気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

《英会話講師Mizue流》英語の勉強時間の目安!効果が表れるポイント!

 

LINEで送る
Pocket

eitopiHello, everyone! 英会話講師のMizueです。

皆さんは普段、英語の勉強時間にどれだけ費やしていますか?学生であれば自然と勉強する時間を確保しやすいと思いますが、子育て中のママや仕事を持つ社会人にとって、勉強時間をしっかりと取る事はなかなか難しいですよね!

今日は、忙しいスケジュールの合間に何とか英語の勉強をしてスキルupしたい方に必見の内容!効果が表れる英語の勉強時間のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク


【ポイント①】英語の勉強を毎日の習慣にする

s_262870697

数分でも数時間でも、毎日の継続が大切

よく英語の習得には最低でも1000時間の勉強時間が必要と言います。勉強時間が多ければ多いほど知識は身に付くのは本当ですが、最も大切なのは間を空けずになるべく毎日継続する事。

語学習得のコツは車の運転や楽器を弾く事と似ていて、基礎的なスキルや習った事を毎日反復するとぐんぐん力を伸ばせるという点。例え5分程度の短い時間だったとしても、覚えた英語フレーズを口に出してリピートしたり、フラッシュカードに書いた単語を覚えてるか確認したりする事で、繰り返し脳に内容が刻まれていきます。

数日~1週間など勉強時間の間隔が空いてしまうと忘れやすくなってしまうので、間隔をあけずに繰り返して勉強が出来るよう工夫しましょう。

1時間以上の勉強は、復習と予習をワンセットにする

こちらは、勉強時間を1時間以上取れる時にオススメのやり方。英語の勉強に使える時間がたくさんある時は、今まで習ったことの復習と新しく覚えたい事の予習をワンセットで勉強しましょう。

毎日の勉強で新しい知識をどんどん増やすのは大切な事ですが、その内容をしっかり身に付けなければ意味がないですよね。

例えば1時間の勉強時間があるなら、最初の15~2-分を復習の時間に使い、残りの時間を新しい内容を学ぶ事に使ってみましょう。毎日復習を重ねる事で、効率よくたくさんの事を覚える事が出来ます。

こういった積み重ねが何百時間、何千時間と増える事で、英語マスターへの道にもっと近づけますよ!

習った事は必ずその日に復習する

これは、英語の勉強に効果を出す上で大切なポイント!

「人は新しく習った事をその日に復習をしないと内容の半分を忘れてしまう」と言われています。新しく習った単語やフレーズを、その場だけで何となく書き留めたり理解するだけでは実際の力として身に付きません。

単語やスペルはその日にもう一度ノートに繰り返し書き留めたり、フレーズやリスニングは数分でも良いので口に出して言ってみたりCDを聞くなど、覚えた事を忘れてしまわないようにする日々の努力が大切です。

これを実践する・しないで、伸びるスピードに大きな差がつきます。英語の勉強時間を無駄にしない為にも、復習は大切にして下さいね!

スポンサーリンク

【ポイント②】目標に合わせた時間設定をする

s_259173251

試験対策なら1日数時間は必須

TOEICやTOEFL、英検などの試験対策を考えてる人は、どんなに忙しくても最低1時間以上の勉強時間を作りましょう。

これらの試験は、ある程度試験慣れをする事も大切なのですが、やはり覚えなくてはいけない単語や文法、長文の問題が非常に多い為、それなりの時間を確保しないと難しいです。

仕事や家事などで忙しいと最初は大変と感じますが、勉強が習慣づいていくうちに気持ちもだんだんラクになりますし、試験に対しても「準備が出来てる」という心構えになるので本番でのプレッシャーも少なくなります。

本番まで出来るだけ多くの事を反復して身に付けると、別の試験や次の試験受ける時に、勉強した事が驚くくらい身に付いているのを実感出来るはずです。

日常・旅行会話は1日数分~30分程度が目安

ネイティブとの自然な会話や海外旅行で困らない英語を身に付けたい方にとっては、何時間もの長い勉強時間を作るより、リラックスして英語表現やリスニングを身に付ける短い時間での勉強がオススメです。

耳や口を使う言葉の表現は、ノートに何度書いても実際に使わないとなかなか覚えられないですよね!だからといって、何時間もリスニングのCDを聞いたり英語フレーズを口にだして練習すると脳が疲れますしだんだんと飽きてきます。

会話のスキルupに効果的なのは、1日5分~長い時で30分という勉強時間を出来るだけ毎日続ける事です。何日も間が空いてしまうと意味がありませんが、新しく習った表現や覚えたての発音を脳が疲れない程度に繰り返す事で、いざ会話をしなければいけない時に、スッと英語が出てきますよ!

スポンサーリンク

【ポイント③】無理なく続けられる時間設定をする

s_8583931

気楽に長く続けられる工夫をする

英語の場合特に、勉強をプレッシャーに感じると途中で挫折してしまうケースが非常に多いです。

「勉強」と聞くとひたすら長い時間努力しなきゃいけないようなイメージがありますが、英語は楽しくリラックス出来るようなスケジュールで勉強時間を作るほうが、全体的に良い効果が得られます。

海外に住んでいる人は別ですが、日本に住んでいる日常で英語を毎日使う事って少ないですよね!そんな環境の中で負担に感じる勉強方法をとると、「実際使う事も少ないし、もう諦めようかな」という気持ちが芽生えやすくなります。

英語のスキルを効果的に伸ばしたければ、自分のスケジュールと合わせて考えた時にムリなく続けられる勉強時間を作る事です。そうする事で自然と継続出来ますし、気持ちがリラックスしていると新しい単語やフレーズも頭に入ってきやすくなりますよ!

おわりに

いかがでしたか?人それぞれスケジュールや忙しさが違うと思いますが、今日は多くの人に役立ちそうな勉強時間のポイントをいくつかまとめてみました。

たくさんの単語やフレーズを覚えるのは大変ですし、外国語をある程度マスターするには、継続と忍耐力がとても大切。でもだからこそ、楽しくリラックスした状態で英語に取り組みたいですよね!

今日お伝えした勉強時間の内容が、多くの人の参考になると嬉しいです!

LINEで送る
Pocket