気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「予算」は英語で?予算はいくら/オーバー/組むなどの表現10選!

 

LINEで送る
Pocket

「友達にあげる誕生日プレゼント買いたいんだけど、何がいいかなぁ?」
「そうだね、予算はどれくらい?」

こんな風に、ある目的のために予め決めておく費用のことを日本語で「予算」と言いますが、英語では何て言うのかご存知でしょうか?

今回は、3つのシチュエーションに分けて「予算」の英語フレーズを紹介していきます。

スポンサーリンク


予算はいくら?

まずは、相手にどれくらいお金を使う予定なのか聞きたい時に使える英語フレーズを見ていきましょう。

What’s your budget?

予算はおいくらですか?

“budget”は英語で「予算」という意味です。予算を聞きたい時に使える、シンプルでストレートな言い方になります。

A: I have no idea what to give my dad on Father’s day…
(父の日のプレゼント、何あげたらいいか全然思いつかないや…。)
B: Let me help you! What’s your budget?
(手伝ってあげるよ!予算はいくらなの?)

How much would you like to spend?

予算はどれくらいですか?

“spend”は英語で「(お金を)費やす」という意味です。フレーズを直訳すると「いくらお金を使いたいですか?」となり、予算を聞くことができます。

“would like to”は、”want to”「したい」を丁寧にした言い方で、お店でお客さん相手に接客している時にも使える表現ですよ。

A: I’m looking for a cast iron pan.
(鉄のフライパンをさがしているんですが。)
B: We have a wide selection of cast iron pans. How much would you like to spend?
(色々な種類のものがありますよ。予算はどれくらいですか?)

友達同士などカジュアルな場面では、”want to”を使った方が自然ですね。

How much do you want to spend? (予算はどれくらい?)

What price range do you have in mind?

どれくらいの価格帯で考えていますか?

“price range”は「価格帯」という意味の英語です。

“have 〜 in mind”は「〜を考えている」「〜を考慮している」といった意味があります。ここでは「どれくらいの価格帯のもので考えていますか?」といったニュアンスになりますよ。

A: How can I help you?
(どうなさいましたか?)
B: We’d like to try an authentic Japanese-style bar tonight. Would you mind booking a place for us?
(今夜、日本の居酒屋に行ってみたいと思ってるんですが、予約して頂けますか?)
A: Certainly not. There’re many Japanese-style bars around this hotel. What price range do you have in mind?
(もちろんです。このホテル周辺にはたくさんの居酒屋がありますよ。どれくらいの価格で考えていますか?)

他にも、”have 〜 in mind”の代わりに”think”を使ってこんな風に言っても、同じようなニュアンスを表せますよ。

What price range are you thinking of?(どれくらいの価格帯で考えていますか?)

スポンサーリンク

予算オーバー

続いて、買い物で商品を薦められた時や、ビジネスで見積もりをもらった時などに、予算をオーバーしている事を伝えられる英語フレーズを紹介します。

It’s out of my budget.

それは予算オーバーです。

“budget”は英語で「予算」、”out of”は「〜の外へ」「〜から抜け出して」といった意味です。

“it”で商品やその価格などを指して「それは予算の外に出ている」つまり「予算オーバーだ」というニュアンスを表せます。

A: How about this?
(こちらはどうですか?)
B: Oh, that looks lovely. But it’s out of my budget.
(それは素敵ですね。でも予算オーバーです。)

“budget”は”price range”「価格帯」に置き換えても同じようなニュアンスを表せますよ。

It’s out of my price range. (それは予算オーバーです。)

That’s a little over my budget.

それはちょっと予算オーバーです。

“over”は英語で「〜を上回って」「〜を超えて」といった意味なので、”over my budget”で「予算を超えている」というニュアンスです。

“a little”を付けることで、「少しだけ」「ちょっと」という意味を付け加えています。

A: How much is this?
(これはいくらですか?)
B: That’s $250 including tax.
(そちらは、税込みで$250になります。)
A: Oh, that’s a little over my budget.
(それはちょっと予算オーバーだな。)

It doesn’t fit our budget.

予算内に収まらない。

“fit”は「〜に合う」「〜に入る」という意味の英語です。日本語でも「フィットする」といった感じで使いますよね。

“fit my budget”で「予算内だ」というニュアンスですが、ここでは”not”で否定しているので「予算オーバー」となります。

A: Have you reviewed our quote yet?
(お見積書はもうご覧いただけましたか?)
B: Yes, we did. But unfortunately, it doesn’t fit our budget. Would it be possible to get a lower price?
(はい。でも残念ながら予算内に収まらないんです。もう少しお安くしていただく事は可能ですか?)

That’s more than we can afford.

私には高すぎて手が届かない。

“afford”は英語で「(金銭的に余裕があって)〜を買うことができる」という意味、”more than”は「〜より多い」「〜を超えて」です。

フレーズ全体を直訳すると「それは私が買える範囲を超えている」、つまり「高すぎて手が届かない」というニュアンスになります。

A: What do you say to spending summer in Moldives?
(今年の夏は、モルディブ旅行なんてどお?)
B: That sounds great, but I guess that’s more than we can afford. How about Hawaii instead?
(いいね、でも私達には高くて手が届かないと思う。ハワイはどお?)

スポンサーリンク

予算を組む

最後に、お金の使い方を決める時の「予算を組む」という英語フレーズを紹介します。

Let’s set a budget for the party.

パーティーの予算を決めよう。

“set”は日本語でも「セットする」と言うように、「決める」「設定する」といった意味の英語です。”set a budget”で「予算を決める」となります。

飲み会や旅行の計画を立てる時や、毎月のお金の使い方を決める時などに使える英語フレーズですよ。

A: Do you have a minute? Let’s set a budget for the party.
(今ちょっと時間ある?パーティーの予算を決めよう。)
B: Okay! How many people are we inviting?
(おっけー!何人招待したんだっけ?)

I need to draw up a budget for a trade show.

展示会の予算を立てないといけない。

“draw up”は英語で「作成する」「編集する」という意味があって、表やグラフ、リストを作ったり、契約書などの書類をまとめたりする時に使います。

予算を組む時にも、よく”draw a budget”という表現を使うので、覚えておくと便利ですよ。

A: You seems so busy today.
(今日は何だかすごく忙しそうだね。)
B: Yes, I need to draw up a budget for a trade show by this afternoon. So you have a minute? I need a small favor from you.
(うん、今日の午後までに展示会の予算を立てなくちゃいけなくって。ちょっと時間あるよね?お願いしたい事があるの。)

We just finished making an annual budget for next year.

来年の年間予算を組んだところだ。

“annual budget”は英語で「年間予算」という意味です。「作る」という意味の”make”とあわせて、”make a budget”で「予算を組む」という言い方ができますよ。

A: We just finished making an annual budget for next year and would like you to confirm it.
(来年の年間予算を組んだので、確認して頂きたいのですが。)
B: All right. Let’s take a look.
(わかった。ちょっと見てみようか。)

おわりに

いかがでしたか?

今回は「予算」にまつわる様々な表現を紹介しました。”budget”という単語が使われているフレーズが多かったですね。フレーズのまま覚えて、さっそく実際の会話で使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket