気になる話題イッパイ!英会話の上達に役立つニュースメディア

「よしよし」の英語!犬や赤ちゃんを可愛がる時のフレーズ8選!

 

LINEで送る
Pocket

犬などの動物や赤ちゃんをなぐさめる時や可愛がる時、日本語では「よしよし」という表現を使いますね。

では、英語では「よしよし」をどのように表現すれば良いと思いますか?

今回は、「よしよし」も含め、犬や赤ちゃんをなぐさめる時、可愛がる時に使える英語のフレーズを紹介していきます!

 

スポンサーリンク


なぐさめる時

まずは、なぐさめる時に使う日本語の「よしよし」のニュアンスを持つフレーズを紹介します!

There, there.

よしよし。

この英語フレーズは、泣いてる赤ちゃんをあやす時や興奮してる犬をなだめる時に使う表現の1つです。

「大丈夫だよ」と落ち着かせる時に使う「よしよし」のニュアンスになります。

“there”には「そこ」という意味がありますが、この場合はその意味は特に関係ありません。

There, there. What’s wrong?
(よしよし。どうしたの?)

Now, now.

よしよし。

こちらの”now, now”も「よしよし」という意味で使えます。

興奮してる犬をなだめたり、泣き止まない赤ちゃんあやしたりする時に使う言い方です。

「今」という意味を持つ”now”ですが、このフレーズとして使う場合は、特にそのニュアンスは含まれていません。

Now, now, don’t cry.
(よしよし、泣かないで。)

It’s going to be okay.

大丈夫だよ。

「よしよし」というよりは、直接的に「大丈夫だよ」と伝えてなぐさめる時に使います。

“It’s going to be 〇〇.”は「物事が〇〇な状態になるだろう」という意味です。

ニュアンス的には「物事は上手くいくから、大丈夫だよ」という感じになります。

You’re all right.

大丈夫だよ。

こちらも「大丈夫だよ」という気持ちを表現して、なぐさめる時に使える英語フレーズです。

“It’s going to be okay.”は、物事に関して「大丈夫」という感じでしたが、こちらの表現は「あなた自身は問題ないから大丈夫」というニュアンスになります。

犬や赤ちゃんの機嫌が悪そうな時などに、なぐさめる気持ちで使うといいですね。

スポンサーリンク

可愛がる時

続いては、「よしよし」の代わりに、犬や赤ちゃんを可愛がる時に使える英語フレーズを紹介します!

Good boy./Good girl./Good dog.

いい子だね。

犬にも赤ちゃんに対しても使えるフレーズです。

特に、何か出来たことを褒めてあげるニュアンスで、可愛がる時に使えます。

オスの犬や男の子の赤ちゃんであれば”Good boy.”、メスの犬や女の子の赤ちゃんであれば”Good girl.”を使いましょう。

オスやメス関係なくワンちゃんに使うのであれば、”Good dog.”という言い方も出来ます。

You’re so cute.

なんて可愛いの!

「あなたはとっても可愛い!」という気持ちを伝えながら、犬や赤ちゃんを可愛がる時の英語フレーズです。

“You’re cute.”だけでも「あなたは可愛い」ということが表現出来ますが、強調の”so”をつけることで、よりその気持ちを強く伝えられますよ。

たくさん頭を撫でたり、ギュッと抱きしめながら言うと、より愛情が伝わりますよ。

I love you.

愛してるよ。

犬や赤ちゃんに愛情を伝えながら可愛がる時には、この英語フレーズも良いですね。

“I love you.”は恋人同士や夫婦だけのものではありません。愛情を伝えたい相手なら、誰に対しても使えるんです。

身体を撫でてあげたり、ハグしたりしながら、たっぷりと愛情を伝えてあげましょう。

Peek-a-boo!

いないいないばあ!

赤ちゃんを可愛がったり、あやしたりする時にする「いないいないばあ!」は英語で”Peek-a-boo!”っていうんです。

“Peek-a”で顔を隠して、”boo”で両手をパッと開いて使いましょう。

ちなみに、この英語フレーズで使われているそれぞれの単語の意味は、”peek”は「ちらっと見る」、”boo”は「ばあ!」です。

顔を隠してちらっと赤ちゃんの顔を見ながら、「ばあ!」とびっくりさせる「いないいないばあ」と同様の意味合いが込められているんですね。

Tickle, tickle.

こちょこちょ。

犬や赤ちゃんと遊ぶ時に、その犬や赤ちゃんの体をくすぐりながら使える英語フレーズです。

“tickle”だけだと、「くすぐる」という意味の動詞として使われます。

その動詞を繰り返して使うことで、日本語の「こちょこちょ」というニュアンスが表現出来るんです。

Coochie coo.

こちょこちょ。

こちらの英語フレーズも「こちょこちょ」という意味で使えます。

見慣れない、聞き慣れない、という人が多い英語フレーズかもしれませんね。

ですが、英語では、くすぐりの言葉としてよく使われます。

読み方は、カタカナで表現すると「クーチークー」という感じです。

“Tickle, tickle.”とあわせて、犬や赤ちゃんをくすぐって可愛がる時に使ってみましょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、「よしよし」など、犬や赤ちゃんを可愛がる時に使える英語フレーズを紹介しました。いかがでしたか?

日本語で使う「よしよし」とは少しニュアンスが違う表現や、その他「よしよし」の代わりに使える表現がありましたね。

どれも短く覚えやすい表現なので、しっかりと練習して使いこなせるようにしましょう。

以下の記事も、犬や赤ちゃんに関する英語フレーズを紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「叱る」の英語!子供や犬のしつけで使えるフレーズ13選!

犬のしつけを英語で!おかわり/お手などの芸を仕込む言葉16選!

赤ちゃんの英語表現!子どもの成長を伝えるママ&パパフレーズ15選!

LINEで送る
Pocket