気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

英語のビジネスメールで「お礼」!感謝を伝える丁寧表現18選!

 

LINEで送る
Pocket

s_386636740

ビジネスシーンでは、常に感謝の心が大切!取引先にも上司にも、何かしてくれたことに対して、いつも以上に丁寧にお礼を伝えることが求められます。

打ち合わせ、訪問、出張、アドバイス、取引など、感謝すべきことがあれば、その都度「お礼メール」を出すのがマナーですよね。

ということで今回は「お礼の英語メール表現」について学んでいきましょう!

スポンサーリンク


お礼の基本編

s_378557929

まずはビジネスの様々なシーンで使える英語表現から見ていきましょう!

Thank you very much.

とても感謝しています。

この英語フレーズに関しては、解説は必要ないかもしれませんね。「ありがとう」を伝える基本中の基本が、この”thank you”になります。より気持ちを込めるために、”very much”を後ろにつけるといいでしょう!

メールの最後に、もう一度感謝をしたい時はこんな締め方もできます。
Thank you again.(重ねてお礼申し上げます。)

I would like to thank you.

感謝の気持ちを述べさせてください。

通常の”thank you”だけでも、もちろん問題ありません。しかしあえて”would like to”(させて頂きたい)という英語をいれることで、より丁寧な印象を出すことができるんです!

また英語は文章が長くなるほうがフォーマルとされているので、ビジネスメールにピッタリの表現になります。

I would like to express my gratitude.

感謝の気持ちを述べさせて頂きます。

丁寧にお礼を伝える時は、こんな英語表現もできるんです!”express”は「表現する」を意味し、”gratitude”は「感謝」を指します。

フォーマルなフレーズでお礼をしたい時にオススメ!

主語を”we”に変えれば、「会社」や「チーム」全体からお礼を伝えている印象になります。
We would like to express our gratitude.(感謝の気持ちを述べさせて頂きます。)

より気持ちを強調したい場合はこちら!
I would like to express my deepest gratitude.(感謝の気持ちを述べさせて頂きます。)

I would like to convey my sincere gratitude.(感謝の気持ちを述べさせて頂きます。)

I do appreciate it.

とても感謝しています。

“appreciate”は「ありがたく思う」という動詞。これに”do”をつけることで、さらに感謝の気持ちを高めている言い方です。

“appreciate”の直後に感謝している対象を持ってくるのがルール。例文では”it”(それ)となっているので、メール内で何に対してお礼を言っているのかが明確になっているシチュエーションでのみに使われます。

例えばこんな使い方!

Thank you for your help. I do appreciate it.
(お助け頂きまして、ありがとうございます。とても感謝しております。)

ちなみに、”very much”をこの位置において、強い感謝を表すことも!
I very much appreciate it.(とても感謝しています。)

I am very thankful.

とても感謝しています。

“thankful”は「感謝している」、「ありがたく思う」という意味の英語。”Thank you”以外の表現として覚えておきたいですね!

“I am”は、省略して”I’m”としないようにするのがベター。ビジネスメールの世界では、省略英語はあまり適切とされていないことがあります。

スポンサーリンク

出張・訪問編

s_189220883

続いて、「会社訪問」や「海外出張」の後に伝えたいお礼表現をご紹介します!

I appreciate your kind hospitality during my stay in ○○.

○○に滞在中、温かくおもてなし頂きまして、誠にありがとうございました。

○○の部分に出張先をいれれば、その滞在中にしてくれたおもてなしに対してお礼をすることができます。

“hospitality”は「もてなし」や「接待」を表す英語なので、出張や訪問の時に覚えておきたい表現です!

シンプルにこう書いてもいいですね。
I appreciate your kind hospitality.(温かくおもてなし頂きまして、誠にありがとうございました。)

Thank you very much for your kind hospitality.(温かくおもてなし頂きまして、誠にありがとうございました。)

Thank you for taking time out of your busy schedule to meet with us.

お忙しい中、私たちのためにお時間を頂きまして、ありがとうございました。

“take time out of one’s busy schedule ○○”で「忙しい合間を縫って○○する」という意味になります。

タイトなスケジュールを調整してもらった際に、是非使いたいお礼の英語フレーズですね!

I would like to thank you for making my business trip to ○○ fruitful.

○○への出張を、有意義なものにして頂いたことへの感謝を申し上げます。

“fruitful”は「充実した」や「有意義な」という英語。出張先で手厚くおもてなしをしてもらい、現地滞在をステキなものにしてもらったと感じたなら、是非メールに使ってみてください!

“say thank you”という言い回しでもOK!
I would like to say thank you for making my business trip to Singapore fruitful.(シンガポールへの出張を、有意義なものにして頂いたことへの感謝を申し上げます。

Thank you again for your warm welcome.

温かくお迎え頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。

出張・訪問から戻った際、感謝メールの最後に使いたい英語フレーズがコチラ!もう一度お礼を伝えることで、キレイに締めることができます。

スポンサーリンク

打ち合わせ・会議編

s_289838831

「打ち合わせ」や「会議」の後に送るお礼メールで、大活躍の英語表現をお教えします!

Thank you for taking your time to have a meeting today.

本日の会議にお時間を頂きまして、ありがとうございます。

会議のために時間を作ってくれたことをお礼をするなら、このフレーズをメールに入れましょう!”Thank you for the meeting.”よりも長文になり、より丁寧な英語表現になります。

もう少しフォーマルにいくなら、コチラ!
We greatly appreciate your time in attending the meeting today.(本日の会議にお時間を頂きまして、誠にありがとうございます。)

We truly appreciate your proposal.

ご提案に非常に感謝しております。

打ち合わせ内で何らかの提案をしてもらった場合は、その点についてお礼を伝えましょう!”proposal”を”business proposal”としてもいいですね。

「役に立った」ということを言いたいなら、こんな表現も。
Your proposal was very helpful.(非常に助けになるご提案でした。)

We greatly appreciate the ideas and suggestions you have shared with us.

ご共有頂きましたアイデアやご提案に、大変感謝しております。

ミーティングの内容が、意見を交換するようなものが主流であれば、このような英語フレーズがいいですね!”share with ○○”で「○○と共有する」という意味になります。

メールの返信編

s_126089018

メールを返してもらった時のお礼フレーズをご紹介!

I am very pleased to hear from you.

ご連絡を頂けまして、大変嬉しく思っております。

「相手からの声を待っていた」というシチュエーションの場合は、この英語フレーズをオススメします!

“pleased”は「嬉しい」、「喜んで」という意味の英語で、ビジネスメールでポジティブな印象を表す時によく使われる表現です。

こんな英語フレーズも!進捗状況や最新情報等を聞けた時にピッタリ。
I am very pleased to hear some updates from you.(ご連絡を頂けまして、大変嬉しく思っております。)

I appreciate your prompt reply.

早速のご返事、ありがとうございます。

早くに返信をしてもらった場合は、そのスピードの速さについて触れながらお礼メールを送るといいですね!

この表現もオススメ。
Thank you for your quick reply.(早速のご返事、ありがとうございます。)

取引・商談編

s_141719299

最後に、「取引」が決定した時や、「商談」が成立した時に使える感謝の表現をお伝えします!

Thank you for your business.

お取引ありがとうございます。

実は英語の”business”には、「取引」や「商売」の意味もあるんです!そのため仕事をもらった時や、商談が成立した時は、このフレーズを使ってお礼を伝えることができます。

この言い回しでもいいですね!
We truly appreciate your business.(お取引、誠にありがとうございます。)

Your business is greatly appreciated.(お取引、誠にありがとうございます。)

We are thankful that you are considering our proposal.

私どもの提案を考慮して頂き、ありがとうございます。

これは商談が成立する一歩手前の段階で使えるフレーズ。検討をしてもらっている最中にメールと送る時は、この一言を添えてみましょう!

Thank you for giving us the opportunity to serve you.

お取引の機会を頂きまして、ありがとうございます。

“serve”は「仕える」、「尽くす」という意味の英語。相手のために働く時に使われる表現です。「働く機会をもらう」ということは、取引が成立した証!

同じ立ち位置で働くというより、下請けとして働くというようなポジションの時に使えます。商談が決まったら、お礼メールに是非使ってみてください。

こんな英語表現もOK!
We are grateful for the opportunity you have given us this time.(この度はこのような機会を頂きまして、ありがとうございます。)

対等の立場で仕事をする場合はコチラ!
It is our pleasure to work with you.(一緒にお仕事ができ、嬉しく思っております。)

We would like to express my gratitude for accepting our proposal.

私どもの提案をお受け頂きまして、誠にありがとうございます。

ビジネス提案を受け入れてもらった時に使いたい、非常にフォーマルな英語表現です。丁寧な対応をしたい場合にピッタリ!

おわりに

いかがでしたか?
ビジネスシーンで様々な場面で「お礼メール」を出しますよね。今回はそんな多様なシチュエーションで役に立つ英語表現をご紹介しました!

気持ち良く仕事をする上で、こまめに感謝の気持ちをメールで伝えるのは大切なこと。その時の状況に合わせて、適切なフレーズを選んでくださいね!

LINEで送る
Pocket