は誰とも付き合う気がないの。

このフレーズは一見恋愛のことと全く関係ないように思えますが、実は恋愛をする気分じゃないことを相手に伝える便利な言葉なんです。
今の状態に満足している状態を、not looking for anything(何も探していない)という言い回しで表現しています。
anythingの英語を置き換えて、I’m not looking for a relationship right now.(今は誰とも恋愛関係になるつもりはないの。)と言えば、より直球フレーズになりますね。
これを言うことで、相手に予防線を張ることができちゃう!

I’m not interested in dating now.

今はデートに興味がなくて。

これは先ほどのものに比べると、割とストレートな発言。
interested in(興味がある)という表現を否定形で使い、相手に今の気持ちを伝えています。
恋愛の色々に疲れている時に使いたい英語フレーズ!

「恋人がいる」から断る

s_246432538

Sorry, I’m seeing someone else.

ごめんなさい、付き合ってる人がいるの。

seeという動詞は「見る」以外に様々な意味を持つ英語ですが、このシチュエーションで使うと「付き合う」という訳になります。
ただここで日本の感覚と違うのは、seeing/datingは本気で付き合う一歩手前のお試し期間の状態を指します。
お互いの相性を試し合ってデートを重ねている状態の、いわゆる友達以上恋人未満のこと。
この期間に複数の人と関係を持つタイプと、一人の人に集中するタイプと、スタイルは人によってそれぞれです。
欧米では相性を見極めた上で初めて告白をし、正式に付き合うことになります。
なのでもし長いこと正式に付き合っている彼氏がいるのにデートに誘われたら、I have a steady.(決まった相手がいるの。)と断りましょう!

Sorry, I’m taken.

ごめんなさい、付き合ってる人がいるの。

takenとは既に恋人がいる状態のことを指します。
座席を探している時に、既に誰か座っている人がいた場合、This seat is taken.(この席はもう取られています。)と英語で表現するのですが、感覚的にはこれと同じことです。
他に付き合っている人がいることを理由に断る時に使いましょう!
既に誰かのものになっていることを表現するフレーズなので、覚えておくと役に立ちますよ!

おわりに

いかがでしたか?
断る機会って意外にあったりするので、かなり日常会話で役立ちそうなフレーズばかりですよね。
ただ間接的な英語表現とはいえ「忙しい」という理由で断られ続けたら、さすがに相手も察しますよね・・・笑
そしてフレーズだけでなく、断り文句を使う頻度や表情も非常に大切なので、伝え方には要注意!
どんなに行きたくないお誘いでも、なるべく大人の対応で接してあげましょう!

これであなたも断り上手に!?

LINEで送る
Pocket