気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「無愛想」は英語で? ぶっきらぼう&失礼な態度の英語フレーズ7選!

 

LINEで送る
Pocket

ぶっきらぼうで、なんとなくそっけない。こんな態度のことを、日本語では「無愛想」「愛想がない」と言いますよね。

この「無愛想」という表現、英語ではどのように言えばいいのでしょうか?

今回は「無愛想」の英語フレーズをご紹介したいと思います!

She is very unfriendly to me.

彼女は私に対してとても無愛想だ。

“unfriendly”は「友好的でない」「愛想の悪い」という意味の形容詞です。

「友」という意味の”friend”から派生している英語表現ですので覚えやすいですね。

よそよそしく友好的でない場合に使ってみてください。

A: She is very unfriendly to me.
(彼女は私に対してとても無愛想だ。)
B: You said something irritating, didn’t you?
(なにか気に障ることでも言ったんじゃないの?)

「愛想がいい」は”unfriendly”の反対語の”friendly”を使えばOK!
She is very friendly to me. (彼女は私に対してとても愛想がいい。)

The staff were very surly.

スタッフがすごく愛想が悪かったの。

“surly”は「無愛想な」「ぶっきらぼうな」という意味の形容詞です。

発音はカタカナで表すと「スゥァーリィ」が一番近いと思います。ウとアの間の音のイメージです。

“surly”は、単純に愛想がないというよりは、意図的に意地悪く、愛想が悪いというニュアンスがあります。

A: How was the hotel?
(ホテルはどうだった?)
B: The location was good, and the room was comfortable. But the staff were very surly.
(立地もいいし、部屋も居心地よかったよ。でもスタッフがすごく愛想が悪かったの。)

「愛想がいい」と言いたい場合はこちら!
The staff were very amiable. (スタッフがすごく愛想がよかったの。)

I argued with the inhospitable staff.

無愛想なスタッフと言い争ってしまった。

“inhospitable”は「不親切な」「無愛想な」という意味の形容詞です。

もてなしが悪く、不親切で無愛想な相手を表すことができます。

A: You look upset. What’s wrong?
(怒ってるみたいだけど、どうしたの?)
B: I went out for dinner, and I argued with the inhospitable staff.
(夕食を食べに行って、無愛想なスタッフと言い争ってしまったんだ。)

She answered curtly.

彼女は無愛想に答えた。

“curtly”は「ぶっきらぼうに」「愛想なく」という意味の副詞です。

”curtly”も、ウとアの間の音のイメージで、発音はカタカナで表すと「カァートゥリィ」が一番近いと思います。

A: I asked some questions to her, and she answered curtly.
(いくつか彼女に質問をして、彼女は無愛想に答えたよ。)
B: Maybe she wasn’t in the mood for the interview.
(たぶんインタビューを受ける気分じゃなかったんだろうね。)

He has a sullen face, but he is OK.

彼は仏頂面をしてるけど、いいやつだ。

”sullen”は「むっつりした」「不機嫌な」という意味の形容詞です。

“have a sullen face”で「仏頂面をしている」「むっつりした暗い顔をしている」という意味の英語フレーズになります。

A: Why is he always angry?
(なんで彼はいつも怒ってるの?)
B: He is not angry. He has a sullen face, but he is OK.
(彼は怒ってないよ。仏頂面をしてるけど、いいやつなんだ。)

I know I’m unsociable, but it can’t be helped.

人付き合いが悪いのはわかっているんだけど、どうしようもないんだ。

“unsociable”は「非社交的な」「愛想がない」という意味の形容詞です。

人付き合いが悪く、なんとなく近寄りがたい感じの愛想のなさを表すことができます。

A: You don’t want to come to the party tonight? You should hang out with people.
(今夜のパーティーに来ない?人と付き合ったほうがいいよ。)
B: I know I’m unsociable, but it can’t be helped.
(人付き合いが悪いのはわかっているんだけど、どうしようもないんだ。)

He is a blunt person.

彼は無愛想なやつだ。

“blunt”には色々な意味がありますが、「無遠慮な」「無愛想な」という意味もあります。

特に、遠慮なくなんでもずけずけと言う愛想のなさのニュアンスを表すことのできる英語フレーズです。

A: He is a blunt person.
(彼は無愛想なやつだ。)
B: Maybe he is too straightforward.
(たぶん率直すぎるんだよ。)

スポンサーリンク


おわりに

いかがでしたか?

今回は「無愛想」の英語フレーズをご紹介しました。

不親切な場合や人付き合いが悪いだけの場合、率直になんでもずけずけと言ってしまう場合など、同じ「愛想がない」でも色々なニュアンスがありますよね。

英語でも、そのような微妙なニュアンスの違いを使い分けて表現の幅を広げてみてください。

LINEで送る
Pocket