気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「その調子」の英語!「いいぞ」と人を励ます時のフレーズ6選!

 

LINEで送る
Pocket

人を励ます時の「その調子」という表現。みなさんは、この言葉を英語ではどのように言えば良いと思いますか?

頑張っている人を応援したいのに、英語での表現を知らないがために、何も言ってあげられなくて悔しい・・・そんな思いはしたくありませんよね。

というわけで、今回は「いいぞ」と人を励ます時に使える「その調子」の英語フレーズをご紹介します!

Keep it up!

その調子!

上手く出来ていることに関して、「このままの感じで続けていこう」という気持ちを込めて使える英語フレーズです。

“keep up”で、「良い状態に保つ」という意味になります。

その表現に”it”を入れると、「それを上げた状態で保とう」となり、つまり「それを良い状態にしておこう」という表現が出来るんです。

そこから「その調子!」とか「そのままでいこう!」といった励ましのニュアンスで使われています。

ちなみに、このフレーズでの”it”が指しているのは「相手が行っている物事」です。

すでに良い結果を出している、上手に物事をこなしている、そんな人を「いいぞ!」と、さらに励ましてあげたい時に使いましょう。

A: Keep it up! 
(その調子!)
B: Thanks. I will.
(ありがとう。がんばるよ。)

Keep up the good work!

その調子!

こちらも”Keep it up!”と同様に、上手くいってることに対して「いいぞ!」という気持ちを込めて励ます時に使えるフレーズです。

「仕事」を意味する”work”が入っていて、直訳すると「そのいい仕事を良い状態で保って」となりますが、仕事以外のことにも使えます。

スポーツや勉強などについても、上手にできている人に対して「その調子!」という気持ちを表現出来るんです。

A: Fantastic! Keep up the good work!
(素晴らしい!その調子だよ!)
B: Thanks a lot. I’ll continue to work hard.
(どうもありがとう。これからも努力を続けるよ。)

Keep up the pace.

その調子!

相手が良い進行速度で物事を行っている時に使える表現です。

日本語で「物事を行う速さ」を表す場合、「ペース」という言い方をしますが、英語でも同様に”pace”と言うことが出来ます。

そのままのペースで進めて行って欲しい時に「その調子!」とか「いいぞ!」という気持ちを込めて使うことが出来ます。

A: Keep up the pace!
(その調子でね!)
B: Yeah, I’ll do my best.
(うん、頑張るよ。)

Keep going!

その調子!

「どんどん進めていこう」というニュアンスで励ますことの出来る英語フレーズです。

「続ける」の意味を持つ”keep”に、動詞の”ing”の形を続けると「〇〇し続ける」という意味になります。

「その調子」と励ます場合には、「進む」という意味の”go”の”ing”形を続けましょう。

直訳すると「進み続けよう」となりますが、「前進あるのみ」という感じで、相手がしていることをどんどん進めるように励ますフレーズとして使えます。

A: Keep going!
(その調子だよ!)
B: Of course. I’ll keep doing my best.
(もちろん。ベストを尽くし続けるよ。)

You’re doing great!

その調子!

このフレーズを使うと「相手が上手く出来ている」というニュアンスで、「いいぞ!その調子!」と伝えることが出来ます。

このフレーズを直訳すると「あなたは素晴らしく行っている」となり、つまり「相手がしていることが上手い」とか「良い感じである」という意味合いになるんです。

なので、このフレーズを使うことで「あなたは素晴らしいよ、だからその調子で頑張って」という気持ちを込められますよ。

A: You’re doing great! Your work has been excellent lately.
(その調子!あなたの最近の仕事ぶりは素晴らしいですよ。)
B: I’m glad to hear that. I’ll try my hardest.
(それは良かったです。これからも最大限努力します。)

“great”の代わりに”good”を使うことも出来ますが、”great”よりもニュアンスが少し弱くなります。
You’re doing good!(その調子!)

That’s it!

その調子!

こちらは、上手くいかなかったことが出来るようになってきた時に使える言い方です。

ここまで紹介した英語フレーズに込められている「その調子!」のニュアンスとは少し異なりますね。

今までは失敗したり間違ったりしていたことを段々と上手に出来るようになってきた相手を励ます意味合いになります。

「良い感じになってきたね、その調子だよ」という感じですね。

A: That’s it! You’re doing better.
(その調子!良くなってきてるよ。)
B: Thank you very much. I’ll practice more.
(どうもありがとう。もっと練習してみるよ。)

スポンサーリンク


おわりに

今回は、人を励ます時に使える「その調子」の英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

励ます表現にも色々な言い方があるんですね。シンプルで覚えやすいフレーズが多かったかと思います。

しっかりと身につけて、身近な人を励ます時にスムーズに表現を使えるようにしましょう!

その他、応援したり励ましたりする時に使える表現が以下の記事にも紹介されています。参考にしてみてくださいね。

英語で「応援する」気持ちを伝える!人を励ますフレーズ10選!

「もう少し!」は英語で?頑張れ!の気持ちを伝える応援表現10選!

LINEで送る
Pocket