気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「なんてこった!」は英語で?予想外の出来事に使える表現9選!

 

LINEで送る
Pocket

「えーっ!」とびっくりするような出来事になんと返していいのかわからない時ってありませんか?

嬉しさで言葉が出ない時、まずい状況に陥って言葉が出ない時。

さてこんな時英語ではどのように反応したらいいのでしょうか?

今回はシチュエーションに応じて使い分けたい「なんてこった!」を表現する英語フレーズを紹介します!

スポンサーリンク


定番の「なんてこった!」

まずは様々なシチュエーションで使える定番の「なんてこった!」を見ていきましょう!

Oh my God!

なんてこった!

この表現は年齢性別関係なく使えます。言い方によってびっくりして興奮している時に使えたり、ショックを受けている時に使えるので、その時のシチュエーションに応じて使い分けてみてください!

A: I met Johny Depp yesterday!
(昨日ジョニーデップに会ったんだ!)
B: Oh my God! That’s too cool! I’m jealous!
(なんてこった!すごすぎるよ!うらやましいな!)

Oh my goodness!

まあ!

 さきほど紹介した”Oh my God!”と同様に様々なシチュエーションで使える英語フレーズになります!ただこの表現は男性が使ってももちろん問題ありませんが、どちらかというと女性が使うことの方が多い表現です。

A: Guess what! This dress was 50% off!
(ねえねえ!このドレス、50%オフだったの!)
B: Oh my goodness! I should get one too!
(まあ!私も買おうかしら!)

スポンサーリンク

びっくりした時の「なんてこった!」

次に驚いて言葉が出ない時の「なんてこった!」を紹介します!

Holy cow!

うそだろ!

 こちらの表現はどちらかというと男性が使うことの多い英語フレーズ。

“holy”とは「神聖な」という意味の英語で、”cow”は「牛」という意味です。その二つがくっつくと「うそだろ!」という意味になるんですから、英語って本当おもしろいですよね!

A: I’ve started my own business.
(自分でビジネス始めたんだ。)
B: Holy cow! When did it happen?!
(うそだろ!いつ始めたんだよ?!)
A: Last month.
(先月。)
B: Good luck!
(がんばれよ!)

Oh Jesus!

なんてこった!

 相手が何かとんでもない事をやってしまった時に使える英語がコチラ!

悪いことをしてしまって「困ったな」という場面で使われることが多い表現です。

A: Oh Jesus! You knew that meeting was very important.
(なんてこった!今日のミーティングがすごく大事ってわかってただろ?)
B: I did.
(わかってたよ。)

Oh no!

なんてこった!

 先ほど紹介した”Oh Jesus!”と同様に、「困ったな」という場面で使われることが多い英語表現になります!こちらの英語表現の方が、日常生活で耳にすることが多いです!

A: Our train is coming in 5 minutes!
(あと5分で電車が来ちゃうよ!)
B: Oh no! Hurry up!
(なんてこった!急ごう!)

スポンサーリンク

悲観的な時の「なんてこった!」

最後に「あー、やっちゃったよ」という時に使える「なんてこった!」を紹介します!

Oh dear.

やっちゃった。

 この表現は会話をしている相手に対して、というよりは、自分自身に対して使う英語表現。

「しまった!」、「こんなはずじゃなかったのに。」という時ってありますよね。そんな時にぜひ使ってみましょう!

A: Oh dear. I left my house key at work.
(やっちゃた。会社に家の鍵を忘れてきちゃったよ。)
B: Oh no! That sucks.
(なんてこった!ついてないね。)

Oh crap!

しまった!

 こちらも先ほど紹介した”Oh dear.”と同様、自分自身に対して使う英語表現です。

悲観的な時に使う「なんてこった!」の英語としては最も使われているフレーズです! ただ人によっては”crap”という表現があまり上品ではないと思う人もいるので、話している相手によって使いわけましょう!

A: Oh crap! I forgot to go to ATM.
(しまった!ATMに行くの忘れてた。)
B: It’s ok. It’s open 24 hours.
(大丈夫だよ。24時間営業だから。)

Oh snap!

しまった!

 先ほど紹介した”Oh crap!”と同じ意味で使われる英語です。”crap”と言う言葉が下品で使いたくない、という人も時々いるので、その場合にこのフレーズを使います。”snap”という言葉は「指などをパチンとならす」という意味があり、これもまたおもしろい英語表現ですよね!

A: Oh snap!
(しまった!)
B: What’s wrong?
(どうしたの?)
A: I forgot my doctor’s appointment!
(医者に行く予定を忘れてた!)

Damn.

あーあ。

 こちらの表現も悲観的な時に使う「なんてこった!」の英語としては先ほど紹介した”Oh crap!”と同じぐらい使用されています。自分自身にあきれている時なんかに使える英語表現です!

A: Damn. I did it again!
(あーあ。またやっちゃったよ!)
B: What did you do?
(何をやっちゃったの?)
A: I forgot my phone.
(携帯忘れてきちゃったよ。)

意味は同じですが、このような言い方をすることもあります!
Damn it.(あーあ。)

おわりに

いかがでしたか?
様々な驚く出来事が起こった状況に合わせて色々な英語フレーズを使い分けてみましょう!

言葉に自分の感情をこめることもまた大事なポイントですよ!

LINEで送る
Pocket