気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「銀行」で使える英語!窓口で困らない為の役立つフレーズ14選!

 

LINEで送る
Pocket

s_150954545
留学や海外出張など、海外の銀行窓口で英語に困った事ありませんか? 「こういう時はなんて伝えれば…?」、「相手にすんなり伝わる言い方ないの?」と頭を悩ませた事がある方も多いと思います。

今日は「銀行」で使えるフレーズをご紹介!生活に役立つ表現を覚えて、滞在先での暮らしをもっと快適にしましょう!

スポンサーリンク


口座を開設・解約する

s_144848752
まずは、銀行の窓口で口座を開設 / 解約する時のお役立ちフレーズ!英語で一般的に使われる単語や言い回しを使って、便利な表現をまとめてみました!

I’d like to open a checking / saving account.

当座預金口座/定期貯金口座を作りたいのですが。

銀行で口座を作る時に、必ずと言っていいほど使われる英語フレーズ。”checking account”(当座預金口座)は日本いえば普通預金口座のようなもので、銀行を利用する人なら誰でも持ってる口座と言えるでしょう。”saving account”は定期預金口座の事で、色々な種類があります。

ちなみに、例文に出てくる”I’d like to~”(~をしたいのですが)という表現も、銀行や郵便局、その他の生活シーンでよく出てくる言い回しなので、セットで覚えておきましょう!

A: Excuse me, I’d like to open a checking account.
(すみません、当座預金口座を作りたいのですが。)
B: Sure. I need to check some of your ID.
(もちろんです。あなたに関するいくつかの身分証を確認します。)

Is there minimum deposit for making an account?

口座を作るに際に、入金の最低金額がありますか?

日本の銀行でも口座を作る際、最初に「最低○○円は預入れが必要です。」とありますよね。額は銀行によって変わる事もあると思いますが、口座を作る際に聞いておくと便利なフレーズ。

“minimum”は「最小限、最低限」、”deposit”は「入金 / 預入」という意味です。

A: Is there minimum deposit for making an account?
(口座を作る際に、入金の最低金額がありますか?)
B: Yes. We ask our customers to deposit minimum 20 dollars.
(はい。お客様には、最低20ドルを入金して頂くようお願いしています。)

I want to set up an automatic payment.

自動引き落としを設定したいです。

クレジットカードを持っている、持っていないに関わらず、生活する上で口座の自動引き落としを利用する事ってとても多いですよね!

海外ではクレジットカードやデビットカードを利用する事が多くなりますから、銀行の窓口で必ず最初に設定しておきましょう。特に、使った金額が口座からすぐに引き落とされるデビットカードの設定は便利ですよ!

A: I want to set up an automatic payment.
(自動引き落としを設定したいです。)
B: Ok. Would you like to set up both credit and debit?
(わかりました。クレジットとデビットの両方を設定なさいますか?)

Where can I find the ATM machines?

ATMの機会はどこにありますか?

お金が必要な時に、サッと降ろせるATMの場所も念のために確認しておくと安心ですよね。アメリカではATMが24時間空いているので、いざという時に便利です。

通常はストリートや、スーパーやデリの中にATMが置かれていますが、手数料が高くなるので出来れば自分の口座がある銀行のATMを利用する事がおすすめ!

A: Where can I find the ATM machines?
(ATMの機会はどこにありますか?)
B: You can find one pretty much anywhere in the city, but the nearest one is in this building.
(街の中では比較的どこでもありますが、一番近いのはこのビルの中です。)

I want to close my account.

口座を解約したいのです。

日本へ帰国する際など、長期の滞在などで海外へ戻る予定がない場合は、帰国前に口座を解約しておいた方が良いですね。そんな時に使える英語フレーズがこちら。銀行口座を解約する時の「解約」は英語で”close”と表現します。

もし、解約する口座が複数ある場合は例文の”account”を”accounts”に、そして特定の口座を解約するのであれば、上記で出てきた”checking account”や”saving account”を当てはめて使いましょう!

A: I want to close my account.
(口座を解約したいのですが。)
B: Ok. Let me see…You seem to have two accounts with us. Which one would you like to close?
(わかりました。ええと…お客様は、口座を2つ作られているようです。どちらの口座を解約なさいますか?)
A: Saving account, please.
(定期貯金口座を、お願いします。)

スポンサーリンク

お金を引き出す・振り込む・預ける

s_207855643
続いては、引き出しや振り込みなど、普段よく使う銀行のサービスで使える英語表現! 日常生活で利用する事の多いサービスほど、英語で何ていうのか知っておくと安心です。便利なフレーズをまとめてみたので、ぜひ参考に!

I’d like to make a payment.

支払いをしたいのですが。

英語で”make a payment”=「支払う、決済する」という意味。窓口で支払いをしたい旨を伝える時に使えるフレーズです。

もし例えば、学生ローンや電気料金など「~の支払いをしたい」と細かく伝えたい際は例文の最後に”for student loan”(学生ローンの)や”for electricity”(電気料金の)などの言葉を付け加えましょう。

A: Hi. How can I help you today?
(こんにちは。今日はどんなご用件ですか?)
B: I’d like to make a payment for my student loan.
(学生ローンの支払いをしたいです。)

I’d like to withdraw some money.

お金を引き出したいのですが。

窓口でお金を引き出したい時のフレーズ!ATMの操作がわからない時に、銀行の人に尋ねる表現としても使えます。

“withdraw”は英語で「(お金を)引き出す」という意味の単語。ATMの機会でも必ず”withdraw”(引き出し)という表記になるので、必ず覚えておきましょう!

A:Excuse me. I’d like to withdraw some money, but I have trouble using the machine.
(すみません。お金を引き出したいのですが、機会の使い方に困ってます。)
B: No problem! I can show you how to use it. Please follow me.
(問題ないですよ!利用の仕方をお見せします。どうぞついてきて下さい。)

Can I have 20 dollar bills?

20ドル札で頂けますか?

これは、窓口で現金を受け取る際にとても役立つフレーズ!

国で異なるとは思うのですが、アメリカを例にあげると、普段お店などでは20ドル札以下(10ドル、5ドル、1ドル)のお札やコインを使う事がほとんどで、50ドル札や100ドル札を持ち歩く人はめったにいません。

お店によっては、100ドル札での支払いを断られることも。最初から20ドル札をベースに持ち歩く事がおすすめですよ!

A: How would you like to have your money?
(お金はどのようにお受け取りになられますか?)
B: Can I have 20 dollar bills?
(20ドル札で頂けますか?)

I’d like to deposit money into my checking/saving account.

預金口座 / 貯金口座にお金を預け入れたいのですが。

窓口で、自分の口座にお金を預け入れる時に使えるフレーズ!上記の引き出しの表現と一緒で、預け入れのATM操作で困った時にも使えますね。”deposit”は英語で「預入」という意味ですので、ぜひ覚えておきましょう!

A: I’d like to deposit money into my saving account.
(貯金口座にお金を預け入れたいのですが。)
B: Ok. Could you fill in this form first?
(わかりました。まず、こちらの用紙に記入して頂けますか?)

スポンサーリンク

お金を送金・換金・両替する

s_148789697
日本から海外へ行く際、現地で両替をしたり、時には送金を利用する事もあるかと思います。普段の銀行サービスに加えて使える、便利な英語フレーズを合わせて見てみましょう!

I’d like to exchange some money.

お金を換金したいのですが。

海外へ行く際は出国前に換金を済ませるのが理想ですが、現地で「急に換金が必要になった!」なんて事もよくありますよね。コチラは、そんな時に便利な言い回し!”exchange”が「換金する」を表す単語です。

銀行の窓口以外に、あちこちの換金所で使える一般的なフレーズですので覚えておくと役立ちますよ!

A: What can I do for you today?
(今日のご用件は何でしょうか?)
B: I’ d like to exchange some money.
(お金を換金したいのですが。)

What’s the current exchange rate?

今の為替レートはいくらですか?

お金を換金する際、レートはとても気になりますよね! 少しでもお得にお金を換えたい場合、知っておくと便利なフレーズです!英語の”current”(今の / 現在の)、”exchange rate”(為替レート)を表します。

A: I’d like to exchange Japanese yen to dollars. What’s the current exchange rate?
(日本円をドルに換金したいです。今の換金レートはいくらですか?)
B: A dollar is equivalent to 112yen.
(一ドルあたり、112円となっています。)

I’d like to transfer money to Japan.

日本へ送金したいのですが。

海外の銀行窓口で、日本へお金を送金する際に使える英語フレーズ。”to transfer money to~”で、「~へお金を送金する」という意味になります。

現在は多くの国で、テロ対策などにより海外送金の上限を厳しく決めていますから、手数料と合わせて事前によく調べておくと安心かもしれません。送金の理由も聞かれるので、前もって準備をしておきましょう。

A: I’d like to transfer money to Japan. What do I have to fill in the form?
(日本へ送金したいです。用紙には何を記入すれば良いですか?)
B: We basically need sender’s information, payee’s bank address, code, and so forth.
(基本的に送金される方の情報と、受取人の方の銀行アドレス、コード、その他が必要となります。)

Could you break a 20 dollar?

20ドル札を、両替してもらえますか?

お札を細かく両替する時の英語フレーズ!”break”は通常「壊す」という意味ですが、両替の際に「お金を細かく崩す」というような意味で使われます。知っておいて便利な表現の1つです!

A: Could you break a 20 dollar?
(20ドル札を、両替してもらえますか?)
B: Sure. How would you like to have?
(もちろん。どのように両替しますか?)
A: I’d like to have all in 5 dollar bills.
(全部、5ドル札でお願いします。)

I want to cash a check.

小切手を現金に換えたいのですが。

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では、支払いの際に小切手を利用する事がよくあります。特に現地で生活していると、支払いや、受け取る機会も増えてくるで、こちらのフレーズは覚えておくと役に立つはずですよ!

“to cash”は「現金に換える」を表す英語の動詞で、”check”は「小切手」を意味します。

A: Excuse me. I want to cash a check.
(すみません。小切手を、現金に換えたいですのですが。)
B: You can do that over these counters. Please wait in this line.
(こちら側の窓口で行っていますよ。こちらの列に並んでお待ち下さい。)

おわりに

今回は銀行で使える英語フレーズのご紹介でしたが、参考になったでしょうか? 少し長めの言い回しが多いですが、実際のサービスを受ける際に役立つ表現ばかりなので、ぜひ覚えてみて下さいね。

生活に便利な表現が身に付くと、英語を話す自信もアップしますし、海外滞在もより楽しくなるはずです!!

LINEで送る
Pocket